読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - ラ・ラ・ランド(2016)

えいが ★★★★★ ラブストーリー

f:id:chicchi0411:20170227124954j:plain

ラ・ラ・ランド

★★★★★

 

【あらすじ】

映画スタジオのカフェでバイトするミアはいつか大女優になることを夢見てオーディションを受けまくっている。ジャズピアニストのセブはいつか自分でバーを開いて好きなジャズを思う存分演奏したいと夢見ている。そんな二人が出会ってお互い励まし合いながら夢を叶えて突き進む…。

 

【感想】

f:id:chicchi0411:20170227125435g:plain

 

f:id:chicchi0411:20170227125512g:plain

 

f:id:chicchi0411:20170227125542g:plain

 

f:id:chicchi0411:20170227125614g:plain

 

f:id:chicchi0411:20170227125639g:plain

 

f:id:chicchi0411:20170227125715g:plain

 

夢と魔法の2時間かって。話は恐ろしいほど普通だったけど全ての歌とダンスと曲と演出が最高すぎたので「最高の映画かい」と思いました。夢を叶えることと、現実を知ること、大人になること、人生の全てが詰まっておりましたよね…うえっうえっ。私からは以上です。

 

【予告】

 

ちなみに、こちらの記事をもって映画感想記事が800になりました。どんだけ〜

映画感想 - キング・オブ・エジプト(2015)

えいが ★★★★☆ アクション

f:id:chicchi0411:20170220101659j:plain

キング・オブ・エジプト

★★★★☆

 

【あらすじ】

人間と神がともに暮らす古代エジプトを統べる王オシリスは、その王座を息子の天空の神ホルスに継承させようと戴冠式を執り行おうとしていた。滞りなく終わるかと思ったが、途中で弟セトが乗り込んできてオシリスをぶっ殺し、逆上して襲いかかったホルスの両目も奪った挙句、エジプト全土を乗っ取ってしまった。

セトは人々に奴隷のような生活を強いても〜大変。ホルスも行方知れずだし。でもこのピンチを救ってくれるのはホルスだけ…!そう思ったコソ泥のベックは警備の厳しい宝物庫からホルスの右目を奪い返すことに成功。ワンチャン巡ってきた神ホルスは人間ベックとともに行動し、困難を極めるエジプト奪還計画をスタートさせる。一体どうなるの〜!

 

f:id:chicchi0411:20170220103658g:plain

 

【感想】

神と人間が共存しているエジプトで繰り広げられる神々のドンチャン騒ぎなんだけど、いや〜〜〜「ディス・イズ・エンタメ」って感じで良かったですね…。何も考えずに見れるし、バトルモードに変身した時の神々のキンキラキンのビジュアルがとにかくカッコイイんですよ。他の神も、分身が何人もいて知識を共有したり、めちゃめちゃでっかい蛇を乗り回したり、森羅万象全てに愛され過ぎるあまり死後の世界の魔物にも好かれた挙句に魔封じの腕輪をつけていないと冥界に引きずり込まれて即死する愛の女神や、死ぬほどでっかい砂のスフィンクスが出てきてクイズを出してきたりと、皆がどこかで見たことのある神様が出てくるのが熱い。

 

f:id:chicchi0411:20170220104331g:plain

 

さらに「太陽を引っ張って昼と夜の概念を作ってるジジイ」が「燃えながら巨大化」して「杖から爆発火球を放って」「世界の裏側にいるデカイ冥界の魔物と日常的に戦う」…といった余りにも壮大すぎる世界観が最高。死ぬほど風呂敷広げまくって全ての常識が通用しない神々の生態を描ききった監督はすごい。映像ももちろんド迫力で言うことなし。さらに神々は人間より若干デカく、↑みたいな腐女子が喜びそうな凸凹コンビ珍道中も楽しい。悪役のセト神は「300」ジェラルド・バトラーだし圧倒的インパクト!世間的には評判悪いけどそういうの忘れて見るとかなり楽しいよ!

