にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - SPL 狼たちの処刑台(2017)

f:id:chicchi0411:20190813185624j:plain

SPL 狼たちの処刑台

★★★★☆

 

【あらすじ】

タイのパタヤを訪れていた少女ウィンチーは、超極悪犯罪組織の手の者によりいきなり誘拐されてしまう。父親であり香港の警察官であるリーは、現地警察のチュイに捜査への参加を志願する。組織がウィンチーを誘拐した目的は?リーとチュイ、そして同僚のタクも加えた3人はタイを駆け巡り、組織を追う!果たしてリーは娘を救うことが出来るのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20190813185717g:plain

 

【感想】

香港の格闘アクションノワール。く、く、く、く、暗〜!!!!かなし〜!!主人公のリー、踏んだり蹴ったりでか、か、かわいそ〜!!!と、叫びたくなるほどに暗い話でしたね…。何故だ!何故ここまでする!!リーが何をした!!こういう悲しくて重い話は韓国が得意だけど、香港も負けてないねぇ…。悲し…

 

f:id:chicchi0411:20190813185732g:plain

 

これも先日の戦狼と同様、アクションがすごい映画おすすめ記事に載っていたやつで、たしかにルイス・クー、ウー・ユエ、そしてトニー・ジャーの爆裂格闘はめちゃめちゃに凄過ぎて、一発ずつ爆発的な攻撃が決まるごとに笑っちゃうほど!まさに超高速×超爆弾的肉弾戦!そこはアッパレ!クンフームエタイ、鉈、狭い部屋、精肉工場などなど、憎しみと怒りから生み出される凄まじい格闘シーンはほんとに一見の価値ありでしたね。中盤でエッ!?と声でちゃうほど完全に予想を裏切る展開もあったりして、そのあたり含めたストーリーが派手なアクションに相対して重過ぎるあまり、感情の置きどころにすごく迷ってしまったな〜。暗さと格闘がどっちも突き抜け過ぎてる!どういう気持ちで見ればいいんだ!的な。でもかなり面白い!オススメです

 

【予告】

映画感想 - ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019)

f:id:chicchi0411:20190813185124j:plain

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
★★☆☆☆

 

【あらすじ】

ドラクエV

 

f:id:chicchi0411:20190813185211g:plain

 

【感想】

当方、VはSFC版を発売日に買いました。VIIとX以外はやりました。XIに至ってはシナリオが良すぎるあまり全員レベル99にしてトロフィーコンプしてから裏ボスを倒したし、スマホ版のテリーのワンダーランドもモンスター収集率100%いった程度には嗜んでます。で、初のSFC版で天空シリーズの中でも親子三代に渡る壮大なストーリーであるところのVをベースにしつつも、どうやら酷評が多いらしい…果たして…?と思いながら怖いもの見たさで見てみました

 

f:id:chicchi0411:20190813185227g:plain

 

既に見た知人の感想から察してある程度予防線は張ってて「こういうオチだったらかなり嫌だな…」と予想してて、端々のセリフや目配せから「やばい」と思いつつ、でもビアンカとフローラの可愛さは最高だし(有村架純の声は下手だけど)、息子との再会や勇者の登場からのラストバトルはドラクエファンから見てもかなり熱く「いや、このままイケるか?」と思ったら結局予想してた一番嫌な終わり方に近い形になって、ア〜〜〜〜〜〜〜…となってしまいました。そりゃないぜ…。今さらそんなこと言わないでよね…理解(わか)ってるんだからさ…。ドラクエという堀井雄二鳥山明すぎやまこういちが長年作り上げた世界観をこういう剛力で見せてしまうなんて、この3人がよく許したな…という感じでしたね。う〜ん。ドラクエ好きなのにな〜…

 

f:id:chicchi0411:20190813185241g:plain

 

単体の映画として見ても、Vのストーリーを100分で収めるのはかなり無理があったよな〜という印象もあったかな。幼少期の電光石火の展開も思い出補正でついていけるものの、本当に知らない人は全てが唐突すぎて感情移入できない気もしたな…幼少期のビアンカとの深い交流があるから青年期での再会がさらに映えるのに…。あと…、いや、もうよそう…こんなことを書くのは…気分転換にジャッキー・チェン見よう…

