にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - エレメンタリ 〜鍛冶屋と悪魔と少女〜(2018)

f:id:chicchi0411:20181018180050j:plain

エレメンタリ 〜鍛冶屋と悪魔と少女〜

★★★★☆

 

【あらすじ】

「罪人の元に悪魔がやってきて、魂を渡す代わりに願いを叶える」という言い伝えがあった19世紀のバスク地方。人里離れた山奥に住む鍛冶屋パチは黄金を隠し持っている疑惑が持たれ政府の調査が入ることになった。しかしパチは自宅に悪魔を生け捕りにしていて、拷問を加えていた!そんなんアリ!?パチが犯した罪とは?

 

f:id:chicchi0411:20181018180412g:plain

 

【感想】

スペインとフランスにまたがってるバスク地方に伝わる民話の映画化(NETFLIXオリジナル)。人間と悪魔の間でかわされる契約の裏をついた男と、過去に犯した罪、人間の欲などをテーマに描いているんだけど、民話がベースになっていて難解になることもなく実に分かりやすいお話でした。悪魔や地獄のビジュアルも新しさは無いものの、昔のゴッド・オブ・ウォーのようなファンタジックさもあって良し。そんな世界観もさることながら、何よりも最高だったのが低級悪魔サルタエルの存在。これがすごいです。人間と悪魔をテーマにしておきながらこんな仕上がりになった映画は今までみたことない…

 

f:id:chicchi0411:20181018180452g:plain

 

件のパチに取り付いた悪魔(=低級な悪霊)サルタエル、こいつがめちゃめちゃドジで可愛いんです。ここ!ここが悪魔をテーマにした映画の中で最も斬新ですごいところ!檻に入れられて「お前の魂を食らい付くしてやるからな!!!!」とか凄みをきかせてるのに、豆をバーっと地面にまくとそれが悪魔の弱点なのか「うわあああ!豆を数えずにはいられない〜!1 2 3 4 5…!!ああやめて!ぐちゃぐちゃにしないで!数えてたのに!1 2 3…!」ってなるし、つながれた鎖を解き放って逃げようとするも、トラバサミに挟まって「いてえ〜!!ちきしょ〜!!」ってなるのが、二回。二回よ!?これ日本のお笑いテクニック「テンドン」じゃないですか!日本のバラエティ番組参考にしたの!?って感じで感動してしまいました。すごい荘厳なオープニングでただならぬ雰囲気だったところでこのサルタエルのギャップ。最高すぎるだろ!それ以降も基本悪魔なので信頼できなさそうになりつつもカッコイイところを見せてくれたりと、ビジュアルの割に実に憎めない素晴らしいキャラクターでした。電車の中で見てて笑いこらえるの大変だったわ

 

f:id:chicchi0411:20181018180514g:plain

 

ちなみにバスク地方出身の監督が創っており、英語吹き替えもあるけどオリジナル言語はバスク語。めちゃめちゃ難解で「悪魔がバスク人を誘惑するためにバスク語を習ったが、7年かかって覚えたのは『はい』と『いいえ』だけだった」というジョークもあるほどにマジで何言ってるかわからんのですが、雰囲気との相性はバッチリ。バスク語で見るのがオススメです。これまじで面白いので絶対見た方がいいですよ!

 

【予告】

映画感想 - 呪われた死霊館(2018)

f:id:chicchi0411:20181018175429j:plain

呪われた死霊館

★★☆☆☆

 

【あらすじ】

インチキ霊能ハンターとして人々から除霊の相談を受けていた兄ジャクソンと妹アンジェラ、友人のベスとエリオット。ある日、とあるおばさんの屋敷で除霊をしようとおもったら、この屋敷、口を縫われた少女の霊がマジで見えるんだが〜!?さらに地下室にもなんかやばい痕跡があるぞ〜!助けて!な話

 

f:id:chicchi0411:20181018175504g:plain

 

【感想】

インチキ霊能チームがマジの霊に遭遇する…という「グレイヴエンカウンターズ」のようなアプローチなのに、う〜ん、「グレイヴ〜」ほどの超おもしろジェットコースターお化け祭りも無ければ、全体的にまとまりが無く散らかったまま片付けられずに終わってしまった印象…

 

f:id:chicchi0411:20181018175545j:plain

 