 

f:id:chicchi0411:20170220105357g:plain

 

ちなみに吹替えで見たところ、神々の方は中村悠一沢城みゆき小山力也と盤石なる体制だったのに対し、人間側の主人公ベックを玉森裕太(キスマイ)、ヒロインのザラを若手女優が担当していたんだけど、公開処刑や…としか言えないぐらいやばい吹替えでした。さらに言うとそのザラどのはめちゃめちゃおっぱいを強調している衣装で、「出てきてくれ〜ウッヒョ〜」という願望と、吹替えがマジで終わりすぎてる故の「出てこないでくれ…」という本音がぶつかり合うジレンマに悩まされてしまいました。おい!映画見ながらそんなことで悩みたくないんだよ!タレントを使って集客して話題を作りたい気持ちは分かるけど、だからって素人同然の奴に吹替えやらせるなって!何度人は同じ過ちを繰り返す!スタッフも「これやべえな」って思ってただろ!砂の魔神スフィンクスも大砂嵐というお相撲さんがやってて、絶対名前だけで選んだだろと思った。おい。ふざけんなよ。まあ最後に熱くなっちゃってめちゃめちゃ言ったけど、映画自体はかなり壮大でめちゃくちゃ過ぎて笑っちゃうので皆さん見ましょう。歴史考証は多分してないと思いますが。

 

【予告】

映画感想 - キラー・インフェルノ(2016)

えいが ★☆☆☆☆ サスペンス

f:id:chicchi0411:20170220124818j:plain

キラー・インフェルノ

★☆☆☆☆☆

 

【あらすじ】

車で荒野をひた走るカップル。しかし途中でタイヤがパンクし、近くの民家に助けを求めた。しかしそこはまさに殺人が行われた現場だった!しかしこの二人は全くひるまない。何故ならこのカップルもまた連続殺人鬼だったからだ!

 

f:id:chicchi0411:20170220125006j:plain

 

【感想】

私は基本的に映画は褒めまくり、ダメな映画だったとしても良かった探しはする方なんですが、う〜〜〜んこれは、つ、つ、つ、つまら…いや、よそう…こんな話は…。一定時間でゾンビになったり人間に戻ったりしてわちゃわちゃしちゃうホラー「サマー・インフェルノ」と邦題もジャケットも完璧に似せてきてる割にそれを超えるクオリティでは全然無かったし、ストーリーラインにある最初に殺人を起こすジジイはそこまで根っからの悪人ではないところに齟齬があった。つ、つまらな…いや、言えない…!あと、連続殺人鬼のカップルも思想がやけに高尚なのもちょっと釣り合ってない気がした。「人間とは?」「殺人とは?」みたいな小難しい永遠のテーマをC級映画で語られてもな…。もっと単純でいいよ!無理すんな!

 

【予告】

 

【ジャケットタイトルパクリ元】

こっちの方が全然マシ

映画感想 - デッド・フレンド・リクエスト(2016)

えいが ★★★★☆ ホラー

f:id:chicchi0411:20170213125228j:plain

デッド・フレンド・リクエスト

★★★★☆

 

【あらすじ】

女子大生のローラは友達や恋人に恵まれたウルトラスーパーリア充で、SNSにそのリア充っぷりを遺憾なく発揮していた。

 

f:id:chicchi0411:20170213125419g:plain

 

そんな中、マリーナという同級生から友達申請のリクエストがあった。マリーナはSNSの友達数が0で、黒いパーカーのフードを常にかぶったかなり地味な奴だったが、ローラは彼女の投稿する奇妙な動画のセンスに惹かれて友達承認。初めての友達ではしゃぐマリーナはローラと遊ぶ約束を執拗に取り付けようとするが、そこまで親しくはないので華麗にスルーしていた。

 

f:id:chicchi0411:20170213125725g:plain

 

しかしこの行動がマリーナの逆鱗に触れ、「わたしたち友達でしょ!」と暴走。取っ組み合いになってしまうがマリーナのフードの下の姿が露わになり、そのまま逃げるように立ち去った。他の友だちに「ローラのせいじゃないよ」と励ましてもらったが、週が明けた月曜日、マリーナが自殺したという連絡が入った。うそでしょ…?そしてそこからマリーナの呪いが始まる。友達を一人ずつ殺していき、さらにその殺人動画を勝手にローラのアカウントでUPし、さらに友達全員にタグ付けして全員のタイムラインに載せていったのだ。何故か動画を消すこともできなければ退会も出来ない。ローラの人格が疑われどんどん友達数が減っていく。そして一人、また一人と大事な友達が死んでいく。一体どこまで続くのよ〜!な、話

 

f:id:chicchi0411:20170213130422g:plain

 

