読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - グリーン・ルーム(2015)

えいが ★★★★★ バイオレンス サスペンス

f:id:chicchi0411:20170211213906p:plain

グリーン・ルーム

★★★★★ 

 

【あらすじ】

売れない4人組パンクバンド「エイント・ライツ」は他の車からガソリンを盗みながら、地方のライブに出演するために車を走らせていた。しょぼいバーで演奏したあと、「もうちょっと稼げる場がある」と紹介されたとある山奥の会場はネオナチに傾倒するやばい奴らの巣窟だったが、あえてロックに「ネオナチぶっ殺す!!」みたいな曲を披露し、ブーイングがありつつもそれなりに盛り上げて手応えを感じた。

 

f:id:chicchi0411:20170213103903g:plain

 

帰路につこうと思った時に、事件は起こった。メンバーの一人パットが忘れた携帯を取りに楽屋に戻ると、なんと頭にナイフが突き刺って死んでる女がいた。そしてそれを眺める屈強な男たち。さらにパットに「警察呼んで」と泣きつく死んだ女の友達とおぼしき女。えっ、何この状況…???ネオナチ男たちは「何故鍵をしてなかった!」と激怒し、抵抗するパットを含むエイント・ライツ全員を部屋に閉じ込めてしまった。見た者は消す、そんなただならぬ危機的状況に包まれた中で、パットたちは生きてここから帰ることができるのか…?

 

f:id:chicchi0411:20170213104223g:plain

 

 【感想】

孤独な男の復讐劇を描いたバイオレンスの傑作「ブルー・リベンジ」のジェレミー・ソルニエ監督の長編二作目。パンクバンドVSネオナチの緊迫の密室バイオレンスなんだけど、おんんんんんんもろすぎわろた!超絶おもしろ!!!!!突然バンドが一気に危機的状況に置かれ、様々な抵抗を試みるも、あれよあれよというまに大ピンチに追い込まれる。もうあかん!全員死んで終わりや!!と思ってしまうぐらいの完全なる絶体絶命にもかかわらず、そこからまたさらに幸運とも言えるほどの逆転につぐ逆転!それがまた気持ちいい!密室劇として最高の出来っっ!!

 

f:id:chicchi0411:20170213104314g:plain

 

バイオレンス描写も「ブルー・リベンジ」以上に過激になっており、手がちぎれる寸前まで斬りつけられる、猛犬に首根っこを食いちぎられる、ショットガンで顔面破壊、サーベルで首を斬りつける、などなどめちゃめちゃリアルで痛々しく描写!それがまたマジで逃げられないやばさと誰もが死神に鎌を突きつけられてるような超絶的緊迫感に昇華するんですよ!!それだけに、そこからの終盤のバトルは本当に目の覚めるものでした。

主演は26歳で事故死してしまったアントン・イェルチン。アンニュイな感じのかすれた声と甘いマスクから想像もつかない燃えあがる炎のような迫真の演技が最高でした。何で死んでもうたんや…?惜しすぎるでホンマに…。その他「X-MEN」のプロフェッサーX役パトリック・スチュワートがネオナチのボス、「ブルー・リベンジ」のメイコン・ブレアなど盤石の体制。

 

f:id:chicchi0411:20170213104436g:plain

 

また、タイトルにもあるとおり、「緑」がまた印象的に残るのも監督の手腕を感じました。自然の緑、照明による緑、バンドメンバーの髪に染まった緑、身につけたアイテムの緑と、これでもかと緑を全面に押し出してくる。そしてそれが鮮血の赤と人を殺す感情の黒で部屋が染まっていくという流れも対比の演出としてストーリーの盛り上げに一役買っている印象でした。監督〜!!すごいから〜!アントン・イェルチン、まじで最高のバイオレンス傑作の主演で人生の幕を閉じたのでそれだけは幸運だったな…安らかに眠ってください。そして皆さん、今すぐ見に行きましょう!最高なので!!

