読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - ファンタスティック・フォー(2015)

えいが ★☆☆☆☆ アクション SF

http://media.comicbook.com/uploads1/2015/07/upload-143189.jpg

ファンタスティック・フォー

★☆☆☆☆

 

【あらすじ】

天才だがオタクっぽいリード君は、幼いころから取り組んでいた物質転移装置の研究活動がとある財団の目に留まって研究機関の一員となる。本格的な転移装置を開発してリード、ベン、ジョニー、ビクターが異次元空間にテレポートするが、アクシデントが発生しビクターが行方不明に…。命からがら三人だけ逃げ延びたが、研究施設で装置を操作していたスーもろとも異次元空間の不思議なパワーを浴びて、リードがゴム人間、スーが透明人間、ジョニーが炎人間、ベンが岩人間になってしまった…という話。

 

https://33.media.tumblr.com/cebc6ef4ffe672e6e289f2a9feb25761/tumblr_nn2qyvh0Av1rnbw64o5_400.gif

 

【感想】

アベンジャーズ、X-MENと並ぶぐらいのマーベルの原点的ヒーローのリブート映画で、監督は「クロニクル」で若き才能を発揮しまくったジョシュ・トランクなんだけど、これは…これはやってもうた…やってもうたで…。アベンジャーズもX-MENも大成功をおさめているのに、何故こんなにもアレになってしまったんや…と言葉を濁してしまうぐらい、アレでした。ううっ…。

まずMrファンタスティックであるゴム人間のリード君は、「セッション」で主役として鬼気迫るドラムプレイを披露して話題になったマイルズ・テラーなんだけど、スーパーヒーローの顔面ではなかったな〜。イケたメンであることは間違いないのに、役柄が完全なオタクでそっちに寄せすぎた結果薄らボンヤリのっぺりした顔のモブキャラみたいな顔立ちになっていた…リーダーなのに…。前作のヨアン・グリフィズの方がかなりヒーロー顔だった。

 

https://33.media.tumblr.com/a64762d01d9ccbde3aecd3a4d05a7bc6/tumblr_nurqjmZEfz1s7brm0o1_540.gif

↑主役

 

で、これ2017年に続編作ることがすでに決まってるらしい。それを見越して今作は超能力を身につけるまでの登場人物の生い立ちや心理描写をしっかり描くのにすごい時間をとったのかねってぐらい、アクションシーンが少なかったなあ。

ゴムになったり燃えたり透明になったり岩になったりっていう特殊能力を望まないまま身につけた結果、ヒューマントーチ以外受け入れることができずに苦悩するというその心理は分かる、めちゃめちゃ分かるぞ!何の前触れもなくいきなり岩人間になったらそりゃもう生きていけなくなるよね〜原作でもそうだったらしいし。でもそこ長すぎじゃね!

で、終盤も終盤「もう映画終わっちゃうけど大丈夫!?」でぐらいラスト10分でようやくみんなが結束して立ち向かう上に、最後の戦いも2分ぐらいでめちゃめちゃあっけなく終わってしまうのがビビるぐらい拍子抜けしてしまった…何それ…。そしてその後何事も無かったかのように「俺たちファンタスティックだな」ってまとめちゃうし。おいおい…ちょっと前まで死ぬほど葛藤しとったやないかい…。バトルシーンでもっとゴムゴムのガトリングとか、この能力をこんな風に応用して戦うんかい!という目の覚める戦い方とかそういうのが見たい〜の!というのが正直な感想であった。

 

https://31.media.tumblr.com/7b2f3e994b4811b48d20fd915df19446/tumblr_ntea5ahmhm1rul9txo1_500.gif

↑こっちは2005年版の岩人間

 

でも今作でしっかり能力を身につける経緯とか人物描写を構築したから、続編では開始1分でドンチャン騒ぎして欲しいものですね。あとアベンジャーズにも出てきたらそれはそれでめちゃめちゃ面白くなりそう。でも人選はちょっとミスってる気もするな〜。2005年版のヒューマントーチはクリス・エヴァンス(=キャプテン・アメリカ)なのでキャスト変更は分かるけど、わざわざ白人から黒人に変える理由はよくわからなかったな…人間状態でも黒焦げやないかい(核爆)ってことを表現したかったのかn(不謹慎なのでそろそろやめます)

 

【予告】