にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - グリーンブック(2018)

f:id:chicchi0411:20200306151945j:plain

グリーンブック

★★★★★

 

【あらすじ】

天才ピアニスト「演奏会で南部回るから運転手やっちくり」
ガサツな用心棒「お任せあれ」

ブ〜ン!🚙💨💨💨💨💨

…な話

 

f:id:chicchi0411:20200306152114g:plain

 

【感想】

実は見てなかったシリーズ(3回目)。またしても、またしても言わせていただきます。…本当は言いたくないですよこんなこと。周知の事実ですから。アカデミー賞も取ってますからね。それではいきます。めちゃめちゃおもろい!!!!!!最高!!!!ガサツで陽気な白人と思慮深く才能あふれる黒人ピアニスト、こんな最高にバランスの取れたバディロードムービー、あります!?素晴らしい!!

 

f:id:chicchi0411:20200306152150g:plain

 

ひょんなことから車でアメリカを渡り歩く旅に出ることになった二人が心を通わせ、そして黒人ピアニスト・ドクは卓越した才能がありながらそこら中でボコボコに人種差別されまくって誰よりも孤独を感じており、元々黒人に差別意識を持っていた運転手兼用心棒トニーにも気持ちに変化が出る…誰の心にも刺さる神ストーリー…。お互いが理解を示さず時にぶつかり合うこともあったけど、長旅を経て無二の親友に成長していく過程と結果のなんと清々しいことか…雨の中のドクの悲痛な叫び、おら忘れないよ…

 

f:id:chicchi0411:20200306152227g:plain

 

1962年当時の差別がまたえげつなくて、ドクを来賓として高級レストランで演奏会に呼んだのにそこでご飯を食べさせてもらえない、理由を聞いても「昔からそういうしきたりなんですよぉ…汗」て。思考停止かい!!あほんだら!ここマジでむかついな〜!でもそんな抗えない差別がありながらも希望を持って各所で演奏して人々を笑顔をさせるドクの心意気はアッパレでした。それと、ご存知かと思いますが「食」のシーンは全て最高だったな。ケンタッキーの売上めちゃめちゃ上がりそうなほど、二人が対照的に、でも美味しそ〜〜に車内でフライドチキン食べたり、トニーがベッドの上ででけーピザ丸々1枚を二つ折りにして一気に食うのも衝撃的に最高!まあ、みんな知ってて今更なのがお恥ずかしいですがね…へへへ…敬具

映画感想 - グレイテスト・ショーマン(2017)

f:id:chicchi0411:20200306151239j:plain

グレイテスト・ショーマン

★★★★★

 

【あらすじ】

🎈🎉🎈🎊🎈🎉🎈
_人人人人人人人人人人_
>𝑻𝒉𝒆 𝑮𝒓𝒆𝒂𝒕𝒆𝒔𝒕 𝑺𝒉𝒐𝒘!!!<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
✨👯‍♀️👯‍♀️💃🏻🕺🏻👯👯✨
 🎡🤸‍♂️🤸🏋🏻‍♀️🤸‍♂️🤸‍♂️🎡
🤹‍♂️🐘🐘🦁🦁🎠🎠🤹
な話

 

f:id:chicchi0411:20200306151333g:plain

 

【感想】

昨日のシェイプオブウォーターに続き、実は見たことがなかったシリーズ…。すみません、また今更言わせていただいてもよろしいでしょうか?みんな知ってる話で大変恐縮ではございますが…。めちゃめちゃにおもろい!!すごいなこれ。開始30分で見たかったものをほぼ全て見せて満腹にさせてくれるのに、そこから団長バーナムのさらなる栄枯盛衰を素晴らしい歌とダンスで表現してくれる奇跡的な面白さ…アッパレムービー過ぎる…みんなすでにご存知かと思われますが…

 

f:id:chicchi0411:20200306151402g:plain

 

ヒゲ女、毛深男、小人症、黒人など、世から疎まれてきた奇人変人を最大級の個性と好意的に捉えてサーカス団員として雇うことで、新たな家族や絆、勇気を与えて逆境を跳ね返す力になっていく心の成長はやはりどのジャンルでも素晴らしい…人間賛歌は勇気の賛歌!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!そんな力強いメッセージでしたよね。あと、やっぱ圧倒的映像美とともに繰り広げられる数々の歌が全てにおいて最高としか言いようがなかったな…。ザック・エフロンとのバーでの交渉、ゼンデイヤ空中ブランコ、そしてTihs is me…神がかっている…。あ、「な〜にを今更興奮しとんねん」って話ですがね…へへへ…すいやせん…敬具