インチキといいつつアンジェラには実際に親譲りの霊視能力はあって、その力が少しずつ強まっていく…しかし屋敷は霊どころでない物理的なヤバさがあった!みたいな二転三転する流れは悪くはなかったけど、全体的に中途半端に終わってしまったような。マネキン、動いてる…?→ん…?(凝視)→一瞬マネキンがワッ!→あーびっくり!→タイトルがドン、の流れは良かった。そこだけでも見てもらいたい気分。でもそこがピークかも…あと、邦題に「死霊館」てついてるのはやっぱりあまり良くないと思う。とはいえこれに騙されるようなやつは正真正銘のアホだとは思いますが、やはり比較されてしまうのでそこは避けた方がよかったね

 

【予告】

 

【本物の死霊館

間違いなくおもろい

映画感想 - 7月22日(2018)

f:id:chicchi0411:20181015161749j:plain

7月22日

★★★★★

 

【あらすじ】

2011年7月22日、ノルウェーウトヤ島でたった一人の男が島に滞在していた子供達を無差別に77人ぶち殺した、実際に起きた屈指の大事件の映画化

 

f:id:chicchi0411:20181015161847j:plain

 

【感想】

これはキツイね〜〜!!移民を大量に受け入れてノルウェー本来の文化が壊れてしまうことを危惧したネトウヨがひきおこしたやばすぎる大事件を描いてるんだけど、その事件の様子があまりにも凄惨で凄惨で、最初の30分でかなり陰鬱な気分にさせてくれました。監督は「ユナイテッド93」や「キャプテン・フィリップス」などを撮った人でドキュメンタリータッチの圧倒的リアリズムで描いており、迫り来るテロリストから身を隠す子供たちの恐怖はマジの映像なんじゃないか?と思ってしまうほどのヤバさ…。余りにもヤバすぎる事件だから「映画化するな!」という署名もノルウェーであがったそうです

 

f:id:chicchi0411:20181015161928j:plain

 

事件は序盤で片付いて犯人はすぐに逮捕されるんだけど、そこから容疑者が弁護士を呼び寄せて裁判で立ち向かおうとするシークエンスへ。この弁護士は過去に人権を守る裁判をしたことで容疑者から目をつけられており「人権を脅かす奇人の人権も守るのか?」という制度の死角を突く課題を提示しながら、ここからも全く目が離せない展開に

 

f:id:chicchi0411:20181015161942p:plain

 

そして被害者かつ生存者の一人で、5発の銃弾を受け、左腕や下半身が動かせず目も吹き飛び脳幹に銃弾の破片が取り除けずに残ってしまいいつ死ぬか分からない少年ビリヤルの生き地獄を、容疑者の裁判と交互に見せていく構成もお見事。人生をこいつに潰されて全てが変わり親友も殺されて絶望の果てで苦しみ抜く姿を余すところなく痛々しく描くのもまた泣けてくる…。そしてその後に下す決断もまた壮絶!ビリヤル〜!2時間20分と長丁場で精神もすり減ってしまいそうになるし考えさせられるけど、とんでもなく面白いので必見です

 

【予告】

映画感想 - アポストル 復讐の掟(2018)

f:id:chicchi0411:20181015161016j:plain

アポストル 復讐の掟

★★★★☆

 

【あらすじ】

カルト異教徒たちが住むやばい島に、妹ジェニファーをさらわれた兄トーマス。彼にとって妹の存在は何よりも変えられないが、島民の異常さは計り知れない。何とか信徒になりすまして上陸し村の文化に触れるが、次第にヤバさがエスカレートする。彼らの信仰の源は何なのか?そして妹を取り返すことはできるのか?

 

f:id:chicchi0411:20181015161123g:plain

 

【感想】

ザ・レイド」の激アツアクションと「V/H/Sネクストレベル」での狂った教団の地獄絵図を手がけたバイオレンスの雄、ギャレス・エヴァンス監督のNETFLIX進出作品。シンプルにおもろいっっ!!やってくれたぜ!狂ったカルト教団が残虐に人を殺しまくり、それを誰も咎めない閉鎖的すぎるディストピアもヤバイんだけど、島の中核メンバーが信仰している対象がさらに常軌を逸した存在なのが熱い!!このぶっ飛び方、さすがとしか言いようがない。「それ」に対して多くを語らず断片的な情報である程度考察できるところも想像の余地が広がって楽しかった!