 

【予告】

映画感想 - ゴーストランドの惨劇(2018)

f:id:chicchi0411:20190813184714j:plain

ゴーストランドの惨劇

★★★★☆

 

【あらすじ】

人里離れた屋敷に引っ越してきたイケイケなヴェラとオタクなベスの姉妹。母親とともに新たな生活を始めようとするが、突然訪問してきたメチャクチャやべ〜やつに襲われて心身ともにボコボコにされてしまう。それから数十年後、ベスはその経験をもとにした小説が大ヒットする作家になっていたが、姉ヴェラは今もトラウマを背負い統合失調症みたいになっていた…な話

 

f:id:chicchi0411:20190813184800g:plain

 

【感想】

超絶胸糞なんでこんな映画作ったんやオブザイヤーがあったら余裕で優秀賞を受賞してるであろう「マーターズ」のパスカル・ロジェ監督の新作。この監督のことだから「ま〜た胸糞展開なんだろうな!」て思ってみたら、案の定「何で俺は罰ゲームでもないのにこんなの自主的に見てるんだ!?」という気分になりました。最悪すぎるだろ!!

 

f:id:chicchi0411:20190813184816g:plain

 

とにかく一切の希望の芽を摘み取って絶望に叩き込む嫌すぎる展開は今作でも健在で、動機なし理由なし説明なし!ほかのレビューでも言及がありますがまさに「ハロウィン」や「悪魔のいけにえ」のオマージュ的な要素が多く取り込まれてましたね。ほんとのヤバイ奴に理由なんか存在しないと言わんばかりの戦慄のシーン目白押しでした…。と見せかけて伏線は割と緻密に仕込んでいて、ただでさえ過去の出来事を背負って姉が統合失調症みたいになってる現在ですら辛いのに、そこからさらにもう一つ下のレイヤーにブチ落とすミスリード展開はなかなか巧みだな…とも。見てるこっちは「もっともっと最悪になってくれ!」という期待からある程度予想は出来てしまいますが、この予想が当たっても特に期待ハズレにはならないですね。最悪な展開だから…

 

f:id:chicchi0411:20190813184834g:plain

 

オススメはしませんが、定期的にこういう嫌すぎる話を見たくなるのが人間の性(さが)。ということで、そういう気分になったら是非見てみてください。敬具

 

【予告】

映画感想 - 戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017)

f:id:chicchi0411:20190809135005j:plain

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー

★★★★☆

 

【あらすじ】

アフリカに滞在し住民と仲良く暮らしている特殊部隊「戦狼」の元隊員レンは、妻の命を奪った反政府勢力を追っていた。手かがりになるのは特殊なデザインの銃弾。ある日レンが仲間と過ごしていると突然内乱が発生し、街は大パニックに。何とか中国行きの船に乗れたが、民間人の多くが捕らわれているという状況を無視できないレンは単身救出に向かう!な話

 

f:id:chicchi0411:20190809135119g:plain

 

【感想】

アクション映画のオススメみたいな記事で高ランクに位置してたので見てみた。トニー・ジャーと「ドラゴンマッハ!」で共演したウー・ジンの監督・脚本・主演作。こちら、格闘、銃撃、戦車、カーチェイス、全てが規格外!すごすぎる!!まずビックリするのが開始2秒後に始まるワンカット長回しでの水中大バトル!何だこれは!?その後、ひとときの平和な雰囲気を見せてから、あとは一気に地獄に叩き込むかのような内戦!!修羅の国かい!!!そこから息つくヒマも無く壮絶な戦禍が降り注ぐ展開はかなり気分は暗くなるけど、ウー・ジンの大車輪の活躍が圧倒的過ぎましたね…。とにかく強すぎる!全ての動きがカッコイイ!なんでもアベンジャーズルッソ兄弟が監修に入ってたりハリウッドの製作陣が多く関わってるらしく、そら派手になりますわな…。