 

【予告】

 

アントン・イェルチン関連】

 

【ジェレミー・ソルニエ関連】

これも最高なんだけど誰か見てくれ〜!!

映画感想 - スペクターズ(2012)

えいが ★★★☆☆ POV スリラー

f:id:chicchi0411:20170211204534p:plain

スペクターズ

★★★☆☆ 

 

【あらすじ】

小さな田舎町で洪水騒ぎが起こり、避難勧告が出された。この町以外にも世界中で何かしらの災害が同時に起こっているらしい。そんな騒ぎにもあまり動じない町の若者チェイスは友達とともに車で徘徊し、ドラッグを手配し山奥でどんちゃん騒ぎのドラッグパーティーに明け暮れていた。そんな中、何かよく分からないけどただならぬ雰囲気を感じて町へ降りてくるが、そこには市民達は忽然と消え失せていた。満月は月食で欠け、さらにカラスが空中で燃えながら落ちてくる。ようやく見つけた人影も何故か血だらけで意思疎通が一切できない。この町に一体何が起きているのか…。

 

f:id:chicchi0411:20170211205230p:plain

 

【感想】

数々のPOVを見てきましたけども、究極主人公達に襲いかかる怪異の正体って、まあ別に判明しなくてもまあいいんですよね。カメラを回し続けて逃げ惑う人の目の前に都合よく真実が出てこなくても、いかに雰囲気や世界観を作り込んで見ている側に不穏感を抱かせて「怖いね、怖いね」と思わせてくれればそれで良いと思っております。そんな中この「スペクターズ」は、「POV雰囲気大賞」を送りたいほどに雰囲気作りが素晴らしいやつでした。

 

f:id:chicchi0411:20170211205747p:plain

 

様々な超常現象が周りで起こってるけど、詳細は一切分からない。それでも誰もいない町、燃えながら落ちてくるカラス、特定の人物に近づくと異常にノイズやバグが入る演出、古臭い画質と形容できない全体を包みこむ雰囲気は今までみたPOVの中でも群を抜いたクオリティ。78分しかないけどエンドクレジットも含めて最高の雰囲気でした。まあ、怪異の正体が全く判明しないのでスッキリしたい人々にとってはモヤモヤだけが残るけど、それもまた一つの結末。体感しないと分からないこの凄さは、今すぐとは言わないけど「もう映画全部見た」となった時に思い出して見てみてください。私からは以上です。

 

【雰囲気がすごい予告】

映画感想 - ザ・ハロウ:侵蝕(2015)

えいが ★★★☆☆ ホラー

f:id:chicchi0411:20170207155956j:plain

ザ・ハロウ/侵食

★★★☆☆

 

【あらすじ】

森林保護主義者のアダムは妻と赤ん坊とともにロンドンからアイルランドに引っ越してきた。小さな田舎町で森林の調査をしているが、近隣住民からは煙たがられる。どうやら森にはある伝承が伝わっており、安易に入ろうとはしない神格化された土地となっているようだ。そんなの迷信だろと思って調査を進めるうちに、その奥に潜む謎のクリーチャー達の存在に気付く。森を侵すものとして目をつけられ自宅を襲撃された挙句、まだ自立すらできない一人息子のフィンが誘拐されてしまう。返せ〜!な、話

 

f:id:chicchi0411:20170207162829g:plain

 

【感想】

「つぶしとくか」程度に観賞した、アイルランドの自然が美しいイギリス製のホラー。教科書を見ながら作ったかのようなストレートな表現・演出で、森の中からクリーチャーの存在がちらついたかと思ったら一気にグアっと襲ってくる描写はとってもスリリング。さらに謎のクリーチャーが出す黒い何かも気がついたら自宅や車のエンジンにビッシリ絡みついてるのもとってもきもい。古くから伝わる民話をベースに田舎特有の閉鎖的な人間関係も描いていて、その辺りの設定もなかなか面白く見れるかな。