【感想】

未体験ゾーンの映画たち2017」にて。ドイツ発のSNSホラー(でも言語は英語)。似たようなSNSを使ったホラーといえば「アンフレンデッド」がありましたね。あれはskypefacebookを巧みに利用したPC画面だけで展開される珍しい構成だったけど、こちらはティーンエイジャー向けのわっかりやすいホラーという感じ。濃いめにホラーシーンや大音量でのビビらせを展開し、超絶リア充だったローラがどんどんひどい目に遭っていく姿はかなり痛快でした。

「ここでビビらせ来るぞ!」と思わせるベタなカメラアングル(冷蔵庫を開いて飲み物を飲み、閉じると…!みたいなの)が結構出て来る割に、こちらの予想から少し外して思いっきり来たり、そうかと思えば変化球なしド直球ストレートにビビらせてきたりと、起伏の激しいビビらせは結構疲れるけどここまで正統派なビビらせで来てくれると逆に好感が持てましたね。是非大学生グループでキャッキャ言いながら見てください。

 

f:id:chicchi0411:20170213130954g:plain

ド直球の例

 

完全にSNSのUIはfacebookなんだけど、よくよく振り返ってみると一切その名前が出てこなかったのがすごいな、と思った。呪いで退会出来ないし、運営に問い合わせても「無理っすね」みたいに突っぱねられて印象が良くないのであくまで架空のSNSにしているような気がする。しかしインターネットから攻めてくるような、時流にのっとった悪霊のホラー、今後も様々なパターンで出て来るんだろうな〜。

 

【予告】


SNSホラー関連】

 

ちなみに今作の主役はローラで、「アンフレンデッド」で呪いをかける女の名前もローラでした。SNSホラーにローラあり。

映画感想 - ザ・モンスター(2016)

えいが ★★★★★ ホラー ヒューマンドラマ

f:id:chicchi0411:20170213003533p:plain

ザ・モンスター

★★★★★ 

 

【あらすじ】

キャシーは、一人娘のリジーと二人暮らし。アル中でシングルマザーのキャシーの生活はだらしなく、身の回りの世話や家事は全てリジーが行なっていた。言い争いをしながらもお互い支え合って日々暮らしていたが、リジーの将来のことを考えて別れた父親の元に預けることを決心する。出発直前まで眠り込んでいたキャシーだったが、何とか叩き起こして車を走らせる。旅路は夜中まで続いた。暗闇が広がる大雨の森の中を車でかっ飛ばしていると、突然目の前に現れたオオカミを避けきれず衝突し、その衝撃で二人とも軽傷を負った上に車も動かなくなってしまった。

 

f:id:chicchi0411:20170213103441g:plain

 

JAFみたいな補修サービスと救急車を呼んで待っていたのだが、気がつくと完全に死んでいたはずのオオカミが忽然と消えていた。さらに何か、ただならぬ気配を感じる。車の整備工がようやくやってきて修理に取りかかっていたのだが、そこに満を持して「怪物」が現れ、餌食となる…!このままだと二人もやられる!キャシーとリジーの運命やいかに。

 

f:id:chicchi0411:20170213103514g:plain

 整備工〜!うしろうしろ!

 

【感想】

未体験ゾーンの映画たち2017」にて。「母と娘が森で怪物に襲われる」という手垢のついたプロットながら、その怪物は二の次にして母と娘の愛憎入り混じった絆を綿密に描いた力作。非常にエモーショナルな仕上がりになっていて、単なる怪物もので終わらない良さがありました。これは良いですよ皆さん…。

 

f:id:chicchi0411:20170213103603g:plain

 

森の中だけで90分見せていくのに全く退屈しなかったのは、やはり合間に挿入される母と娘のエピソード。娘主演の学校の演劇発表会を見に行くつもりだったのに「大嫌い!来ないで!」と突っぱね、母もそこで「クソガキ!クソガキ!」と連呼してしまったり、断酒中で娘に応援されているのにどうしても辞められずに酒を飲んでしまった挙句にトイレで酔いつぶれてしまった母を娘が優しく抱きしめる…など、ケンカばかりしているのに離れることの出来ない共依存の関係が生々しく描写されていきます。

 

f:id:chicchi0411:20170213103648g:plain

 