 

f:id:chicchi0411:20190809135143g:plain

 

あと、アフリカに駐在する中国人の立ち位置や、避難する際に中国人を優先したりするなど、政治的な立ち振る舞いもけっこう描写されてなかなかその辺も興味深かったです。政府軍と反乱軍に対しての中国政府との関係はいまいち説明不足なところはあったけど、まあ戦闘になれば「善=ウー・ジン陣営」、「悪=フランク・グリロ陣営」でかなり分かりやすかったので細かいところはいいかな。しかしフランク・グリロ…主役をやらせても悪役になってもスクリーン映えする男臭いビジュアルはやっぱ最高だな〜。そんな感じでいかつい骨太アクションが見たい方はオススメです

 

【予告】

 

ウー・ジン関連】

映画感想 - スケルトン・キー(2005)

f:id:chicchi0411:20190807132856j:plain

ケルトン・キー

★★★☆☆

 

【あらすじ】

看護師キャロラインは長年働いた病院を辞め、とある森の奥の邸宅でひっそりと暮らす老夫婦のもとに住み込みで働くことになった。夫のベンは脳卒中による全身不随で話すことも出来ないのだが、働いてく内にアメリカ南部地方に伝わる呪術を妻にかけられているのでは?という疑いを持つ。果たしてその疑惑は本当なのか?そして開かずの屋根裏部屋と何なのか…?な話

 

f:id:chicchi0411:20190807132943g:plain

 

【感想】

twitterでオススメされたやつを、「すぐやる課の係長」である私がすぐ見てみました。えらい。全く存在を知らなかったから興味をそそられた、というのもあります。で、こちらは割と平々凡々に進んでいってホラー描写もそこまで…な感じで退屈ね…と思って途切れ途切れに見ていたら、最後の最後でおおお〜!とひっくり返るオチが用意されていてそこは結構好みでした。読めそうで読めない、でも察しやすい人は察する、そんくらいの規模感。私はバカなので前者でした

 

f:id:chicchi0411:20190807133031g:plain

 

脳卒中で動けなくなって話すこともできないベンが必要以上に怯える様子や、動けないのに魂を削って窓から逃げ出そうとするとか、そういったシーンがシッカリとした伏線&ミスリードになっていて、トータルで考えるとよく出来てたかもしれません。ただ地味なだけで…。あと、近年ヒットしたスリラー映画もこういう感じのネタがあって、そっちも思い出しました。名前を言っちゃうと一発で今作のオチが分かってしまうので言いませんが、アレです

 

f:id:chicchi0411:20190807133105g:plain

 

で、今作の土台になってるのがアメリカ南部地方の黒人文化や土着の呪術信仰で、これが結構独特で好奇心が刺激されるんだよな〜。魔法陣書いて粉まいて血を捧げたりといったよく見る描写以外にも信じる力が強ければ強いほど呪術の成功率が上がるとか、レンガくずを撒くと信仰が強い者はまたげない、など、真偽はともかくとして面白い設定だな〜と感心しました。地味ですが大オチはけっこう良いので是非ご覧ください。敬具

映画感想 - ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017)

f:id:chicchi0411:20190806160934j:plain

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談

★★★★☆

 

【あらすじ】

心理学者のグッドマン教授は降霊術や心霊に関する嘘を暴いてきたが、リスペクトしていたキャメロン博士から「ワイにはどうしても見破れない3つの幽霊の話があるんやが、これが真実だとこの世の全ての怪談がマジになってまう…調べてくれ」という依頼を受ける。そして夜間警備員、森で迷った少年、妻の出産を控えた投資家に話を聞きにいくのだが…な話

 

f:id:chicchi0411:20190806161030g:plain

 