 

f:id:chicchi0411:20170207163330g:plain

 

だけどクリーチャーの正体はだいたい分かるものの、そもそも何故この森にいるのかとか、終盤のネタバレに関するあれやこれやとかはやや説明不足だった感は否めないかな…?そんな感じでやや不満なところもあるけど真面目に取り組んでる姿は伝わりました。息子を取り返すためにアダムが死に物狂いで頑張る姿はなかなか泣けますね。森の深淵に入り込むという禁忌を侵したので自業自得だけど…。

 

f:id:chicchi0411:20170207164318g:plain

ヒエー!

 

【予告】

映画感想 - 慈悲(2016)

えいが ★★★★☆ スリラー NETFLIXオリジナル

f:id:chicchi0411:20170205234401p:plain

慈悲

★★★★☆

 

 【あらすじ】

死期が近づいた母グレースの看病をする父親と息子TJとロニー。そこに異父兄弟のトラヴィスとブラッドとその恋人メリッサがやってくる。資産家であった母は遺産がたんまりあったが、父は「俺が全部もらう。トラヴィスとブラッドにはやらん。俺が死んだらお前たちに相続する」と言う。TJとロニーはもらう気マンマンだったがブラッドとトラヴィスも黙っちゃいられない。するとそこへ謎の侵入者が…!

 

f:id:chicchi0411:20170205235353p:plain

 

【感想】

NETFLIXオリジナル単品映画。タイトルが「慈悲」とシンプルすぎて内容が良く分からなかったけど、これは逆に良かったと思う。トラヴィスとブラッドの視点で侵入者との戦いが描かれて遺産相続の醜い争いか…と思いつつ、そのあと侵入者側からの視点の話に転換して結末に向かっていくんだけど、当初思ってたものと全く違う状況が浮かび上がってくるのが一筋縄じゃいかない感じで良かったな。

 

f:id:chicchi0411:20170206000609p:plain

 

「慈悲(憐れむ、苦しみを解き放つ)」という本来の意味と全く違う「慈悲」を盲信する謎の侵入者達の薄ら寒さは一見の価値あり。真相が明らかになってからはなかなか暗い気持ちになるし後味も悪い。閉鎖的な田舎町だとこういう捻じ曲がった考え持ってるやつもあったりするのかな…。前半は特に動きがない上に登場人物が地味すぎて見分けがつかなくてかなり退屈なんだけど、トラヴィスとブラッドだけ覚えてちょっと我慢すれば結構面白くなるぞ。

 

 【予告】

映画感想 - ハンティング・パーク(2016)

えいが ★★★☆☆ ホラー バイオレンス

f:id:chicchi0411:20170205001759p:plain

ハンティング・パーク

★★★☆☆

 

【あらすじ】

銀行を襲って現金を奪い、ついでにそこにいた町娘ヴィヴィアンを誘拐して逃避行を続ける通称「サソリのジョー」だったが、突然タイヤがライフルで撃ち抜かれてパンク。しばらく周囲の様子を見ているとジョーも撃たれてあっけなく死んだ…!

ジョーが死ぬ前に車のハンドルに手錠でつながれていたヴィヴィアンだったが、突然でかいライフルをもった軍人らしきおっさんが現れ、クロロホルムを嗅がされて気絶させられてしまう。そして目がさめるとそこは「カーネイジパーク(虐殺公園)」であった!どうやらここはさっきのイカれた元軍人ワイアットが仕切る領域で、罪も無い人々を拉致して虐殺を楽しむ公園のようだ。奇妙なサイレンが鳴り響き、どこからともなくスナイパーライフルで狙い撃ちにされる!ヴィヴィアンちゃん一体どうなるの〜!

