読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

2015年で面白かった記事を挙げる - ハイパーリンクチャレンジ2015

■はじめに(読み飛ばし可能)

 

こんにちは、俺です。健康ですか?

 

カメントツというインターネットで活躍している漫画家から「HyperlinkChallenge」とかいう企画のバトンが回ってきました。

 

 

「@yuuki」というアカウントが俺です。twitterを始めたのが2007年と張り切りすぎた結果、yuukiを先取りすることができました。つまり俺以外のゆうきがtwitterでアカウントを作る場合は必ず「@yuuki_◯◯」と末尾につける必要に迫られています。俺が張り切ったから。たまに末尾の部分を省略するか忘れたかで、全然知らない人のツイートの中に「@yuuki」が含まれてリプライ欄を賑わすという事態が日常茶飯事で起こっていて、それが原因で一度沖縄の女子高生にオタク呼ばわりされたけど、それはまた別の小林なので暇だったらまた見ておいてください。今「お話」と書くところを「小林」と書いて、「音節同じだからごまかせるかな?」と思ったけど全然ごまかせませんでした。お詫びして訂正したいと細井ます。ちなみに今「思い」と「細井」を(以下無限ループ)

つまりこの企画はこういう趣旨らしいです。

 

【開催趣旨】
SEOでは計れない、価値がある。」
「ウェブだって、すごいんだぞ!」
「ウェブメディアだって、むくわれたい。」
現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら 多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる (映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。
アワード形式にすることで、担当編集者・ライターを表彰することも目標のひとつ。
【概要】
・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。
・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。
・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け
・なお、「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。
・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

 

「 【開 」まで読んだ。で、要約すると「おもろいと思った記事と、自分が書いたおもろい記事を教えろ」「他の人に回せ」っていうことらしいですね。なんかこういうバトンってめちゃくちゃ懐かしい感じしますよね。mixiで10年ぐらい前に流行りまくった「ミュージカルバトン」っていうのがあったけど、それと同じような懐かしさを感じます。

そんな懐かしいバトンに思いを馳せながら、モンスターハンターXで忙しいところをわざわざ頭と時間を使って挙げさせていただきたいと思います。本当は今すぐにでもPCの電源を切って白ナルガ狩りたいですよ。白疾風一式作らさせてよ。ねえ。「超会心」と「回避距離UP」と「白疾風(回避性能+2と見切り+3)」がつくんだよ。正直これさえ作っておけばマジで後の狩りはサクサク進むんだよ。頼むよ!早く狩らせてよ!俺の狩魂がさ…こうして疼いてるんだよ…どうしてくれるんだよ…カメントツ…俺にこんなに時間をとらせやがって…許すまじ…。

 

f:id:chicchi0411:20151208203036j:plain

 

あとさ…カメントツさ…山口くんととっつんはブログのトップページにリンク貼ってるのに何で俺だけ食人族に食われまくる映画「グリーン・インフェルノ」の感想記事単体にリンク貼ってるんだよ!この映画おもしろかったけどさ…トップに貼ってくれよ!いいけどさ。別に全然怒ってないからいいんだけどさ。次会ったらその仮面を引き裂いて、引き裂く前よりキレイに修繕してやるからな…覚悟しておけよ…!!!!!

 

無駄話が多すぎて大半の方が離脱したところで、個人的に面白いと思った記事をお知らせしておきます。

 

■今年面白いと思った記事

 

まとめサイトにまだ無い!ダサメタル・ジャケット自腹レビュー【2014〜2015】 | ハイエナズクラブ

 

ハイエナズクラブから「ダサいメタルジャケットを紹介する」という記事です。インターネットにはこのような記事は定期的にまとめサイトなんかで紹介されがちなんですが、こちらの記事を書いたケア・ムーラさんは自分のダサメタルジャケットのコレクションから紹介しています。つまり「自力で探して」、「購入」し、「レビューする」というCD業界の皆さまが血涙を流して喜ぶような手法をとっている点が素晴らしいな、EKGだな、と思い選ばせていただきました。EKGはもちろん「いい記事」のことです。

