読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

えいが504 - テーターシティ 爆・殺・都・市

★★☆☆☆ アクション スプラッター えいが

テーターシティ 爆・殺・都・市

★★☆☆☆

近未来。監視社会に現れたミュータント人間に立ち向かう、漆黒のバイカー集団がヤンヤンする話。北斗の拳リスペクトのゴアゴア映画「アダム・チャップリン」のレーベル二作目。「特殊な電波で凶悪犯罪者予備軍の狂気を自殺衝動に変化させて自殺させまくり、その肉をバーガーにして市民に食べさせることで平和を保つ街」っていう設定がマジでぶっ飛びまくってて、そこから何の説明もなくその電波が効かないミュータント人間が出てきて、ひたすら人体破壊描写がこれでもかと続いていく感じのやつ。説明不足でめちゃくちゃ分かりにくいわ「このシーン長くね?いらなくね?このシーンは何?」っていうのが多いわ演出は雑で安っぽいわで正直言ってめちゃくちゃ退屈なんだけど、「俺たちは面白い映画を作ってみんなを楽しませるんだぜ!」っていう意気込みは痛いほどに伝わって参りました。どうせなら三作目の「ホテル・インフェルノ」も見たい。POVだし。


爆殺だ~!!

【関連】
アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者


#アクション #スプラッター