 

f:id:chicchi0411:20170206164019g:plain

 

【感想】

「未体験ゾーンの映画たち2017」にて。70年代の雰囲気がスタイリッシュでカッコイイ、インディーホラー。前半は非常にテンポよく進みつつも、その間に展開される音楽、バラバラな時間軸、映像、ファッション、キャラメイキング、オープニングクレジットと、随所に監督のセンスが光る非常にクールな開幕であった。キャラが濃い〜サソリのジョーとスクリーミングガールのヴィヴィアンの掛け合いもなかなか面白く、このまま二人でカーネイジパークをくぐり抜けるドタバタ珍道中かと思ったらあっさりジョーが殺されてしまうという大胆な方向転換も楽しい。逃げようとするヴィヴィアンを銃で脅しながら「銃だけがお前の聖書だ。そこにはこの一文だけが書いてある。”逃げると頭を撃ち抜かれる"だ!」みたいな名言もあったんだけど、こんなかっこいい言葉あります!?クールすぎでしょ!

 

f:id:chicchi0411:20170206164048g:plain

 

中盤は運悪く巻き込まれたヴィヴィアンがイカレ軍人ワイアットの魔の手から逃れる展開に。70年代風な可愛さで叫びまくって非常に頑張って逃げる逃げる。道中は様々な死体やトラバサミに引っかかって死にかけてるおじさん、磔の刑に処された人など、ヴィヴィアンと同じ境遇に陥った人々の末路をたくさん目撃するんだけど、終盤から異常に失速していったのが残念だったな〜。地下道のシーンがちょっと長すぎ!暗いし!中盤までのセンスはめちゃくちゃ良いし、顔面破壊などのゴア描写にもかなり力入れてて良かったのに〜!サソリのジョーは悪役なのにどこか憎めないところのあるので、終盤まで生き残って欲しかったぞ。

 

【予告】

 

【エンディングテーマは必聴のばりしぶ楽曲】

 

映画感想 - テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014)

えいが ★★★★☆ POV ホラー オカルト

f:id:chicchi0411:20170131105505j:plain

テイキング・オブ・デボラ・ローガン

★★★★☆

 

【あらすじ】

医学生のミアは、アルツハイマーに関するドキュメンタリー映像を制作するために撮影クルーとともにデボラ・ローガンというおばあさんを取材することにした。一人娘のサラとともにしずかに生活していたが、次第にその症状はアルツハイマーというくくりでは説明できないレベルになっていく。一体何が起きているのか…?

 

f:id:chicchi0411:20170131105937p:plain

 

【感想】

↑こちらがデボラ・ローガン。かわいいばあちゃんですね。それなのに…

 

 

f:id:chicchi0411:20170131110025g:plain

夜中に素手で土を掘り起こすのはやめなさい!

 

 

f:id:chicchi0411:20170131110117g:plain 

全裸で昔やってた電話交換手の仕事を思い出すのはやめなさい!

 

 

f:id:chicchi0411:20170131110227g:plain 

一瞬でキッチンの上にワープするのはやめなさいって!

 

…みたいな感じで、どんどん豹変していくのがかなり恐ろし面白かったです。「スペル」「ヴィジット」などやばいババアは過去にたくさんおったが、こちらも負けず劣らず素晴らしいヤバさでした。結局のところ悪霊に取り憑かれているという流れになりつつも、ランダムに運悪く憑かれたわけではないのがポイント。憑くべくして憑いたとでも言うような過去の因縁があってその辺りをしっかり描いているのがかなり良かったなと思います。この手の憑き物映画って理由なく取り憑かれるパターンが多いからね。しかし何でもアルツハイマーの症状で片付けようとする医師はすごい。呪いの影響でありえないぐらいの量の土とミミズを吐いたのに、「庭の土食ったんですね」で片付けようとする豪胆さ。そんなわけねーだろ!

