にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - ジェラルドのゲーム(2017)

f:id:chicchi0411:20190131151814j:plain

ジェラルドのゲーム

★★★★☆

 

【あらすじ】

ジェラルドとジェシーの夫婦はマンネリ打破のために人里離れた別荘でジェシーに手錠をかけたSMプレイに興じようとするが、ジェラルドが途中で心臓発作で倒れてしまう。えー!ベッドに両手縛り付けられて動けないんですけど〜!どないしょ〜!助けて〜!?ってアレ…?夫の幻覚が見える…どないなってまんの〜!?な話

 

f:id:chicchi0411:20190131151907g:plain

 

【感想】

スティーブン・キング原作で、マイク・フラナガン監督のネトフリオリジナル映画。この監督の作品大好きなのに何故か少し食指が動かずでしたが、見事鑑賞してこれで全作品制覇!で、話としてはなんちゅう設定の密室劇や!という感じではあるけど拘束されてから幻影として現れる夫や自分自身との対峙、過去のトラウマと対峙していく流れはかなり良かったです。この監督お得意の過去と現在・現実と幻影をうまく交錯させたストーリーテリングとカメラワークはお見事!

 

f:id:chicchi0411:20190131151924g:plain

 

中盤で判明するジェシーが抱える過去のトラウマ(嫌すぎて記憶を蓋しまうぐらい)の見せ方がなかなか上手くて、ちょうど皆既日食の日にその嫌な出来事に遭遇して以来心に闇を抱え、それが日食として重なるという表現に「匠」を感じましたね。そしてトラウマを植えつけた人物に心を縛りつけられ、夫には物理的に縛りつけられ…と「拘束」の受難は続くけど、ジェシーが頑張りまくる展開と終わり方はかなり好きでした。ただ、手錠を外そうとするシーンがちょっと想像してたより900倍えげつなくてかなりビビりました。さすがの私も少し顔をしかめてしまうほど…耐性のない方はお気をつけください

 

f:id:chicchi0411:20190131151942g:plain

 

ちなみに、マイク・フラナガン監督の映画やドラマはマジのマジで面白すぎるので絶対に見た方がいいです。見てほしいやつは
1・ホーンティングオブヒルハウス(最高の最高の最高のドラマ)
2・サイレンス(聾唖小説家VS強盗)
3・オキュラス怨霊鏡(過去と現在の交錯が凄すぎる)
4・ソムニア悪夢の少年(夢が具現化する子どもの話)
です。同じキャストが常連で出たりしててファミリー感もあるし(実際奥さんが出演しまくってる)、是非とも!

 

【予告】

 

マイク・フラナガン関連】

異次元の面白さ

 

別次元の面白さ

 

超次元の面白さ

映画感想 - ROMA/ローマ(2018)

f:id:chicchi0411:20190131151310j:plain

ROMA/ローマ

★★★★☆

 

【あらすじ】

1970年メキシコシティ中流階級ソフィアの邸宅で住み込みの家政婦として働くクレオの目を通して、4人の子どもとばあちゃんとやかましくも楽しく過ごす日常の話

 

f:id:chicchi0411:20190131151402g:plain

 

【感想】

アカデミー賞にめちゃくちゃノミネートされて、他にも色んな賞をもらってるだけに、何も無い日常の風景をこんなにイキイキと切り取ってエモーショナルに見せてくれるの、ほんとにすごいですね。爆発、ゾンビ、ロボットが無くても映画は素晴らしい!!そんなことを再認識させてくれる良さでした。左右にゆっくりと流れるような一貫したカメラワーク、モノクロが織りなす美しい画づくり、終盤につれて感情が高まっていく脚本、良いところがありすぎる…

 

f:id:chicchi0411:20190131151422g:plain

 

クレオの実直に家政婦として黙々と仕事をこなす姿がソフィアや子どもたちに受け入れられてめちゃめちゃ懐かれて、辛いことがあっても家族の一員としてみんなで支え合う…演技には見えない本物の日常のような風景の中に、暖かい理想的な関係性がそこにありましたね。モノクロなのに色がついてるような、そんな良さが…。電話の受話器を渡す時に毎回拭いてから渡すのが本当に家政婦として100点!と思いました。うちにも来て欲しい!