映画感想 - シェイプ・オブ・ウォーター(2017)

f:id:chicchi0411:20200306150527j:plain

シェイプ・オブ・ウォーター

★★★★★

 

【あらすじ】

💃🏻「……」
👨🏻‍⚕️⛓🧜🏻⛓「……」
💃🏻「!?」 🧜🏻「?」
💃🏻つ🥚  🧜🏻「!」
💃🏻つ💿♫ 🧜🏻「♪」

💃🏻❤️🧜🏻 𝑬𝒕𝒆𝒓𝒏𝒂𝒍 𝑳𝒐𝒗𝒆...
…な話

 

f:id:chicchi0411:20200306150638g:plain

 

【感想】

実はこれ見てなかったんです。そしてすみません、こんな事言いたかない。今更過ぎるから。みんなそんな事とっくに知ってるから。でも言わせて欲しい。めちゃめちゃおもろい!!!なんと美しく、なんと清らかな物語!?おとぎ話かい!!

 

f:id:chicchi0411:20200306150658g:plain

 

話すことが出来ないイライザとアマゾンの奥地からから連れてこられたハンギョドンが運命的に出会って少しずつ恋に落ちていく描写の丁寧さ…孤独を味わってきた二人だからこそ通じ合えた種族を超越する唯一無二の清らかな愛じゃん…そこに言葉なんていらないよ…。そしてイライザを応援してくれる味方がみんな泣きたくなるほど良い理解者揃いなのも素晴らしい…

 

f:id:chicchi0411:20200306150715g:plain

 

そして何よりも1962年という時代を舞台にしながら、全ての建物、外観、内装、ファッション、曲、ダンス、その他もろもろ全てにおいて一切妥協のない徹底した統一感のあるデザインもまたパラレルワールドのようなおとぎ話のような美しさに包まれている…こんな「完全」な物語あります?あ、みんな知ってますよねそんなこと…今更興奮してすみません…ともかく最高すぎる…。みんな見て…あ、みんなもう見てますよね…へへへ…すいやせん…敬具

映画感想 - 7番房の奇跡(2013)

f:id:chicchi0411:20200306145710j:plain

7番房の奇跡

★★★★☆

 

【あらすじ】

知的年齢が6歳程度のヨングはしっかり者の娘イェスンと仲良く暮らしていたのだが、少女殺人の罪で投獄されてしまう。もちろん冤罪なのだが、弁明する頭は無い。ぶち込まれた7番房には詐欺師、暴力団員などの悪人がいたのだが、ヨングの天使のような純粋さに心を動かされ、出来る限り協力してあげようとする。果たしてヨングの無罪を晴らすことは出来るのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20200306145753g:plain

 

【感想】

韓国のヒューマンドラマ。知的障害のある人間に罪をなすりつけて現場検証を全くしないという、この手の映画によくあるめちゃくちゃな流れではあるものの、笑いあり、友情あり、家族愛ありなどなど、涙腺をバチバチに刺激してくる逸品でした。7番房のメンツのコミカルなやりとりや心憎い演出にほっこりし、イェスンとヨングの友達のような真っ直ぐな愛に心打たれ、そして終盤20分の眼球を物理的に殴ってくるようなお涙なしではみれない展開…話自体は暗いけどとにかくヨングとイェスンに突き動かされて人々が変わっていくのが暖かい気持ちになれますね(まあ私は泣くまではいきませんでしたが…)

 

f:id:chicchi0411:20200306145811g:plain

 

刑務所の事情がけっこう国によって違うので、その辺りもへ〜とはなったかな。意外と広い部屋で身を寄せ合って暮らしてたり、割と物には困らなかったり…まあその辺は映画の世界だからある程度誇張されてるところもあるのかな。まあともかくイェスンとヨングの家族の絆は見てて本当に心が洗われました。あと、ヨング役の人、最近「エクストリームジョブ」でポンコツ警察チームのリーダーやってましたね。多彩な演技だな

 

【予告】

映画感想 - 淪落の人(2018)

f:id:chicchi0411:20200306144857j:plain

淪落の人

★★★★★

 