普通だったらAmazonのリンク貼るだけで終わりますよ。アフィリエイトもやっておけばあぶく銭も入るかもしれませんしね。でも彼はそうはしなかった。自分の足と財布を使って記事に昇華するという燃え上がるモチベーションは本当に素晴らしい!の一言だと思います。はい。本当にメタルバンドが好きなんだな…という愛も伝わる至高の一作ですね。

 

あともうちょっと気になったやつはこちら。

 

マクドナルドひとつにとってもドラマがあるんだなとなったEKG

 

同意するかはさておいて、ここまで女性器と男性器の言葉が一つの記事で踊り狂った記事は見たことがありません。最初の見出しの時点で最高。

 

ちょっとしたニュースにもなった「謎の本がAmazonで売られている」という事件の調査記事です。思いついた人すごすぎ。結構長いですが、読んでみてください。

 

■自分が書いた記事

 

普段はオモコロで何の意味もない記事を書いたりしていたんですが、今年は他媒体の「みんなのごはん」や今年リリースしてなかなか好調の弊社メディア「ジモコロ」で取材を含めた記事をたくさん書いたな〜という印象があります。で、ありがたいことに半分ぐらいネットで話題(笑)になったんですが、一番反響があったのはこちらの超絶技巧の飴細工と特殊な経歴が興味深かった飴細工アメシンの手塚さんの取材した記事かな〜と思います。この記事が話題になってからというものあれよあれよという間にTVやメディアに出演しアメシン2号店が出たりと目覚ましい活躍をしたので、「完全にアメシン育てたのワシやな…」と悦に浸っています。それぐらい言わせてよ…。普段は日陰を生きる者なんだから…。それが俺の唯一の娯楽だから…あ、娯楽はもう一つあった。そう、モンスターハ(略)

 

ちなみにこちらの焼き芋をおいしく焼くコツを書いた記事は、本当に140文字に収まるようなシンプルな内容にも関わらず「最初の挨拶で後ろを向いた状態で始める」「最後にサツマイモの隕石が落ちてきて地球が滅ぶ」などの無駄すぎる小ボケを入れてしまいました。楽しかったので全く反省はしてません。

 

■次に渡す人

加藤くん( http://ryo-kato.hatenablog.com/ 

最近個人ブログをけっこう書いてる弊社の狂人

 

ヨッピー( http://yoppymodel.com/ )

「性病」という名前でモンスターハンターをやってる人

 

ビル・ゲイツ( http://www.gatesnotes.com/ )

マイクロソフトの創設者

 

■おわりに

はい、EKGばっかりでしたね。本当は「いい記事といえばオモコロばっかり思いつくな…」と思ったんですが、そこから選びすぎると手前味噌感が強すぎる調子のりおじさんみたいになってしまうので、あえてオモコロ以外から選びました。ハイエナズクラブさんはこれからももっとニッチな記事を書いていただきたいと思います。そんなことはいいから早くモンハンやらせてよぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜これ書いてる間に10回ぐらいはクエ回せたぞ。どうするんだ!!カメントツ!!!責任とれ!!!!!!!映画「グリーン・インフェルノ」みたいに四肢切断しておいしくいただいたろかワレ!!!!!!

ところで映画といえば、先日「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」という一見めちゃめちゃつまんなさそうなやつをTATSUYAで借りてきたんですが、本当に年間ベストかってくらい面白かったのでこの記事を読み終わったら全てを忘れて借りてきてください。

 

 

正直ハイパーリンクチャレンジの記事に乗じて「いかに自然にファイナル・ガールズが最高ということが言えるか」に挑戦していました。その結果、鮮やかにそのミッションが達成できたので、本当に俺は最高の男だな、と再認識した次第です。早く借りてきてください。最高に面白いです。以上です、それではさようなら。