【感想】

イギリス産の怪談オムニバス。夜間警備員が夜中に怪異に襲われる話、少年が森の中で説明できない「何か」に遭遇して頭がおかしくなった話、そして投資家が自宅でポルターガイストのような幽霊に遭遇してしまう話の三編の話を聞くグッドマン教授が基本の構造になってます。各話はかなり小粒で、単体で見るとどこにでもあるようなしょうもない仕上がりながら、散りばめた伏線を回収してラストのどんでん返しに繋げる構成はなかなか好みでした。何と言っても細部にまでこだわって散りばめた何気ない要素が「あれも!これも!これに繋がる!」と後から気づかせてくれるこの計算された構成、上品!!かつ丁寧!!さすが英国!かなり急転直下で全然予想できなかったぐらいに強引なのに、それを感じさせない良さがありましたね

 

f:id:chicchi0411:20190806161107g:plain

 

で、少し調べると、これ元々は演劇だったらしいですね。そう言えば終盤の場面転換の方法や早着替えなんかは舞台上でも同じような感じなんだろうなって想像できて、原作へのリスペクトも感じられてかなり好感度は高かったです。配役も、マーティン・フリーマンは言わずもがなとして、2話目に出てきた頭のおかしい少年、君…ブラックミラーS3-3話「秘密」で本当に散々な目に遭った可哀想すぎる少年としても出てましたよね!?あの時は怯える演技が最高だったけど、今作では精神に異常をきたして常に不安定なヤバい奴を完璧に演じてて、「こいつ、俳優界の"希望"だ…」と思いました。そんな感じで構造を理解してから2回目が見たくなるような個人的良作でした。敬具

 

【予告】

映画感想 - サマー・オブ・84(2017)

f:id:chicchi0411:20190804221016j:plain

サマー・オブ・84

★★★★★

 

【あらすじ】

郊外の町イプスウィッチ近辺では、近頃少年の失踪&殺人事件が相次いで発生していた。少年デイビーはこの一連の事件は隣人の警察官マッキーによるものではないのか?という疑惑を持つ。不良のイーツ、デブのウッディ、ガリ勉のファラディの分かりやすい親友3人とともに、デイビーの推理に基づいた独自の調査を開始する。果たして勤勉なマッキーは殺人鬼なのか…?な話

 

f:id:chicchi0411:20190804221114g:plain

 

【感想】

80年代の田舎町を舞台に、4人の少年達がひと夏の冒険に乗り出すというジュブナイルミステリースリラー。軽いあらすじを知って「これはおもろそう」と察して以来予告や追加情報はほぼ入れてなかったんですが、そのお察しの通り、やっぱりおもろい!!!最高!!!80年代といえば「ストレンジャー・シングス」やリメイク版「IT」などなど、さいきんよく目にしますが、やはり80年代にハズレが無い…

 

f:id:chicchi0411:20190804221136g:plain

 

「連続殺人鬼も、誰かの隣人だ」というモノローグに始まり、80年代丸出しの電子音BGMを背に80年代の自転車にまたがって駆けるオープニングの時点で「良すぎ」ってなりつつ、そこからキャラクターが分かりやすすぎる少年探偵団の好奇心あふれる推理パートはもう「こんな感じで親友達と冒険したかった!!」と思わせてくれる良さに満ち溢れています。全てがアナログ!足で稼ぐ地道な調査!トランシーバーの通信!不便だからこそ話が面白くなる80年代は間違いなし!マッキーの疑惑を調査する以外にも、デイビーのベビーシッターであるニッキーとの淡い恋あり、つらい事があったら遠慮なく泊まりあったりする男同士の友情あり、思春期真っ盛りの下ネタトークありなど、まさに青春…!!と言った趣でしたね

 

f:id:chicchi0411:20190804221156g:plain

 

ストーリーとしては順当な感じで進みながらも、「こんなことアリ!?」と容赦なし&斬新にトラウマを植え付けてくるようなショッキングな展開もあって鑑賞後感も抜群。さすが「ターボキッド」を作り出した映像集団が携わってるだけはありますね。さらに配役もイーツを演じたジュダ・ルイス(2年前から「こいつは売れる」と目をつけていた)をはじめ、80年代の舞台に全く違和感の無いパーフェクトな人選です。夏に見るべき良作!!

