読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - グッド・ネイバー(2016)

f:id:chicchi0411:20170504123939j:plain

グッド・ネイバー

★★★★★

 

【あらすじ】

悪ガキのイーサンは友達のショーンとともに、近所に迷惑をかける意地悪じいさんを6週間かけてドッキリにハメてその様子をドキュメンタリー形式で撮影する実験を行うことにした。その内容は霊がいるかのような停電、物音といった外的要因で霊を信じさせてやろうというものなのだが、どんだけこちらがニセ霊現象を仕掛けて、その様子を隠しカメラで観察してもじいさんは物怖じせず、調べもせず、周りに協力も求めず、通報もせず、ただただ傍観し、ロッキングチェアに腰掛けてTVを見、そして鍵のかかった地下室に一晩中こもるのみだった。そしてイーサンたちの悪巧みは、思わぬ方向へ転がりだす…!

 

f:id:chicchi0411:20170504124659j:plain

 

【感想】

認知症のジジイが復讐の旅に出る「手紙は憶えている」、目の見えないジジイがコソ泥を返り討ちにする「ドント・ブリーズ」といった、ジジイが活躍する映画は最近注目されており、DVDスルーとなったこちらはまあ二番煎じだろうな…と思ってたんですが、マジでひっくり返りましたよね…。これ、絶対みた方がいいですよ皆様…。

 

イーサンたちの実験は「裏の網戸が勝手に動く」とか「勝手にオーディオの電源がついて音楽が鳴り響く」といった些細なものなんだけど、それがおこる度にジジイは「あること」を思い出していくんですよ。これがも〜〜〜とんでもなく巧みな伏線となって積み重なる!ジジイに関する全てが明らかになった時、「迷惑な意地悪ジジイ」と「それを粛清する正義の存在」という構図が予想外の形で逆転する展開は驚愕すること間違い無し!!パクリっぽいB級映画とスルーするのはもったいないぐらい、良さがありました。「最後ひっくり返る」という点だけでそれまでのことはほとんど伏せているので、できればこのまま予備知識を入れずに見ていただければと思います。実に良いので…。

 

f:id:chicchi0411:20170504131339j:plain

 

ジジイ役のジェームズ・カーンは「ゴッドファーザー」の長男ソニー・コルレオーネ、「ミザリー」の主人公ポール・シェルダンを演じた超大御所俳優。物静かで奥に秘めた狂気と悲哀が合わさったような素晴らしい演技で盛り上げてくれましたね。二人の悪ガキも「ゾンビーワールドへようこそ」や「プラスワン」など、私の好きな映画に出ているということもあってかなり親近感をもってみれたのもあって、キャスティングもなかなかいいですよ。

 

ちなみに、イーサン達のパートは自らカメラを回すPOVにしつつ、ジジイのパートに入ると普通のカメラワークになるという登場人物の視点で撮影方法が変わるのは何か新鮮だったな。個人的にはPOVでいくならPOVで全編通して欲しいとは思うけど、まあそれはあまり気にしなくてもいいかもしれません。とにかくおすすめ!

 

【予告】