 

f:id:chicchi0411:20190131151443g:plain

 

ただフェルミン…。クレオを傷付けたてめーだけは絶対に許さねー。皆の集合知を駆使して一緒に個人情報を割り出してぶち殺しに行きませんか?

 

【予告】

映画感想 - ザ・マミー(2017)

f:id:chicchi0411:20190128113651j:plain

ザ・マミー

★★★★☆

 

【あらすじ】

メキシコに住む少女エストレヤは母親がギャングに連れ去られ行方不明になっていた。ささやかながら「ママが戻ってきますように…」と願いを込めると、それ以来近くに母親がいるような気配や声を聞くようになった。その後ストリートチルドレンとともに母親の行方を探そうとするが、街の有力者に目をつけられ命を狙われてしまう…!な話

 

f:id:chicchi0411:20190128113818g:plain

 

【感想】

思てたのんと違う〜!なメキシコ産スリラー。メキシコでは麻薬戦争の影響で16万人が死んだり5万人以上が行方不明になっていて、孤児もわんさかいるらしい。そんな中、暗い過去を持ちつつ肩を寄せ合って暮らすストリートチルドレン達の生き様を描きながらギャングと関係者との闇の癒着に触れ、命を狙われる…!あれ!?ママが幽霊になって襲ってくると思ってたんですが(それはデルトロの「MAMA」)!?邦題から感じられるハムナプトラ要素もゼロ!でもこれはこれでかなり面白かった!

 

f:id:chicchi0411:20190128113839g:plain

 

日本では考えられないほど現実離れしたメキシコの危険で凄惨な情勢と、子供ならではの視点で見えない空想の産物が見えてそれらが力を与えてくれるファンタジックな描写のアンバランスさがストーリーとマッチしてて、なかなか斬新だな〜と思いました。英題の「トラは何も恐れない」というのも劇中で強くメッセージとして打ち出され、勇気を与えてくれました。ホラーではなくファンタジードラマって感じですね。なかなか見ないタイプで、暗いけどオススメです。余談ですがエストレヤの空想でトラのぬいぐるみが動き出すシーンがあるんだけど、そこでふと「ぼっくは〜タイガー、しかも強くて!丈夫〜です!」のタイガーボードのCMが頭をよぎりました(昭和生まれのジジイの発想)

 

【予告】

映画感想 - ポーラー 狙われた暗殺者(2019)

f:id:chicchi0411:20190128113129j:plain

ポーラー 狙われた暗殺者

★★★★★

 

【あらすじ】

俺はマッツ・ミケルセン。裏社会で最強で最恐、「ブラック・カイザー」の異名を持つ殺し屋だったが、引退を決意している。しかしそれを許さないのはかつての雇用主で、何かの理由で逆に俺が狙われる事になってしまった。難なく返り討ちにしてやる!と思ったら、最近仲良くなった隣人女性が人質にとられてしまった。一体どうする?な話

 

f:id:chicchi0411:20190128113314g:plain

 

【感想】

みんな大好きマッツ×殺し屋!これだけでお腹いっぱいですが、ウオオオオオオ!!!面白すぎる!!!!いいんですか!?1800円払わなくていいんですか!?ほぼタダで見せてもらっていいんですか!?!?めちゃめちゃおもろい!!!というのが大筋の感想でした。こんなレビュー読む時間があったらすぐに見た方がいい!