【あらすじ】

下半身付随になったおじさんの元に住み込みで働くことになったフィリピン人家政婦のエヴリン。おじさんは過去に何度も家政婦を替えている厄介者で、お世話も大変で気難しい。さらにエヴリンは広東語も分からず、コミュニケーションも難しい。しかし献身的な介護により、お互いが徐々に心を開いていく。二人はかつて夢を持っていたが、諦めなければならない過去があった…な話

 

f:id:chicchi0411:20200306144941j:plain

 

【感想】

私は映画を見て数回しか泣いたことがない冷血サイボーグ(トイストーリー3とウォーリアー等)なんですが、目から水が出てきました。これが…「涙」なの…(そして思考回路がショート)?って感じで、めちゃめちゃ泣けるドラマでした。知名度無いのがもったいないくらい。かくいう私もタイムラインで絶賛されてて見たクチですが…

 

f:id:chicchi0411:20200306144955j:plain

 

おじさんは先天性ではなく不慮の事故で下半身付随になり、離婚もして人生に何の希望もなく、叶うはずのない夢をぼんやり思いながらただ死を待つだけという自ら淪落(=りんらく・落ちぶれる)と思い込む人間。そこに住み込みでやって来たエヴリンとの交流を経て、彼女が諦めた夢をまだ心の中で追い求めてることを知り、少しでも自分にできることを模索する心の変容が泣ける…。

 

f:id:chicchi0411:20200306145041j:plain

 

現実の厳しさや不公平さに押しつぶされて夢を諦めたって、もう一度希望を胸に抱いてチャレンジした方が人生は明るくなる。そんな温かく優しいメッセージに冷血サイボーグの目にも涙…。エヴリンの夢がまた物語に一層涙腺を刺激させてくれる上手い作りになってます。二人に幸あれ…!!アンソニー・ウォン、自分は人肉を喰らうやばいオッサンという役柄でしか知らなかったので、そういう意味でも新鮮でした。劇場にて是非…敬具

 

【予告】

 

【やばいおっさんの時のアンソニー・ウォン

映画感想 - エスケープ・ルーム(2019)

f:id:chicchi0411:20200306144356j:plain

エスケープ・ルーム

★★★★☆

 

【あらすじ】

しがないフリーター、クラスの天才地味女、デキるサラリーマンなどの6人が「エスケープルーム」に招待された。よくあるリアル脱出ゲームの要領で謎を解いて、最初に脱出できた人が賞金1万ドルをもらえるという。集まった6人は待合室で待っていたが一向にゲームマスターが来ないので誰かを呼ぼうとドアを開けたら、ドアノブが取れて出られなくなった。もう始まってる!な話

 

f:id:chicchi0411:20200306144503g:plain

 

【感想】

6人のキャラクターが制限時間内にパズルのような謎が含まれたさまざまな部屋から脱出、失敗=死、というかなり分かりやすいコンセプトのスリラー。「SAW」とか「CUBE」とかその辺りが思い出されますね。とにかく軽妙に進んでいって、残酷描写もほぼ無し。嫌なやつが足を引っ張り、生き残るだろうな〜と思ってた奴が生き残る。だけど、トリックも分かりやすいし部屋のギミックも趣向を凝らして新しい部屋にくるたびワクワクするしで、とにかくスナック感覚でサクッと楽しめる!シンプルで面白い!良い!デートにピッタリだな

 

f:id:chicchi0411:20200306144545g:plain

 

ゲームが進んでいくごとに実は参加者全員にある共通点があったりするものの、とにかく話が複雑になることを極力抑えて最後までテンションを一貫させる落ち着いた進行はまさに「SAW」シリーズの開幕を飾る最初のゲーム(一番面白いやつ)をずっと見てるような楽しさに包まれてて良いです。フリーターのベンは「ゾンビーワールドへようこそ」のカーター役の人だし、おじさんのマイクは「タッカーとデイル」のデイル役の人など、個人的にどっちも好きな映画なのでオッとなりました(気付かなかったけど…)。物足りなく感じる人もいるのも頷けるが、グロが苦手だけどSAWみたいなのを見たいという層はかなり楽しめるかと思います。デートムービーとして最適!そしてこれ4DXもあるんだね。さらにアトラクションぽくなって楽しそう

 

【予告】

 

映画感想 - ドクター・ドリトル(2020)

f:id:chicchi0411:20200306143514j:plain

ドクター・ドリトル

★★★☆☆

 