 

f:id:chicchi0411:20170131110937g:plain

 

↑のような奇行が目白押しでかなり楽しいものの、終盤のたいへん衝撃的なシーンが、タイトルで画像検索するとめちゃめちゃ出てくるので願わくばメインディッシュは頑張って回避した上で見た方がさらに楽しめるかと思います。一回見たあとに巻き戻してそこだけもう一回見る程度には名シーンでした。ちなみにPOVということで案の定画面がブレたり大事なところをあまり見せない消化不良なシーンは多いけど、POVは最早そういうもん。そこでイチャモンをつけるのはやめなさい。通常の時とやばい時のギャップがものすごく、鬼気迫る演技で盛り上げてくれたババアに、私から「がんばったで賞」をあげたいと思います。

 

【予告】

映画感想 - ゾンビ・サファリパーク(2015)

えいが ★★★★☆ ホラー パニック ゾンビ

f:id:chicchi0411:20170130010627j:plain

ゾンビ・サファリパーク

★★★★☆

 

【あらすじ】

ゾンビウイルスが蔓延し20億人が犠牲になった人間VSゾンビの戦争から7年。人間たちは徐々に復興に向けて動き出していた。そんな中、人里離れた海の孤島を高級リゾート地にし、そこでゾンビをライフルで撃ちまくれるハンティングアミューズメント施設が誕生した。ゾンビ戦争にトラウマを抱えるメラニーは恋人のルイスとともにそこに出向き、ゾンビと対峙することで克服しようとしていた。他にも娯楽のためにやってきた少年二人組、やけにライフルの腕前がすごい謎の男や前夜にスタッフ専用施設へ忍び込んだ女などとチームを組んでハンティングを楽しんでいたが、大方の予想通りセキュリティシステムがシャットダウン。少しずつ安全地帯にゾンビが入り込んできてしまった。一体どうなる!?

 

f:id:chicchi0411:20170130011126g:plain

 

【感想】

未体験ゾーンの映画たち2017」にて(今月7本)。原題は「THE REZORT」で、ポスタービジュアルもそれらしい感じなのに対し、日本版は邦題とキービジュアルがこんなんなので、てっきりコメディ要素満載なのかなと思ったら意外にもかなりシリアスに作られていて「さあ笑わせてもらいましょ!」的な意気込みで見始めたもんだからかなり温度差を感じてしまいました。事前知識無かったらギャグと思うだろ!そういうのやめてくれよな!とはいえ、バカバカしい設定にも関わらずひたすら真面目に作り込んで救いの無い展開と完成度だったのでそれはそれで楽しむことができました。今回だけは許すぞ。

 

f:id:chicchi0411:20170130011720g:plain

 

ゾンビの性質が、「新米ゾンビは足が速く、時間がたてばたつほどスローになっていく」というのが基本的なロメロゾンビと「ドーン・オブ・ザ・デッド」や「28日後…」に代表されるダッシュゾンビの両方がいるのがちょっと新しくてよかったですね。中盤以降はリゾート客が大量にくわれてほとんど猛ダッシュゾンビばっかりになってたけど、それもまた緊迫感があってよし。メインキャストに対してもけっこう非情で、バッタバッタと死んでいくのも潔かったなあ。セキュリティスタッフも「何かコンピュータのバグあるけど、昼までに直すからボスには黙ってて」と言う感じで「あーあー絶対これフラグだ!」とつっこみたくなる分かりやすい展開もグッド。そして何故こんだけゾンビがわんさかこの島にいるんだという謎も人間の強欲と結びついて「真に滅されるは人間」というメッセージも込められていました。有名俳優は出てないけどみんな迫真の演技で盛り上げてくれるし、割と良いところ多いです、こんな邦題だけど…。ちなみに日本版ビジュアルみたいに海まで襲ってくることはありません。

 

f:id:chicchi0411:20170130012742g:plain

 

【予告】

映画感想 - ファウンド(2012)

えいが ★★★★☆ ホラー スプラッター

f:id:chicchi0411:20170129114549p:plain

ファウンド

★★★★☆

 