 

f:id:chicchi0411:20190128113331g:plain

 

前半は引退間近のマッツが隣人女性と余生を過ごすほのぼの情景と凄腕殺し屋集団がマッツを探し回って関係ない人をぶち殺しまくるシーンが差し込まれるこの落差がまたスタイリッシュで良いし、中盤以降は満を持して始まるマッツのえげつな大虐殺ショー!最強!最恐!最凶!!カッケェ〜!!!それなのにふだんの性格は「可愛いおじさん」って感じでますますファン増えそうなんだよな…。無骨で寡黙ながら、

医者「タバコは?」マ「やめた」→すぐ吸ってる
路上の女「犬引き取らない?」マ「いらん」→帰り道、車の助手席に犬
隣人女性「その人生経験を活かして先生やってみたら?」マ「やらん」→試しにやってる

みたいな感じでぶっきらぼうに断っておきながら次のシーンで即やってるのがかわいい!そんなかわいさを見せながら本気を出すとどんな殺し屋が襲って来てもクールにブッ殺すカッコよさ!!やばすぎる!!!

 

f:id:chicchi0411:20190128113356g:plain

 

映像演出もかなりスタイリッシュで、テロップの出方+音も計算された良さ、フラッシュバックする過去の映像もアーティスティック、劇中の音楽もエレクトロニカDJのdeadmau5が担当!これ以上無い良さの融合体でした。殺し屋達の見た目も一度見たら忘れられないインパクトだし、あのやばすぎるレーザーマシンガンも凄すぎて爆笑しちゃいました。と思ったら終盤の予想だにしてなかった衝撃的な展開もありつつ、様々な感情が動かされ結果的にもー大満足でした。最高!今すぐ見よう!

 

【予告】

映画感想 - メリー・ポピンズ リターンズ(2018)

f:id:chicchi0411:20190128112209j:plain

メリー・ポピンズ リターンズ

★★★★★

 

【あらすじ】

1935年世界恐慌のロンドン。マイケルは妻に先立たれ三人の子ども達と姉ジェーン・家政婦エレンと暮らしているのだが、突然自宅に差し押さえ通知が届き、金曜までにお金を作らないと自宅を手放さなければならなくなった。どうしたもんかとクヨクヨしているマイケルのもとに、25年ぶりにメリー・ポピンズが帰ってくる!

 

f:id:chicchi0411:20190128112305g:plain

 

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会へ…。そして、あまりにも最最高の最高の高、夢と魔法の2時間11分…。映画を見て、こんなにも「終わらないでくれ!」と強く願ったことは無い…(残念ながら終わった)。歌、衣装、メリポが創り出すファンタジックな世界、アニメと実写の融合、家族愛、幸せ、生きるためのメッセージ、世界の「良」が全て詰まっている…うっうっ…。前作の思い入れが強くて、メリー・ポピンズが空から登場した時点で泣いてしまいました…涙腺がジジイになっていく…

 

f:id:chicchi0411:20190128112339g:plain

 

ミュージカルパートの夢のような世界は前作から引き継ぎつつも54年ぶりの新作ということで最先端のCG技術が本当に素晴らしく、永遠に見とれてしまいましたよね。中でもアニメで描かれた陶器の世界でのメリーとジャックの織りなすミュージカルが、も〜信じられないほどのクオリティ。思わず終わった瞬間拍手と歓声をあげたくなったんですが、みんなしみじみしてたので我慢しました。でもこれ思わず拍手しちゃう人いると思うな〜。それほどまでに最高だったから…そして前作のバート役のディック・ヴァン・ダイクも出ているのが泣けすぎる!!ジジイになってもあのウインクに面影を感じて、涙!!!前作を見なくても究極大丈夫ですが、しっかり予習してると最高が増すので、時間があれば今のうちに前作予習しておくことを強く強くオススメします!