 

f:id:chicchi0411:20181015161156g:plain

 

島に入り込むトーマス(イケメンのダン・スティーブンス)も明らかに闇を抱えた存在で目が終始イッちゃってるのも怖いし、カルト教団内には珍しく内紛が起こる展開もなかなか斬新で、最後まで飽きさせることなく見れましたね。そんな島で行われるゴア描写は凄まじく、中盤に執行される見たこともない処刑方法はかなりエゲツなくてテンション爆上がりでした。痛すぎるだろ!グロ描写とバイオレンス好きな方、オススメです

 

f:id:chicchi0411:20181015161220g:plain

???

 

【予告】

映画感想 - エンジェル、見えない恋人(2016)

f:id:chicchi0411:20181015160300j:plain

エンジェル、見えない恋人

★★★☆☆

 

【あらすじ】

透明人間男子のエンジェルは世間から隠された存在だったが、ある日マドレーヌというおいしそうな名前でかつ盲目の女の子と運命的に出会い、急速に愛し合う。しかし、マドレーヌは目の手術を受けることになると聞き、透明人間であることがバレてしまう…!?

 

f:id:chicchi0411:20181015160405p:plain

 

【感想】

ベルギー産、幻想的なおとぎ話のようなテイストで紡がれるラブファンタジーの佳作。細かいことは気にせず、エンジェルからのFPS視点をメインにおいたこだわり続けたカメラワークと、俗世間から断絶された山奥の荘厳な屋敷に夢の中のような色彩感覚、そして二人のフランス語による愛の囁きが混ざり合い、それはそれは美しい世界が広がっておりました。反面、極限的に眠さを誘発するデメリットもありましたが、どこまでも一途な愛を貫く二人を見て、「エターナルラブ…」と願わずにはいられませんでした

 

f:id:chicchi0411:20181015160442p:plain

 

目の手術を終えて再会を果たし、正体を明かす前に目隠しをして裸で愛を語るシーンでエンジェルが透明の手でマドレーヌのおっぱいをもむんですが、瞬時に「インビジブルのケビン・ベーコンやないかいっっ!!!!!!!」と思いました。その他にも要所要所でめちゃめちゃ面白い瞬間があったんですが、そんな邪なことを考えるような私はこの美しい映画を見る資格はありません…さようなら。マドレーヌちゃん、幼年期、少女期、成人期と三人の女優さんが演じてるんですが、100%の確率でかわいいです

 

【予告】

映画感想 - バーバラと心の巨人(2017)

f:id:chicchi0411:20181015155834j:plain

バーバラと心の巨人

★★★★★

 

【あらすじ】

ウサ耳メガネのバーバラは、「巨人」を倒す使命を託されたと信じ込む妄想少女で、森や海辺に罠をしかけその時に備えていた。案の定学校では浮きまくっているが、カウンセラーのモル先生や転校生のソフィアはやべー奴と思いながらも交流を深めていく。巨人とは何なのか?バーバラの謎の行動の真意とは…?

 

f:id:chicchi0411:20181015155918g:plain

 

【感想】

泣いたね〜〜〜〜〜〜。良すぎ〜〜〜。妄想少女だけではない誰しもが対峙することがある受け入れがたい現実や葛藤に対して「巨人退治」というフィルター・メタファーを通して描き、バーバラの心の成長をエモーショナルに表現してくれた傑作でした。うっうっ…涙拭く木綿のハンカチーフください…ハンカチーフください…

 

f:id:chicchi0411:20181015160005g:plain

 

バーバラが内に抱える闇と、そこを直視できない切ない感情の揺らぎもなかなかくるんですが、周りの登場人物も素晴らしいんですよ。バーバラの助けになってあげたいのに仕事面や家庭内の不和でストレスを溜め込んで強く当たってしまう姉、初めて出来た友達ながらバーバラの奇行に戸惑ってしまう転校生ソフィア、そしてクビを覚悟でバーバラの停学を阻止してコミュニケーションをとろうとするモル先生と、みんな優しく愛に溢れている!そして妄想の中の巨人が意味するものが判明するラスト20分はもうね…ハンカチーフじゃない、バスタオルをちょうだい…となりました…

 

f:id:chicchi0411:20181015160028g:plain

 

バーバラを演じたマディソン・ウルフさんは「死霊館エンフィールド事件」で取り憑かれる女の子を演じており、演技力は凄まじくサイコー(めちゃめちゃかわいい)、さらにモル先生は「ガーディアンズオブギャラクシー」の緑肌暗殺者ガモーラ役のゾーイ・サルナダで安定感抜群。余談ながら「そういえば普通の肌の色、初めてみたな」となりました最近ゾンビや爆発やらロボットやら爆裂アクション見すぎてたので、余計にキましたね…泣けます、実にオススメです

 

【予告】

映画感想 - へレディタリー/継承(2018)

f:id:chicchi0411:20181011174726j:plain

へレディタリー/継承

★★★★★★

 

【あらすじ】

母エレンを亡くしたグラハム家のアニー。夫スティーブン、高校生の息子ピーター、そして自閉症気味な娘チャーリーの4人でエレンの喪失を乗り越えようとするが、次から次へと不幸なことが起こり、マトモな家族が修復不可能なほど狂気に叩き落とされていく…!この家族に何が待ち構えているの…?