 

【予告】

映画感想 - モンスター・フェスティバル(2018)

f:id:chicchi0411:20190730124652j:plain

モンスター・フェスティバル

★★★★☆

 

【あらすじ】

ホラー映画の祭典「ブラッドフェス」がやって来る!ピエロゾーン、ゾンビゾーン等、広大な敷地で恐怖を楽しむフェスで、ホラー映画オタク、しっかり者の女、太っちょゲーマー童貞が参加するのだが、主催者が狂人で会場を閉め切って本物の殺人鬼が投入され、大殺戮が始まってしまった!やばい!ホラー映画の知識を総動員して、この地獄のフェスから生き残れ!な話

 

f:id:chicchi0411:20190730124742g:plain

 

【感想】

ホラー映画の祭典にマジのモンスターが投入されて大パニックになって、ホラー映画の知識を使って生き抜くというスプラッターコメディで、このプロットはやはり「ゾンビランド」や「キャビン」が思い出されますね。でもこっちもかなりハチャメチャでおもろい!ブタの仮面を被ったチェンソーの殺人鬼、ゾンビ、ピエロ、女吸血鬼、貞子、悪魔シスター、SAWのデスゲーム、そしてオリジナルの殺人鬼「樹木医」などなど、ホラー映画を彩ってきた様々なモンスターがスマブラみたいに暴れ回る展開はまさにホラーの祭典って感じで最高!勢いと血しぶきで細かいことを全て吹き飛ばす豪胆の脚本も見てて潔くて気持ちいい!と思いきやけっこう活躍した人でもホラー映画の掟を破ると死んでしまう裏切りもあって、最後まで楽しめたな〜。コメディ&スプラッター、王道&裏切りのバランス感覚も心地よい!

 

f:id:chicchi0411:20190730124801g:plain

 

パニック後に最初の3人と行動を共にするキャラも個性的で、出演を勝ち取るために監督と寝た金髪ビッチ、主人公が一番リスペクトするホラー映画で殺人鬼を務めたのに何よりもホラー嫌いな俳優、そして何故か「塔の上のラプンツェル」でフリンの声をやったザッカリー・リーヴァイ本人と、分かりやすくてクセも強く、場をかき乱してくれる!しかもデブのオタクはトムホ版スパイダーマンの親友ネッド役の人(ジェイコブ・バタロン)で、スパイダーマンの時と全く同じ立ち位置と性格なのも安定してて最高。重宝しすぎ!そして良いヤツ!

 

f:id:chicchi0411:20190730124829g:plain

 

パニックを通してかつてホラー映画みたいなシチュエーションで母を亡くした主人公が強く成長してくのも最後まで分かりやすいし、過去にお母さんが言った「(ホラー映画が好きなのは)いけないことだから」っていう答えも良さがある…。そんな感じでホラーとコメディの全てを詰め込んでくれているのでオススメです。こういうエリア分けして様々なジャンルのホラーが楽しめるフェスは絶対に楽しいだろうから誰か主催して欲しい

 

【予告】

映画感想 - ガール・イン・ザ・ミラー(2019)

f:id:chicchi0411:20190729134112j:plain

ガール・イン・ザ・ミラー

★★★★☆

 

【あらすじ】

出来損ないと親に蔑まれ学校でもいじめられる孤独な少女マリアは、ある日鏡の中にいる自分自身に語りかけられる。最初は恐れおののいたが、やがてアイラムと名乗るその少女が自分のことを理解してくれる唯一の人物として交流を深めていく。アイラムの後押しでプロムに参加するなど暗い自分に別れを告げようとするが、次第にマリアの中の何かが変わっていく…な話

 

f:id:chicchi0411:20190729134210g:plain

 

【感想】

鏡の中の自分に語りかけられて自分の中の何かが変わり始めるという割とベタな題材のスリラー。鏡の中のいわゆるもう一人の自分のルーツは開始1秒ぐらいである程度お察しできるくらいにヒントを出してくれるので、ストーリーとしてはまあ普通の☆3くらいな感じってのは正直なところです。ちょっと投げっぱなしなところはあったけど分かりやすさを追求して静かに展開していきながらも、退屈になることは無く最後まで満足感を持って見れます。その理由は、マリアとアイラムを演じたインディア・アイズリーさんにあるかもしれません