 

f:id:chicchi0411:20190128112401g:plain

 

試写会の日程の都合で吹替でしたが全員完璧に違和感なく最高で、字幕か吹替で迷った場合もどちらでも問題ないと思います。今作は歌も全て吹替になってる「完全吹替版」で、メリーポピンズの声優は、平原綾香!演技の方は大丈夫なのかしら?と思ったんですが、舞台版でもメリー・ポピンズを演じていたらしくファンにとっては「大正解!」という感じだったそうです。確かに声優のお株を奪いそうなほどに完璧な演技と歌!でした。というわけで、分かりきっていたことですが余りにも最高だったため、皆さま絶対に見ましょうね。敬具

 

【予告】

映画感想 - リベンジャー 無敵の復讐心(2018)

f:id:chicchi0411:20190125155449j:plain

リベンジャー 無敵の復讐心

★★★☆☆

 

【あらすじ】

元国際警察官キムは、最凶死刑囚だけが集められた無法地帯のやばい隔離島「AP101」へ流れ着く。ギャングのボス・クンの手下を殺害した罪でここへ来たのだが、彼の目的は妻子を目の前で殺したクン本人をこの手でぶち殺すことだった。同じく島に流れ着き手下とともにこの島に君臨するクンを見つけ出し、復讐することはできるのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20190125155544g:plain

 

【感想】

ネトフリオリジナルの韓国格闘モノ。まずこの設定がメチャクチャすぎて100点満点。死刑囚だけの隔離島、どこを向いても狂った死刑囚だらけ!そこに降り立った、マジの最強人間キムが迫り来る敵を全員ぶち殺す!アゲ〜!↑↑ですよね?はい。このキムのパワー、スピード、剣術、立ち振る舞い、状況判断力、全て人間の可能性を凌駕した伝説の幻獣のようなポテンシャルが凄い!ブルース・カーンという人が演じてるんだけど、詳しいデータは載ってなくジャッキー・チェンジェット・リーのスタントマンの経験もあるらしいですね(真偽不明)。トニー・ジャー、イコ・ウワイスなど新たなアクションスターが活躍していることもあり、彼の今後も楽しみですね。極限に鍛え上げられた肉体と一切無駄のない華麗なる身のこなし、一見の価値アリ!めちゃめちゃ強いコロチキのナダル

 

f:id:chicchi0411:20190125155618g:plain

 

…なんですが、死刑囚しかいない島…なはずなのに弱者達がひっそりと身を隠すアジトがあったりめちゃめちゃ弱いクソ雑魚もいたりして、お前らは一体どんな罪を犯してここに流れ着いたんだ!とか少し思ったり、その弱者達のキャラが少し寒く安いコントを見ているような感じは否定出来なかったですね。あと格闘バイオレンスムービーとしてブルース・カーンが八面六臂の活躍をしておりますが同ジャンルで現状暫定1位なのはやはり「シャドー・オブ・ナイト」であり、こっちのクオリティがあまりにも凄すぎるせいで、牙城を崩すことは出来なかった…!やはり比較は避けられない…!ともかく、ブルース・カーンの凄さはまぎれもない本物です!

 

【予告】

 

こっちのほうが凄まじさレベルがやばい

映画感想 - 特捜部Q 檻の中の女(2013)

f:id:chicchi0411:20190125155038j:plain

特捜部Q 檻の中の女

★★★★☆

 

【あらすじ】

殺人課刑事カールは捜査中に重傷を負い、復帰後に特捜部Qへ飛ばされる。そこは事件書類の整理という地味部署だったが、同じく配属されたアサドとともに過去に起きた女性議員ミレーデ失踪事件の再捜査に着手。自殺として打ち切られてたが、書類の綻びを読み解くと彼女はまだ生きている気がする。めちゃ地味な捜査の果てに行き着く真相とは?ミレーデはどこへ行ったのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20190125155123g:plain

 

【感想】

今まで3つ作られ、最近4作目が未体験ゾーン枠で出たデンマークのミステリー映画。最新作がかなり評価高いのでとりあえず過去3作みとくか〜ってことで見たけど、かなり地味〜なのに終わってみたら「めちゃおもろかったな…?」となりました。そらシリーズ化しますわね!面白いから!