この微妙な関係性が、圧倒的な力で食い殺そうとする怪物と対峙することでようやく崩れ、自分たちの素直な感情をぶつけ合うようになる…という流れが非常に美しく、感情を揺さぶられました。生きろ!生き延びてくれ!そしてそう応援せずにはいられない見事な構成でしたね。「あんただけは逃げて生きて欲しい!何故ならあんたはあたしが生きてた証だから…」という母の使い古されたセリフも絶体絶命の状況で感情移入もしまくってるのでむちゃくちゃ染みましたわ…。

 

f:id:chicchi0411:20170213103710g:plain

 

怪物は暗闇でなかなか姿は見えないながらも、CGに頼ってないアナログな感じが懐かしく、しかし恐怖感とインパクトとビビらせはかなりのもの。正体とか、何故この森に…?とか、そういうのはマジで解明されないんだけど、ほんとそんな些細なことはどうでもいいんです。この二人の絆がテーマであり、怪物はそれをお膳立てしてくれる存在にすぎない使い方も、下手すればどっちも中途半端になりそうだけど、巧みな構成で飽きさせずに最後まで楽しませてくれた監督の手腕に感謝。次作に期待。これはオススメです。

 

【予告】

映画感想 - アブノーマル・ウォッチャー(2015)

えいが ★★★☆☆ ホラー スリラー

f:id:chicchi0411:20170212004432p:plain

アブノーマル・ウォッチャー

★★★☆☆

 

【あらすじ】

ライアンとクレアの夫婦は、近々うまれてくる子供のために新居へ引っ越した。しかしこの家の大家は完全にキモいおっさんで、クレアは不審がる。しかしライアンは気にせずにこの家を気に入って入居することに。しかしタイトル通り、おっさんは事前にめちゃめちゃ小さい監視カメラを仕込んでおり、思いっきり生活を覗き見しておった…。さらにライアンもおもくそ不倫をしておった…。

 

f:id:chicchi0411:20170212005333p:plain

ずっとこの顔

 

【感想】

完全なるきもいおっさんがきもい挙動で生活を覗き見する映画。おっさんがきもすぎて笑っちゃうレベルで良いです。同じような覗き見映画の「ハングマン」があったけど、こっちはおっさんの「顔力」がすごいのでこっちはこっちでよかった。きもすぎ。

 

f:id:chicchi0411:20170212005835p:plain

 

 覗き見る登場人物、もれなくクソ人間なのが最悪でよかった。ライアンは会社のアシスタントの巨乳ちゃんのハンナと嫁不在の家に呼んでおもくそ不倫をするし、ハンナはハンナで重い女で家に突撃してきたり…。だんだん全てを見ているおっさんに「制裁したれ!!」と肩入れしながら見てしまうという謎の構図も発生して新鮮でしたね。なんでこんなきもいおっさんを応援してしまったんだ…という気分になりました。

 

 【予告】

 

【覗き見関連】

映画感想 - グリーン・ルーム(2015)

えいが ★★★★★ バイオレンス サスペンス

f:id:chicchi0411:20170211213906p:plain

グリーン・ルーム

★★★★★ 

 

【あらすじ】

売れない4人組パンクバンド「エイント・ライツ」は他の車からガソリンを盗みながら、地方のライブに出演するために車を走らせていた。しょぼいバーで演奏したあと、「もうちょっと稼げる場がある」と紹介されたとある山奥の会場はネオナチに傾倒するやばい奴らの巣窟だったが、あえてロックに「ネオナチぶっ殺す!!」みたいな曲を披露し、ブーイングがありつつもそれなりに盛り上げて手応えを感じた。

 

f:id:chicchi0411:20170213103903g:plain

 

帰路につこうと思った時に、事件は起こった。メンバーの一人パットが忘れた携帯を取りに楽屋に戻ると、なんと頭にナイフが突き刺って死んでる女がいた。そしてそれを眺める屈強な男たち。さらにパットに「警察呼んで」と泣きつく死んだ女の友達とおぼしき女。えっ、何この状況…???ネオナチ男たちは「何故鍵をしてなかった!」と激怒し、抵抗するパットを含むエイント・ライツ全員を部屋に閉じ込めてしまった。見た者は消す、そんなただならぬ危機的状況に包まれた中で、パットたちは生きてここから帰ることができるのか…?

