読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - 劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日(2013)

えいが ★★★★☆ タイムトラベル ヒューマンドラマ

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/77531/poster.jpg?1375369200

劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日

★★★★☆

 

【あらすじ】

過去にタイムトラベルして、歴史上の出来事の裏側を密着取材する時空ジャーナリストの沢嶋雄一、今回のお題は本能寺の変直後で混乱する時代にタイムトラベル。幻の茶器を持った博多の商人・島井宗叱を京都から博多に送り届ける依頼を受けた矢島権之助に密着する。

順調に旅を続ける三人だったが、突然現れた山伏に「フリーズガン(撃たれると36秒間対象の動きが止まる)」を撃たれ時が止まる権之助と島井。えっ何で!?この時代に別の時空ジャーナリストがいるの!?と困惑した沢島を尻目に茶器を奪おうとする山伏。そうはさせまいとモミクチャになった沢島は川に落ちてしまい、茶器も喪失。この茶器が無いと歴史が改竄されてしまって一大事…一体どうする…?となる話

 

http://www.edowonderland.net/summer2013/imgs/pages/movie_main_image.jpg

 

【感想】

NHKでやってるタイムスクープハンター、面白いよね。コンセプトもめっちゃ良いので映画化は必然だろうな〜というのが率直な感想。歴史上全く名を残していなかった人々に焦点を当てることで見えてくるものがあるという信念を持って取材にあたるのはTV版そのままにして、映画版らしい大胆なストーリー展開が良かったな〜。「なくした例の茶器は1985年にとある高校に保管されている」というデータを頼りに1985年にタイムトラベルしたり、かと思ったらその時代の茶器は欠けていたのでさらに前の1945年にタイムトラベルして…などというシーンはめちゃくちゃコント臭くて、「無くてもいいな」って思ったけど、その後1500年代に戻ったあとはスリリングな展開であった。茶器が紛失してからPOVじゃなくなってしまったのがちょっと残念だったけど…。

 

https://hlo.tohotheater.jp/images_net/movie/010166/GALLERY010166_2.jpg

 

物静かで朴訥だけど依頼とあれば命を投げ出す矢島権之助を演じたのが時任三郎で、めちゃめちゃかっこよかったな…一線を退くイメージはあるけど、その演技力はこの私が素人目に見ても心を揺さぶられるものでした。対して、島井宗叱を演じたのは何故か上島竜ちゃんで、「なんとバカなことを〜〜〜!!」と叫びながら泣き崩れる演技からダチョウ倶楽部イズムを感じました。あと、夏帆どのは戦に巻き込まれて爆弾が爆発しまくった最前線にいても一切汚れなかったので清潔で美しい人だな〜と思いました。敬具

 

【予告】