 

f:id:chicchi0411:20190125155142j:plain

 

ミレーデはカールの予想通り生きてるんだけど、死ぬより辛いことをされており、それがカール達の捜査と交互に展開されて「つらい…早く見つけてくれ〜!」とめちゃくちゃ感情移入してしまうのに、二人は厄介物で向こう見ずだから上司に「書類の整理だけしてろ!!勝手に予算を使うな!」と怒られる…刑事モノにありがちな展開〜!そんな基本をしっかり抑えながらも犯人の行動がかなりエグいので最後まで目が離せなくなりました。シンプルながら渋く力強い脚本!

 

f:id:chicchi0411:20190125155152g:plain

 

で、カールとアサドの、お互いに踏み込みすぎず&感情も出さずに淡々と一緒に行動するバディ感も割と新鮮だったな〜。だいたいバディものって陽気な黒人と堅物な白人がぶつかりながら解決するけど、カールとアサドの個性の無さ!ヒゲの有無しか違いがない!シリーズ重ねるごとにそれぞれ個性出るのかな?まあこのままでもかなり心地よい距離感でしたね。新作が次に上映されるのは4月だから、月1でシリーズ見ていって、満を持して新作「カルテ番号64」見よっと!!

 

【予告】

映画感想 - 黒人魚(2018)

f:id:chicchi0411:20190125154324j:plain

黒人魚

★★★☆☆

 

【あらすじ】

人里離れた別荘に友達ともに独身最後のどんちゃん騒ぎをやろうとやってきた水泳選手のローマ。息抜きに近くの湖で泳いでいると、そこに謎の女が現れて分かりやすく呪いをかけてしまう。それ以来ローマはその女の幻影に悩まされて体はどんどん衰弱し、婚約者マリーナや姉なども巻き込んでいく。果たしてこの呪いを解く鍵はあるのだろうか?呪いをかけた女の霊の正体は?な話

 

f:id:chicchi0411:20190125154412g:plain

 

【感想】

ロシア産のホラー。かなりド直球ストレート、正統派な感じで好感が持てる仕上がりです。でっかい音でビビらすことも無く、「水」と「女」という相性の良い二つを上手く活かした暗くジメジメした恐怖演出で90分にコンパクトにまとめてくれてます…が、私は今までホラーをかなり見てきており、さらに数ヶ月前に世に放たれた「ヘレディタリー」とかいうとんでもない爆弾ホラーのおかげでホラー鑑賞時の水準がかなり上がってしまっているので、頑張ってはいたけど可もなく不可もなく…って感じだったかな。まだ目が肥えてしまっている…

 

f:id:chicchi0411:20190125154425g:plain

 

キャストでいうと、マリーナ役のヴィクトリア・アガラコヴァさん、めちゃめちゃなロシア美人で顔も小さい上、衣装も「ヒュゥ〜♫」と口笛を吹きたくなる感じのいい着こなしをしていてかなり良かったです。他は全員印象無し。あと余談で恐縮ですが、ローマがいくら水泳してるとはいえ息抜きであんなおどろおどろしい不気味な湖で泳ぐか?と思ってしまいました。絶対半魚人とか出てきそうなやばい雰囲気で、そりゃ呪われるだろ、みたいな。そんな感じで、それなりにホラーしてました!