 

f:id:chicchi0411:20170213104223g:plain

 

 【感想】

孤独な男の復讐劇を描いたバイオレンスの傑作「ブルー・リベンジ」のジェレミー・ソルニエ監督の長編二作目。パンクバンドVSネオナチの緊迫の密室バイオレンスなんだけど、おんんんんんんもろすぎわろた!超絶おもしろ!!!!!突然バンドが一気に危機的状況に置かれ、様々な抵抗を試みるも、あれよあれよというまに大ピンチに追い込まれる。もうあかん!全員死んで終わりや!!と思ってしまうぐらいの完全なる絶体絶命にもかかわらず、そこからまたさらに幸運とも言えるほどの逆転につぐ逆転!それがまた気持ちいい!密室劇として最高の出来っっ!!

 

f:id:chicchi0411:20170213104314g:plain

 

バイオレンス描写も「ブルー・リベンジ」以上に過激になっており、手がちぎれる寸前まで斬りつけられる、猛犬に首根っこを食いちぎられる、ショットガンで顔面破壊、サーベルで首を斬りつける、などなどめちゃめちゃリアルで痛々しく描写!それがまたマジで逃げられないやばさと誰もが死神に鎌を突きつけられてるような超絶的緊迫感に昇華するんですよ!!それだけに、そこからの終盤のバトルは本当に目の覚めるものでした。

主演は26歳で事故死してしまったアントン・イェルチン。アンニュイな感じのかすれた声と甘いマスクから想像もつかない燃えあがる炎のような迫真の演技が最高でした。何で死んでもうたんや…?惜しすぎるでホンマに…。その他「X-MEN」のプロフェッサーX役パトリック・スチュワートがネオナチのボス、「ブルー・リベンジ」のメイコン・ブレアなど盤石の体制。

 

f:id:chicchi0411:20170213104436g:plain

 

また、タイトルにもあるとおり、「緑」がまた印象的に残るのも監督の手腕を感じました。自然の緑、照明による緑、バンドメンバーの髪に染まった緑、身につけたアイテムの緑と、これでもかと緑を全面に押し出してくる。そしてそれが鮮血の赤と人を殺す感情の黒で部屋が染まっていくという流れも対比の演出としてストーリーの盛り上げに一役買っている印象でした。監督〜!!すごいから〜!アントン・イェルチン、まじで最高のバイオレンス傑作の主演で人生の幕を閉じたのでそれだけは幸運だったな…安らかに眠ってください。そして皆さん、今すぐ見に行きましょう!最高なので!!

 

【予告】

 

アントン・イェルチン関連】

 

【ジェレミー・ソルニエ関連】

これも最高なんだけど誰か見てくれ〜!!

映画感想 - スペクターズ(2012)

えいが ★★★☆☆ POV スリラー

f:id:chicchi0411:20170211204534p:plain

スペクターズ

★★★☆☆ 

 

【あらすじ】

小さな田舎町で洪水騒ぎが起こり、避難勧告が出された。この町以外にも世界中で何かしらの災害が同時に起こっているらしい。そんな騒ぎにもあまり動じない町の若者チェイスは友達とともに車で徘徊し、ドラッグを手配し山奥でどんちゃん騒ぎのドラッグパーティーに明け暮れていた。そんな中、何かよく分からないけどただならぬ雰囲気を感じて町へ降りてくるが、そこには市民達は忽然と消え失せていた。満月は月食で欠け、さらにカラスが空中で燃えながら落ちてくる。ようやく見つけた人影も何故か血だらけで意思疎通が一切できない。この町に一体何が起きているのか…。

 

f:id:chicchi0411:20170211205230p:plain

 

【感想】

数々のPOVを見てきましたけども、究極主人公達に襲いかかる怪異の正体って、まあ別に判明しなくてもまあいいんですよね。カメラを回し続けて逃げ惑う人の目の前に都合よく真実が出てこなくても、いかに雰囲気や世界観を作り込んで見ている側に不穏感を抱かせて「怖いね、怖いね」と思わせてくれればそれで良いと思っております。そんな中この「スペクターズ」は、「POV雰囲気大賞」を送りたいほどに雰囲気作りが素晴らしいやつでした。

 

f:id:chicchi0411:20170211205747p:plain

 