【あらすじ】

動物と話ができるドクタードリトルは妻とともに獣医師として広く知れ渡っていたのだが、妻が冒険中に命を落として以来人目を避けて動物たちと暮らしていた。そんなある日、病に伏した女王陛下を助けて欲しいという依頼を受ける。回復させるためには亡き妻が探し求めた地図に載っていない伝説の島に生えてるエデンの樹の果実が必要だった。動物たちと大冒険が始まる!な話

 

f:id:chicchi0411:20200306143609g:plain

 

【感想】

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会にて。いつもありがとう…。ロバート・ダウニーJrによる有名な児童文学のリブート。エディ・マーフィー版(現代)より時代が100年くらい昔に設定されてますね。さらに動物の声優にラミ・マレック、トムホ、ジョン・シナなどかなり豪華。はからずもアイアンマンとスパイダーマンの共演…

 

f:id:chicchi0411:20200306143638g:plain

 

で、海外ではめちゃめちゃ酷評されてるらしいですね…。それもありつつ、かなり子供向けなんだろうな〜とかなりハードルを下げて見たんですが、本当〜に小学生向けぐらいにターゲットを絞った夢と希望の話でしたね。可もなく不可もなく、意外なことは何も起こらず、オウムのナレーションが全てを説明してくれて、しゃべる動物たちのかわいい絡みと成長、個性を最大限活かして危機を乗り越えるあるある感、そして待ち構えるファンタジックな冒険!元が児童文学だし、そこまでボロクソ言うようなことでもないと思うけどな。ファミリーで見に行くにはピッタリかと思いますよ!

 

f:id:chicchi0411:20200306143736g:plain

くるりんぱ

 

一点だけすみません。いわゆる昔の潜水服(頭がでかくて丸くて、ガラスが張ってあるアレ)に身を包んだ時にロバダウの顔面がドアップになる画があるんだけど、アイアンマンでスーツ着た時にマスク下でアップになる顔と完全一致してました。完全に意識してるよなぁ〜あれ。敬具

 

【予告】

映画感想 - ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020)

f:id:chicchi0411:20200306142828j:plain

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

★★★★★

 

【あらすじ】

ジョーカーと別れたハーレイ・クインは自由を謳歌していたが、ある日、ゴッサムの裏社会を牛耳るブラックマスクの恨みを買いマジで殺されそうになる。解放条件としてとあるダイヤを見つけて来いと言われるが、そのダイヤはスリの少女が隠し持っていた。他にもブラックマスクを追うおばさん刑事、巻き込まれた女運転手、謎のクロスボウ女も現れて、果たしてどうなる…?な話

 

f:id:chicchi0411:20200306142925g:plain

 

【感想】

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会にて。いつもありがとう…そしてDC…やってくれたなあ!最高!!集まる方(スーサイドスクワッドやジャスティスリーグ)はサッパリなのに、単体はむちゃくちゃハネる!とにかくハーレイ・クインの可愛さとカッコ良さをこれ以上ないってぐらいたっぷり見せつけてくれる!教訓、説教、訓示、ためになること一切なし!ただただハーレイ・クインを愛でる110分!でも、それって人類が待ち望んだ「夢」じゃんね。今年の東京コミコン、確実に今作のアップデートされたハーレイ・クインのコスプレが流行る!!

 

f:id:chicchi0411:20200306142942g:plain

 

序盤は時系列をかなりシャッフルして行ったり来たりするんだけど自身の可愛いナレーションがスーっと頭に入ってくるし、その構成も型破りなハーレイっぽさもあるのに極限的な分かりやすさ!そしていついかなる時でもカワイイが溢れてる…!爆発に背をむけて歩く姿、エッグサンドを待ちわびるキラキラしたおめめ、バットを振り回す華奢な腕、顔面を蹴り上げるおみ足、奇抜すぎるファッションセンス、恋に破れて傷ついた心、全て、あ〜好き。全員そう思う。惚れてまう〜!!

 

f:id:chicchi0411:20200306142957g:plain

 

そして殴る、蹴る、折る、潰す、殺す、追いかける、スーサイドスクワッドを超える激しい大立ち回りも見どころ!さらにブラック・キャナリー、ハントレスといったバーズ・オブ・プレイのメンバーも出てくるんだけど、出会いから共闘まで理由づけとキャラ立ちが完璧なあまり、ハーレイ・クイン以外全くと言っていいほど知らなかったのに手放しで楽しめる!いや〜最高。最高最高!強い女たち!言わずもがなですが、公開されたら初日に見にいきましょう!あと2兆回は見たいな。

 