 

f:id:chicchi0411:20190729134229g:plain

 

この、主演の、インディア・アイズリーさん…、あの〜、恥をしのんで叫びますが、ほんと〜〜〜に可愛すぎる!!!!!奇跡!!!サラリと伸びた美しい髪、整ったご尊顔、華奢な体を包む制服(雪が残る地方だからマフラーを巻いてて、後ろの髪がぼわっと膨らんでるのも良い)、たまにタバコやおっぱいといった体も張りつつ、マリアとアイラムの性格の違う二役の演じ分け!かぁ〜!多彩!!最高!スクリーンに映るたびに「かわいい…」としみじみ思いながら見てしまいました。マジで。だからこんなに可愛くて家も裕福な子が学校でいじめられるなんて道理は全くあり得なさすぎるなってのはあったんですが、それすらも可愛さで超越していくほどに可愛かったです。そんなマリアが皆が見てる前で散々な目にあうシーンは本当に加害者をぶち殺してやりたくなるほど感情が高まってしまいましたね…そんな感じでこの美しさを見るために見に行く価値は十分にあると思います

 

f:id:chicchi0411:20190729134241g:plain

 

でもインディアさんのInstagram、終わった後で即フォローしてみたらインスタ業界で見ると「まあ、これくらいの美貌だったらごろごろいるな」と霞んでしまってました。何故…。真の美はInstagramでは測れないということか…

 

【予告】

映画感想 - 生き人形マリア(2014)

f:id:chicchi0411:20190729133529j:plain

生き人形マリア

★★★☆☆

 

【あらすじ】

遠足に向かう途中のバスが橋から転落してしまい、最愛の娘を亡くしてしまったフェイス、ステラ、フリオの3人。絶望に打ちひしがれているところに謎の精神科医が3人のもとに訪れ、「悲しみを癒します」と娘にソックリ(という設定)の等身大の人形が贈られた。初めは否定しつつも徐々に受け入れる3人だったが、やがて勝手に動き出す!助けてくれ〜!な話

 

f:id:chicchi0411:20190729133630j:plain

 

【感想】

世にも珍しいフィリピンのホラー。チープさはかなり目立つものの、一生懸命がんばって作り込んだ雰囲気がほんのりと我々の心を暖かくしてくれる異色のホラーです。人形系でいえば「アナベル」やら「ザ・ボーイ 〜人形少年の館〜」などあったり、ネトフリにもインドネシア産の人形ホラーがたくさんありますね(見てない)。あと近年ではチャイルドプレイもか

 

f:id:chicchi0411:20190729133646j:plain

 

ホラーとして一番成功してるアナベルシリーズの掟として、「アナベル自身が動く描写を入れない」というのがあるそうです。そうした方が気づいたら動いてる!的な怖さが引き立つからね。でも今作、めっっっちゃ動く!大胆に動くときは子役に人形の仮面をかぶせて歩いたり走ったり攻撃したり。そしてその顔がやっぱり不気味過ぎる!人形と人間の境目のちょうど気持ち悪いと思ってしまう部分を突いてくる造形はなかなか記憶に焼きつかせてくれました

 

f:id:chicchi0411:20190729133711j:plain

 

人形が贈られる3人にもちゃんと理由があって、お手伝いさんなどからどんどんやられてって徐々に追い詰められていくんだけど、終盤の展開がもう「速すぎる!!!!」ってぐらいに怒涛に詰め込みまくってて笑ってしまいました。その頃には人形ももう人間の子どもらしすぎる動きでチョコマカ動くのも可愛いし、全体の雰囲気が「お遊戯会か?」と思ってしまうぐらいハチャメチャで、それはそれである意味で楽しかったです。映画はこういうのもあるから楽しいんだよな!ただホラー映画でよくある「まだ終わりじゃない…?」的なエンドもやってくれたんだけど、それまでの展開と起承転結から考えるとまっっったく整合性が取れてなかったのもすごかった。監督は他のスタッフから「これ変じゃないっすか?」って聞かれなかったんだろうか…?