【あらすじ】

B級ホラー映画好きな少年マーティは学校ではいじめられており、グロテスクなグラフィックノベルを描くことと、家族の秘密を覗き見することが趣味だった。母親はベッドの下に元彼のラブレターを隠している。父親は車庫にエロ本を隠している。そして両親と仲が良くない兄のスティーブは、部屋に本物の人間の生首を隠している。

その生首はたいてい黒人の女で、定期的に入れ替わる。マーティには特に優しいスティーブは、いじめられて早退した日も「やられてばかりじゃダメだ。殴り返せ」と助言する。しかしマーティは兄の本当の姿を知っていた…。

 

f:id:chicchi0411:20170129125335p:plain

 

【感想】

未体験ゾーンの映画たち2017」にて。長編デビューのスコット・シャーマーによるホラー映画。役者も無名、映像の比率も16:9ではなく4:3ぐらいで、カメラワークや映像の質感に若干安っぽさが目立つものの、終盤は全く気にならなくなるぐらいアイデアが光るホラーの良作でした。一見すると「兄弟の絆」と「マーティ自身の心の成長」を描いたヒューマンドラマっぽいけど、結末にいたるまでの凄惨さと衝撃的なラストカットが強烈に印象に残るので最終的にはホラーとして脳裏に刻まれるなこれ…と思わされました。

 

f:id:chicchi0411:20170129125350p:plain

 

マーティとその友達が兄の部屋から借りてきた1978年製のC級ホラー映画を見るシーンでは女が無残に切り刻まれ、血を浴び、生首でシコるなどの変態的シーンをふんだんに詰め込みながら、終盤のマジのやばすぎるシーンではあえて音と声とマーティの泣き顔だけでそのむごさを想像させるという「見せるグロ」「想像させるグロ」が絶妙なバランスで配分されており、ここが低予算ながらもアイデアが素晴らしいところかなと。件のシーンではLive Leakのホンモノのグロ動画を見ながらラーメンをすすれる私ですら「こんなもん声だけでじゅうぶんや…」と思っちゃいましたしね。そしてその後のたった数秒だけのラストカットは、「屋敷女」を超えるほどのトラウマもんでした。こんな悲しい兄弟愛ある!?ホラー好きは必見です。

 

【予告】

 

映画感想 - フリークス・シティ(2015)

えいが ★★★★★ SF コメディ ゾンビ

f:id:chicchi0411:20170129013508p:plain

フリークス・シティ

★★★★★

 

【あらすじ】

ご当地グルメ「リブレット」が自慢の平和な田舎町ディルフォードは、人間とヴァンパイアとゾンビが平和に暮らしていた。そんな中、突然エイリアンが襲来!しかし「ヴァンパイアがこの宇宙人を仕向けてきたんだ!ヴァンパイアを殺せ!」と奮い立つ人間と、「人間が仕向けたエイリアンか!?受けて立つ!」と迎え撃つヴァンパイア、そして脳みそ食べたいゾンビたちが三つ巴で抗争が勃発してしまった!さらにそこに襲いかかるエイリアン!この広げすぎた風呂敷、一体どうなるの〜!?

 

f:id:chicchi0411:20170130001324g:plain

  

【感想】

未体験ゾーンの映画たち2017」にて。ヴァンパイア>人間>ゾンビの順でカーストが敷かれている街という設定が何の説明もなくむしろ当たり前みたいになってる時点ですでにお腹いっぱいなのに、さらにそこにエイリアンが襲来してくるというとんでもないストーリーラインなんだけど、最高に笑えて楽しいミラクル的傑作でした!!は〜〜〜〜〜おもろ!!!恐ろしいほどホイホイとテンポよく進んでいくストーリーと魅力的で分かりやすいキャラクターたち、5分に1回笑えるギャグシーンと詰め込み放題で大きく風呂敷が広がりまくるにもかかわらず序盤の伏線を大胆に回収しまくって気持ちよくまとまるのが痛快すぎだったな〜。いや〜ドラマシリーズ化してほしい!ずっと見ていたいから!