【予告】

映画感想 - ソニック・ザ・ムービー(2019)

f:id:chicchi0411:20200228105243j:plain

ソニック・ザ・ムービー

★★★★★

 

【あらすじ】

ソニックアメリカの田舎町で暮らす音速の青いハリネズミ。自分の未知の力を狙う悪者に見つからないようにと生き別れた育ての親からひっそりと暮らすように言われており、めちゃめちゃ孤独だった。そんな中ソニックの暴発したパワーを感知した政府のマッドサイエンティストソニックをつけ狙う!偶然出会った警官トムの助けを借りて、身を隠し通さなければ!な話

 

f:id:chicchi0411:20200228105335g:plain

 

【感想】

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会にて。いつもありがとう…。さて、はじめて予告編がお披露目になった際、顔が不細工すぎると超絶大批判が巻き起こり顔を修正するという事件があってイメージが少し落ちてしまった今作ですが、あの〜すみません。もはや恒例ですが、めちゃめちゃ面白すぎる!!最高!!顔変えて大正解!クリエイターの血と汗と涙と魂をひしひしと感じる完成度で、本当に良かった…

 

f:id:chicchi0411:20200228105353g:plain

 

お調子者のソニックは前述の理由でひっそりと暮らさなければならず、誰にも気付かれないまま楽しく暮らしてるように見えて実はめちゃめちゃ孤独を抱えてるという側面があり、そこからソニックをつけ狙う悪に対して、運命的なバディを組むことになったイケメン警官とともに、「やりたいことリスト」を消化しながら心の成長を経て悪を討つ!泣ける!!お約束だらけの分かりやすい勧善懲悪だけど、そこがソニックの良いところ!!少し懐かしさもある90年代エンタメの全ての要素が詰まってる…!色んな意味で逆境を跳ね返したな…と嬉しくなり、ウルッと来てしまいました(泣いてはいない)。ありがとう…名探偵ピカチュウを超えて好評らしいのも頷ける、納得のクオリティ!

 

f:id:chicchi0411:20200228105414g:plain

 

悪役がジム・キャリーで、吹き替えが山ちゃんというところも「本気」を感じるし、日本で生まれたキャラクターがこんなに愛されて映画化したのも嬉しい!公開されたら是非…。オープニングクレジットのパラマウントピクチャーズの山にかかる星がリングに変わってた時点で「あ、もう最高。」ともなります!

 

【予告】

映画感想 - ゾンビプーラ(2018)

f:id:chicchi0411:20200228104006j:plain

ゾンビプーラ

★★★☆☆

 

【あらすじ】

気弱で意気地なしやる気なしの予備兵カユは陸軍キャンプ地で訓練すると見せかけてあらゆるサボリテクで回避していた。そんな中救護室に運ばれてきたゾンビウイルスを持つ兵士から、他の兵士たちが次々とゾンビに感染してしまった!カユは天敵のリー軍曹、偶然居合わせた女性シャオリンとともに、このキャンプ地から生きて脱出できるのか?な、シンガポール初のゾンビ映画

 

f:id:chicchi0411:20200228104112j:plain

 

【感想】

規制が厳しくグロ描写はNG、映画業界としてもかなり小規模な市場であるシンガポールで7年かけて資金を集めて初めて作られた、情熱たっぷりのゾンビ映画。まず、そういうゾンビアポカリプスよりも厳しい背景があった中で誰もやったことのなかったものを初めて創り出したジェイセン・タン監督には惜しみないリスペクトを送りたいですね…。全ての映画人に勇気を与えてくれるものづくり!

 

f:id:chicchi0411:20200228104128j:plain

 

ストーリーとしてはゾンビ映画の教科書を隅から隅まで熟読したような基本に忠実な流れにしつつも、軍事訓練中の兵士がゾンビに感染したり、ある特定の条件下では襲いかからなくなるというオリジナリティを効かせてくれてて、その辺りは新鮮でしたね。今ここにあるもので武装していく例の高まるシーンも積極的に取り入れてくれてるし。そして目を見張るのが、序盤に詰め込んだ数々の伏線!めちゃめちゃ張る!!あ、これも!?あれも伏線!?と言わんばかりに終盤の怒涛の回収はかなり気持ちよかったな。メインの登場人物がかなり弱いのがややストレスフルではあるけど、それはまた世相を反映してるということらしい。現実的に一朝一夕で覚醒することなんかないもんな。そこも含めてアイデア溢れるシナリオを構築していたかと思います

 

【予告】