 

【予告】

映画感想 - ゼイカム -到来-(2018)

f:id:chicchi0411:20190125131355j:plain

イカム -到来-

★★★★☆

 

【あらすじ】

クリスマス、彼女のアンジとともに久々に実家に帰ってきたニック。厳格な父と優しい母、出産間近の嫌味な姉夫婦、そしてボケ始めたジジイに囲まれて案の定ギスギスして最悪な気分になるが、なんと突然家の周りに謎の金属が取り囲み出られなくなってしまった。さらにテレビからは「指示を待て」というメッセージが。内には嫌すぎる家族、外は謎の物体。出してくれ〜!な話

 

f:id:chicchi0411:20190125131506g:plain

 

【感想】

未体験ゾーンの映画たち2019枠はこれを1番の目当てにしてましたが、やはり当たり!!おもろい!!!謎の物体に家全体が閉じ込められ家族がその中でめちゃくちゃゴタゴタしてしまうという「何やそれ?」なプロットだけど、こんな密室劇あります!?ってぐらいに面白かったです。私の審美眼は間違っていなかった…

 

f:id:chicchi0411:20190125131551j:plain

 

テレビから「指示を待て」「ワクチンを打て」みたいな指令が出てきてめちゃめちゃ怪しいのにそれを試練だと信じ切ってどんな指示でも従おうとするガチクリスチャンの父がマジで最悪で、家族も同調してしまう中でそれに立ち向かうニックとアンジという構図。この閉塞感がすばらしく、ここまで息苦しさと居心地の悪さを表現したこの演出はかなり見応えがありました。テレビからの指示も一言だけポンと投げかける感じが不気味で何がおきてるかわからない不安を煽ってくれるし、変なことをするとそれもバレてしまう怖さ…!いい意味で「嫌さ」が突き詰められているおもしろでした

 

f:id:chicchi0411:20190125131530g:plain

 

終盤の満を持してのトンデモ展開もアナログな感じが見てて微笑ましく「ザ・ヴォイド」がちょっと頭をよぎりました。細かい粗さと「結局何?」みたいなところはあったけどこの力技は割と好みです。まさに未体験ゾーンの真骨頂的な感じで、オススメ!ただ邦題はややネタバレしてる感じはあったかなあ〜。原題の直訳「指示を待て」で良かったんじゃないかな。意味ありげで良いし

 

【予告】

映画感想 - シークレット・チルドレン 禁じられた力(2015)

f:id:chicchi0411:20190125130835j:plain

シークレット・チルドレン 禁じられた力

★★★☆☆

 

【あらすじ】

人里離れた場所に高い壁を囲ってひっそりと暮らすザック、エヴァの兄妹。彼らには瞬間移動能力が備わっているものの、この力を「神からの罰や!」と信じて疑わない堅物父ダニエルによって厳しく禁止されていた。とは言いつつも目を盗んで夜な夜なその力を利用して遊んでいた二人だったが、病弱な妻エリザベスの容体が次第に悪化してしまう。果たして二人に待ち受ける運命とは…?な話

 

f:id:chicchi0411:20190125130929g:plain

 

【感想】

イージーリスニングを聞いてるかのごとく、静かで安らかで清らかな時の流れる、瞬間移動能力を持つ兄妹に関するドラマ。ザック役のティモシー・シャラメ目当てで見にきてる人が多いように、そのご尊顔は整いすぎておりましたね。最大20m程度の瞬間移動の描写は、集中力を高めて煙のように消えるような演出で割とすきでしたが、ストーリーとしては邦題がほぼほぼ説明してしまってる上に特に驚きも無いような展開で、「まあ、そうなるよね…」という感じだったかな。全体的に薄暗く静かな画作りはアーティスティックなものの体感時間50000分ぐらいに感じたのでそこも一長一短ですね

 

f:id:chicchi0411:20190125130950g:plain

 

あと、兄妹の家の周囲には高い壁が建てられていたんだけど、瞬間移動できるなら簡単に壁の向こういけないか?と少し思ってしまいました。そこは無理矢理「この壁は実は厚さ300mぐらいの分厚さで瞬間移動では抜けられないんだな!」と解釈しておきました。でもそう考えるとそんなやばい壁を一人で作った父の方が「神からの罰」レベルの脅威になってしまうという矛盾も出てきたので、もう考えるのをやめました。敬具

 

【予告】