 

f:id:chicchi0411:20181011174832g:plain

 

【感想】

試写会にて。あの〜すいません、今まで見てきた全てのホラー映画の中で、暫定1位と言わざるを得ないほど怖かったです…。目を背けることすら出来ない完全なる悪夢が2時間繰り広げられて、疲れすぎた…喉もカラカラになった…お水をちょうだい、だれか…

 

f:id:chicchi0411:20181011174941g:plain

 

ホラーにありがちなビックリ音を一切使わずにここまで怖がらせ震え上がらせてくれる恐怖演出は最早アッパレとしか言いようがないし、むしろ静謐感すら感じられる画作りが不安感を掻き立てられる…。さらに、キューブリックを感じさせる遠目からの室内の構図や、アニーのアトリエにある家族の出来事を模したミニチュア造形作品群、不穏すぎる旋律などなど、あらゆる細部にスキの無いこだわりを感じました。監督のアリ・アスターはこれがデビュー作らしく、一体どれほどの天才なんだ…そして全編に張り巡らせた伏線を大胆に回収して突き進む驚天動地の結末を含めて、この映画のことは当分忘れることはできないでしょう…一つ一つの画を思い出すだけで不気味過ぎて怖い…

 

f:id:chicchi0411:20181011175020g:plain

 

何も言ってないのによくここまでダラダラ書けるなって感じですが、無粋なネタバレを避けて書くにはこれしかない…!予備知識を入れずにただただ見て欲しいので、「やばい」という情報一つとお水を携えて、グラハム家に降りかかる不幸過ぎる運命を見届けましょう

 

【予告】

映画感想 - ヴェノム(2018)

f:id:chicchi0411:20181011172643j:plain

ヴェノム

★★★★☆

 

【あらすじ】

記者のエディは怪しい人体実験をしているライフ財団の謎を暴こうと取材を続けていたが、ひょんなことから研究施設内に保存していた謎の宇宙生命体「シンビオート」に体を寄生されてしまう。それからからというもの、なんかめちゃめちゃ体調わるい〜!頭の中で声がする〜!めちゃくちゃ腹が減る〜!意思とは関係なく体が動く〜!!そして、溢れ出す超人的なパワ〜!!!この「チカラ」が…ヴェノム!?な話

 

f:id:chicchi0411:20181011172901g:plain

 

【感想】

試写会にて鑑賞(LiLiCoもいました)。スパイダーマンのライバルとしておなじみで「初代スパイダーマン3」にも出てたあのヴェノムですね。演技派のトム・ハーディが寄生されてやりたくもないのに体の自由を奪われながら敵と戦う描写は今までのMCUの流れにはない感じで楽しかった!ヴェノムとエディのボケとツッコミみたいなかけあいもまた楽しいし、そんなコメディ要素も少しありつつヴェノムの力をフル活用したアクションがダイナミック!半身ヴェノムで危機回避しながらバイクでチェイスするシーンはかなり痛快だったな。ほかにも軟体を活かして伸びるパンチを繰り出したり盾になったりという臨機応変さは、ゴムゴムのルフィに少し通ずる戦い方で、いい…

 

f:id:chicchi0411:20181011172948g:plain

↑軟体で車を押しのける!

