読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

えいが438 - クラウド・アトラス

★★★★☆ ファンタジー ヒューマンドラマ えいが

クラウド・アトラス

★★★★☆

6つの時代に生きた6人の人物の数奇な話。3時間近くあって果てしなく長いし、途中で絶対寝るなと思ってたんですが、構成・編集がめちゃくちゃ計算され尽くされていてジャンルも時代も全てバラバラな6つ物語を神編集で細切れにして全てを同時進行させてるのに全くストレス無く見れました。すごい面白かったんだけど、どうやら興行的にはあんまりよろしくなく、2012年ワースト1位になってしまったようですね・・・。

【波乱に満ちた航海の物語(1849年)】

奴隷売買契約帰りの船の中で高熱に冒された弁護士が奴隷と友情を深める話。

【幻の名曲の誕生秘話(1931年)】

若い作曲家が「クラウドアトラス6重奏」という曲を作るまでに隠された話。1849年の航海日誌が出てくる。

【巨大企業の陰謀(1973年)】

原発事故を起こそうとする巨大企業を告発する話。「クラウドアトラス6重奏」を聞くシーンが出てくる。

【ある編集者の大脱走(2012年)】

じじいの編集者が借金を作って、騙されて、強制的に老人ホームに入れられる話。若干コメディタッチで楽しい。1973年に登場した少年が持ち込んだ小説を読むシーンがある。

【伝説のクローン少女と革命(2144年)】

未来世界でクローン人間の一人が世界の構造を知る話。この話が一番熱かったかな。韓国が舞台だけにみんな釣り目。2012年のじじいの話が映画化されてて、それを見るシーンがある。

【崩壊した地球での戦い】

人食い人種に怯えながら暮らしている人々のもとに、文明を残したコミュニティから一人の女性があらわれる話。オールドジャージーが怖すぎる。クローン少女が神となって崇め奉られてる。

みたいな感じでうっすらとつながる6つの時代と、共通するいくつもの事象(1849年と2144年で結ばれる主人公たちが同じキャストとか)で、火の鳥的な輪廻感がたまらんな~~と思いました。ちょっと説教臭いし、大風呂敷広げすぎ~な気もするが・・・。

#ヒューマンドラマ #ファンタジー