読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - 哭声/コクソン(2016)

えいが ★★★★★ ホラー サスペンス オカルト

f:id:chicchi0411:20170313105530j:plain

哭声/コクソン

★★★★★

 

【あらすじ】

韓国の人里離れた田舎町で殺人事件が発生。とある青年が狂いだし身内を惨殺、しかもその青年は謎の発疹でブツブツになって白目をひんむいて、心ここにあらずな感じで呆然と現場に佇んでいたのである。さらにこのような殺人事件が立て続けに連続で起こっており村人たちは不安を募らせる。警官のジョングは捜査を行うが、やがてこのような異常事態になったのはいつからかこの村に滞在している日本人のおじさんが来てからなのでは…と疑いをかける。果たしてこの日本人のおじさんの正体とは?やがてジョングの娘にも、謎の発疹が現れる…。

 

f:id:chicchi0411:20170313110609g:plain

 

【感想】

話題になっていた國村隼出演の韓国映画。やばすぎる156分だった…。凶々しい瘴気に包まれた予測不可能すぎるストーリーに、悪魔祓い、悪霊取り憑き、祈祷、サスペンス、ホラー、閉鎖的な村、人間怖い、そしてゾンビ!全ての「狂気」が詰まったパンドラの箱みたいな映画で見るだけでかなりヘトヘトになったな…。とにかく國村隼が圧倒的に怖い!何も語らず、じっと見つめるその視線のパワー!怖いよ〜!

 

f:id:chicchi0411:20170313113030j:plain

 

序盤から國村隼がふんどし一丁で森の中で鹿の死体をついばむシーンがぶち込まれて完全にやばいと思わせるにも関わらず、目的が何も分からないのが不気味すぎるんですよね。日本人で韓国語も話せないのに何故こんな人里離れた村に…?そして部屋の中にも謎の儀式の後があるし、完全にやべえ奴!しかし人々も狂いだしているのに具体的な証拠は無い、一体何なんだ…みたいな國村隼の圧倒的インパクトが全面に押し出されています。そして中盤に現れた祈祷師が娘にとり憑いた悪霊と祓おうと狂った儀式でドンチャン騒ぎするシーンがあるんだけど、これがすごい。同時に國村隼も儀式を始めて、二つの祈祷が交錯する凄まじい呪いバトル!!最高に盛り上がるポイントでした。鮮烈すぎ!

 

f:id:chicchi0411:20170313120103g:plain

 

さらにその勢いとは打って変わって終盤は何が真実で何が虚構か、誰を信じて誰を疑えばいいのか全くわからなくなる緊張感で包み込んでくれるクライマックス。どう転んでも嫌だ…と思ってしまう脚本作りはさすが韓国といったところ。昨今90〜100分の上映時間が流行る中で強気の156分なのに飽きさせずにグイグイ入り込ませる見せ方は素晴らしかったです。ともかく呆気に取られるほど超面白いので是非。

 

【予告】