 

全年齢対象のせいか、残虐や最悪をウリにしている割には血が一滴も出ないし人体欠損なんかもほぼ無い非常にクリーンな仕上がりで、残虐描写大好き人間としてはそこは少し物足りなかったかな〜。少し前に見た「ザ・プレデター」が割とゴア描写がんばってたこともあり、R-15版とかも再編集して見てみたいなと思いました。ちなみに、マーベルは製作に関わってなくてMCUと統合の予定はないらしく、独自のシリーズとして続編も作っていくらしいです。続編をにおわす終わり方もしていたもののやっぱり個人的にはスパイダーマンも戦って欲しさもありますが、果たして…?エンドロールは最後まで席を立たずで…

 

f:id:chicchi0411:20181011173106g:plain

 

【予告】

映画感想 - イコライザー2(2018)

f:id:chicchi0411:20181011171323j:plain

イコライザー2

★★★★☆

 

【あらすじ】

俺はマッコール。普段はタクシーの運転手をしながら裏では19秒で悪を裁く「イコライザー」として過ごしていたんだが、ある日、唯一の理解者スーザンが殺された!許せね〜!でも、今度の敵はイコライザー!?な話

 

f:id:chicchi0411:20181011171712g:plain

 

【感想】

「ナメてた奴がめちゃくちゃ強かった!」系統ではジョン・ウィック、ブライアン・ミルズ(96時間)などおりますが、やっぱイコライザーや!!最高!強過ぎ!惚れてまう!!!今回はタクシー運転手として機動力も増えたことでさらに手広く人助けしてくれるホスピタリティが素晴らしく、いきなりトルコまで人助けしに行く姿は泣ける。さらに非行に走りかける少年を銃を突きつけてまで説教して更正させてくれたりと、もう「正義」に改名してもいいんじゃない?という大活躍!隣人にいてほしい!

 

f:id:chicchi0411:20181011171755g:plain

 

19秒を測る\ピッ/も健在。終盤、敵を一人ずつほぼ無傷でぶち殺すマッコール無双はまさに一つの到達点と言わざるを得ないカッコ良さ…うっうっ。デンゼル・ワシントンは続編にめちゃくちゃ慎重で今までシリーズ化したことないのに満を持して初の2ということで、彼自身の思い入れも感じられて素晴らしかったですね。このまま「イコライザー65381」ぐらいまで作ってほしい、強くてカッコいいから…

 

【予告】

映画感想 - マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018)

f:id:chicchi0411:20181004175706j:plain

マンディ 地獄のロード・ウォリアー

★★★★☆

 

【あらすじ】

山奥で妻マンディと静かに暮らす男レッド。林業に従事し、夜は妻とともに何気ない会話をし、同じベッドで眠る。いたって平和な日々だったが、突然現れた狂ったカルト集団によりその日常は崩れ去る。教団は「アブラクサスの笛」で地獄の怪物バイカー三人衆を召喚してマンディとレッドを拉致し、あろうことかレッドの目の前でマンディを焼き殺してしまった。何でや〜!命からがら逃げのびたが愛する人を失ったレッドは、自宅のトイレで酒をあおり一通り泣きわめき怒り狂ったあと、「死神」と名付けていたクロスボウと見たこともないオリジナルの剣を携え、復讐に向かう!

 

f:id:chicchi0411:20181004175743g:plain

 

【感想】

単刀直入に言って、余りにも狂っている!!!登場人物全てがイカれており、教団の存在理由やマンディを拉致した目的や殺す理由も、「アブラクサスの笛」を使って怪物バイカー三人衆を召喚した理由も何ひとつ分からないのに、復讐に燃えるレッド(ニコラス・ケイジ)のヤバすぎるパッションと煮えたぎる怒りで全てをなぎ倒すそのパワーで「とんでもない物を見てしまった」という気分にさせてくれました。言葉で表現できなさすぎる!

 

f:id:chicchi0411:20181004175838g:plain

 

赤を多用したギラギラしたビジュアルに大作曲家ヨハン・ヨハンソンによる全編を支配する不安定なアンビエントをのせ、さらにねっとりとした人物描写が本当に強烈で、ストーリーについては単純なものの一生忘れられないかもしれないヤバすぎる地獄変となって世に放たれてしまいました。歴代最狂と言わざるを得ない大活躍をしたニコラス・ケイジ…やってくれた!やってくれたね!!怪物バイカーと肉弾戦で互角に渡り合い、首の骨を一瞬でブチ折って殺し、近くに落ちていたクスリをガラスの破片ですくって鼻から思いっきり注入してキメまくるシーンはマジで爆笑してしまいました。狂いすぎ!

 

f:id:chicchi0411:20181004175920g:plain

めちゃくちゃ長いチェーンソーで攻撃してくる奴

 

とにかく全てが狂った世界観と怒りに狂ったニコラス・ケイジの掛け算が最高過ぎるけど、やっぱり人を選ぶと思うので気になった人は公開したら是非新宿シネマカリテへ走ってください…

 

f:id:chicchi0411:20181004180009g:plain

そしてこの顔 

 

【予告】