 

f:id:chicchi0411:20170130001411g:plain

 

話は好きな人に好意を伝えられない「人間」のダグ、イケメンヴァンパイアに遊ばれた挙句、噛まれて自分も「ヴァンパイア」になってしまったペトラ、そして頭は良いが人生どうでも良くなってわざと「ゾンビ」に噛まれたオタクのネッドの同級生ズッコケ三人組が中心となって進んでいくんだけど、三人ともま〜個性的で最高。ダグとペトラの吊り橋効果の恋、脳みそを食べるとよりゾンビらしくなっていく性質によって頭がいいのにどんどんバカになっていくネッドが何とか解決策を見出していくくだり、ダグとネッドの関係性など、全員に見せ場を作ってくれるのがニクイ。基本的にダグとペトラのラブコメだけど、人種差別問題にも三つの人種を下敷きにして軽く触れているところもグッドです。いがみあってた三種がようやく力を合わせるシーンの「USA!USA!」は応援上映だったら大合唱になってただろうな。

 

f:id:chicchi0411:20170130001430g:plain

 

さらに脇役も、常にマリファナでラリってる淫乱女のローレライご当地グルメリブレットの製造工場を仕切る金持ちのリック、ダグのことを理解してくれる両親(父親はブレイキングバッドのソウル弁護士!)、そして「ある目的」のためにこの街にやってきたエイリアンと、クセが凄すぎ!!よくこんなにゴチャゴチャな設定なのにキレイにまとまったよな…と感心せずにはいられない、そんな楽しすぎる傑作でした。終盤の流れ、伏線回収が美しかったなあ…これは絶対に見るべき!!

 

【予告】

 

【癖がすごい関連】

 こちらも登場人物がハチャメチャ

映画感想 - メカニック:ワールドミッション(2016)

えいが ★★★☆☆ アクション

f:id:chicchi0411:20170127112715j:plain

メカニック:ワールドミッション

★★★☆☆

 

【あらすじ】

無敵かつ100%事故に見せかける暗殺者、アーサー・ビショップは殺し屋稼業から足を洗ってブラジルでのんびり暮らしていたが、かつての兄弟子クレインがいい感じの女ジーナを人質にとって「三人の武器商人を始末しろ」という依頼をしてきよった。女が絡んでるとなっちゃあしゃーなしで依頼を受けるビショップだったが…!

 

f:id:chicchi0411:20170127162318g:plain

 

【感想】

ジェイソン・ステイサムが最強暗殺者でおなじみのアーサー・ビショップに扮した脳筋アクション。「3人の武器商人を暗殺しないと女を殺す」と言われてしぶしぶ暗殺をするんだけど、侵入不可能・脱出不可能なところにいる標的にアッサリ近づいてサッと殺してババっと逃げていくこのテンポの良さがめちゃ良かったです。難攻不落の要塞に入るため、病院の屋上から要塞の上にいる護衛をスナイパーライフルで怪我させて、ドクターヘリで出動するついでにそのヘリに乗り込んで一気に要塞の中に入る…みたいな、ありえないぐらいのスムーズさが気持ちよく話がサクサク進んでいきましたね。あと暗殺をするためにめちゃめちゃ用意周到なんだけど、こういうの割と好きだな〜と実感しました。「ソウ」のジグソウとか、「ワナオトコ」の罠男とか、そういう感じで先の先まで読んでアイテムを用意してる感じ。男のあこがれですね。

 

f:id:chicchi0411:20170127162400g:plain

 

あと前作には無かったお色気要素としてジェシカ・アルバがまさにそのためだけに抜擢されたような分かりやすいシーンがてんこ盛りだったのも頭からっぽでよかったですね。それでいいのか、とすら思ってしまうぐらいのセクシー担当でした。

話は普通なので特に言うことはありません。

 

【予告】