様々な超常現象が周りで起こってるけど、詳細は一切分からない。それでも誰もいない町、燃えながら落ちてくるカラス、特定の人物に近づくと異常にノイズやバグが入る演出、古臭い画質と形容できない全体を包みこむ雰囲気は今までみたPOVの中でも群を抜いたクオリティ。78分しかないけどエンドクレジットも含めて最高の雰囲気でした。まあ、怪異の正体が全く判明しないのでスッキリしたい人々にとってはモヤモヤだけが残るけど、それもまた一つの結末。体感しないと分からないこの凄さは、今すぐとは言わないけど「もう映画全部見た」となった時に思い出して見てみてください。私からは以上です。

 

【雰囲気がすごい予告】

映画感想 - ザ・ハロウ:侵蝕(2015)

えいが ★★★☆☆ ホラー

f:id:chicchi0411:20170207155956j:plain

ザ・ハロウ/侵食

★★★☆☆

 

【あらすじ】

森林保護主義者のアダムは妻と赤ん坊とともにロンドンからアイルランドに引っ越してきた。小さな田舎町で森林の調査をしているが、近隣住民からは煙たがられる。どうやら森にはある伝承が伝わっており、安易に入ろうとはしない神格化された土地となっているようだ。そんなの迷信だろと思って調査を進めるうちに、その奥に潜む謎のクリーチャー達の存在に気付く。森を侵すものとして目をつけられ自宅を襲撃された挙句、まだ自立すらできない一人息子のフィンが誘拐されてしまう。返せ〜!な、話

 

f:id:chicchi0411:20170207162829g:plain

 

【感想】

「つぶしとくか」程度に観賞した、アイルランドの自然が美しいイギリス製のホラー。教科書を見ながら作ったかのようなストレートな表現・演出で、森の中からクリーチャーの存在がちらついたかと思ったら一気にグアっと襲ってくる描写はとってもスリリング。さらに謎のクリーチャーが出す黒い何かも気がついたら自宅や車のエンジンにビッシリ絡みついてるのもとってもきもい。古くから伝わる民話をベースに田舎特有の閉鎖的な人間関係も描いていて、その辺りの設定もなかなか面白く見れるかな。

 

f:id:chicchi0411:20170207163330g:plain

 

だけどクリーチャーの正体はだいたい分かるものの、そもそも何故この森にいるのかとか、終盤のネタバレに関するあれやこれやとかはやや説明不足だった感は否めないかな…?そんな感じでやや不満なところもあるけど真面目に取り組んでる姿は伝わりました。息子を取り返すためにアダムが死に物狂いで頑張る姿はなかなか泣けますね。森の深淵に入り込むという禁忌を侵したので自業自得だけど…。

 

f:id:chicchi0411:20170207164318g:plain

ヒエー!

 

【予告】

映画感想 - 慈悲(2016)

えいが ★★★★☆ スリラー NETFLIXオリジナル

f:id:chicchi0411:20170205234401p:plain

慈悲

★★★★☆

 

 【あらすじ】

死期が近づいた母グレースの看病をする父親と息子TJとロニー。そこに異父兄弟のトラヴィスとブラッドとその恋人メリッサがやってくる。資産家であった母は遺産がたんまりあったが、父は「俺が全部もらう。トラヴィスとブラッドにはやらん。俺が死んだらお前たちに相続する」と言う。TJとロニーはもらう気マンマンだったがブラッドとトラヴィスも黙っちゃいられない。するとそこへ謎の侵入者が…!

 

f:id:chicchi0411:20170205235353p:plain

 

【感想】

NETFLIXオリジナル単品映画。タイトルが「慈悲」とシンプルすぎて内容が良く分からなかったけど、これは逆に良かったと思う。トラヴィスとブラッドの視点で侵入者との戦いが描かれて遺産相続の醜い争いか…と思いつつ、そのあと侵入者側からの視点の話に転換して結末に向かっていくんだけど、当初思ってたものと全く違う状況が浮かび上がってくるのが一筋縄じゃいかない感じで良かったな。

 

f:id:chicchi0411:20170206000609p:plain

 

「慈悲(憐れむ、苦しみを解き放つ)」という本来の意味と全く違う「慈悲」を盲信する謎の侵入者達の薄ら寒さは一見の価値あり。真相が明らかになってからはなかなか暗い気持ちになるし後味も悪い。閉鎖的な田舎町だとこういう捻じ曲がった考え持ってるやつもあったりするのかな…。前半は特に動きがない上に登場人物が地味すぎて見分けがつかなくてかなり退屈なんだけど、トラヴィスとブラッドだけ覚えてちょっと我慢すれば結構面白くなるぞ。

 

 【予告】