にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - THE QUAKE(2018)

f:id:chicchi0411:20191120155533j:plain

THE QUAKE

★★★☆☆

 

【あらすじ】

ノルウェーで発生した巨大津波から3年後、今度は爆裂大地震が来る〜!な話

 

f:id:chicchi0411:20191120155652g:plain

 

【感想】

先日見た「THE WAVE」の続編で、地質学者クリスチャン一家が津波の次は地震に巻き込まれるという可哀想な続編。不運すぎる!!ノルウェーユーラシアプレートと大西洋中央海溝の境界に近いのと、地質が粘土状になってて地盤が不安定だから地震も多いんだって(調べた)。日本も地震大国だから相通ずるところはありますね

 

f:id:chicchi0411:20191120155716g:plain

 

で、津波を食らってすっかりトラウマを抱えてるクリスチャンが家族とギスギスしちゃってるところから始まり、じっくりと予兆を描いて「今来たら絶対やべ〜」っていう状況を完璧に作り出して煽りに煽っていざドーン!っていう感じは予算の限界を感じながらもそこに全てを賭けてる感があって好感が持てました。直接的な爆揺れはそこまで描かずに、地盤がブッ壊れてビルが次々と崩壊していくのを俯瞰で描き出すのはかなり壮大で怖い!そして爆震後にきゃわいすぎる娘ユリアが超危機的状況に陥って、クリスチャンが魂をかけて救出するというシークエンスがまた絶望中の絶望で大変でしたね…見てるこっちも精神がすり減っていく!

 

f:id:chicchi0411:20191120155743g:plain

 

なんですが、ただちょっとみんな日頃の危機管理能力低くねえか!?っていうくらいクリスチャンが鳴らしまくる警鐘を軽んじたり、最後かなりアッサリ終わらせたなっていう感じは少しあったかも。地震の描写に予算使いすぎたか…?まあそれ以外はなかなかスリルに満ち溢れてて良かったです。クリスチャンが次に襲われるのはエイリアン、恐竜、ゾンビあたりですかね?あるとしたら楽しみです(無いらしい)

 

【予告】

 

【関連】

映画感想 - THE WAVE(2015)

f:id:chicchi0411:20191119155425j:plain

THE WAVE

★★★★☆

 

【あらすじ】

ノルウェーの街に巨大津波が襲いかかる〜!な話

 

f:id:chicchi0411:20191119155513g:plain

 

【感想】

北欧産の珍しい災害パニック。前フリをしっかり効かせて発生する80m強の超巨大津波は本作で一撃だけだけど、その破壊力と恐ろしさは折り紙付きで、「やべすぎ〜!!にげて〜!!」と叫びたくなる凄まじい映像でしたね。一発勝負なだけにかなり力入ってたな〜。その中で地質学者クリスチャンに焦点を当てて離れ離れになった家族を救出するというストーリーライン。絶望かつ危機一髪続きの展開は現実的にはそんな都合よく行かないと思うけど、まあそれは映画なんでね。楽しみましょうや。日常が突然失われて襲いかかる津波の前に人間はなす術なく死んでいくという恐怖は日本人なら誰しも身に覚えがあるはず。常に備えと危機管理はしておかなければならないと再認識しましたね。ぶるぶる(震えてかわいい)

 

f:id:chicchi0411:20191119155530g:plain

 

で、津波ができるメカニズムが日本とは全然違って学びがありましたね。ノルウェーは細長い谷と岩山が連なるフィヨルド地形で、その景色は美しいんだけど地盤が不安定で岩山崩落の危険性が常にあるんだって。で、件の崩落が起こってしまい無数の岩石や土砂が海に落ちることで巨大津波が発生するんだと。そして水深が深くて細長いから津波の高さもグングン上がっていくと。へ〜。地震からじゃないんだね。そんなやべーとこの近くに住むな!しかしこういった知識を得られるのも映画の良いところですね

 

f:id:chicchi0411:20191119155555g:plain

 

あと、主人公クリスチャンの渋イケメンもさることながら、娘のユリアたそが全盛期のダコタ・ファニングアイ・アム・サムの時)を彷彿とさせる可愛さで、「娘のために生きよ…」という気分にもさせてくれるのも良かったです。その他生きるためにもがき続ける人々の描き方も熱かったので、続編の「ザ・クエイク」もついでに見るかな。同じ家族が続編では巨大地震に巻き込まれるらしい。津波地震、不運すぎるなこいつら。と言いつつ私も阪神大震災の時は大阪に、東日本大震災は東京にいてダブルで食らってましたね。災害怖いよ

映画感想 - 運び屋(2018)

f:id:chicchi0411:20191119154919j:plain

運び屋

★★★★☆

 

【あらすじ】

仕事に没頭して家族に愛想を尽かされた80代のじいさん。時は流れ人生を注いでやってきた仕事も廃業してしまったが、行くあてもない。そんな中偶然知り合った男から「町から町へ荷物を運ぶだけの簡単なお仕事」を紹介される。無事故無違反安全運転で何度かその仕事をこなして大金を手に入れるが、その荷物とは麻薬だった。運び屋やらされとる!な話

 

f:id:chicchi0411:20191119155010g:plain

 

【感想】

クリント・イーストウッドの年齢を重ねた渋過ぎる演技が光る監督&主演作。この年で兼任できるのもすごすぎる。パワージジイだな。仕事仕事で家族を全部無視して絶縁されたじいさんが麻薬組織の運び屋の仕事を経て、人生において何よりも優先すべきは何かを痛感する…という忘れがちだけど実は当たり前の話でしたね。そんなもんが大事なんて…常識でしょぉ〜が!私にとっては本当に「呼吸を止めると死ぬ」と同じくらい分かりきったことなのに!おばか!バカジジイ!でもこういうことは逆に当たり前すぎて見落としがちになってるということでもありますよね

 

f:id:chicchi0411:20191119155025j:plain

 

でもそれを痛感するに至るプロセスも去ることながら、命令に従わずに自由に運び屋として動くことで逆に捜査の足がつきにくくなるという強心臓、運び屋として知らぬ間にキャリアを積んで登りめていく成長過程、どんなトラブルが起こっても朝鮮戦争に比べたら大したことないという超骨太危機回避など、運び屋としてのスキルが高過ぎるのが面白くてグイグイ引き込まれていきました。開始10分でじいさんのキャラクターや立ち位置、人付き合い関係を全て説明してその3分後にもう1件目の仕事をこなすという電光石火の高速展開も凄まじかったです。作中の時間はゆったり流れてるのに飽きることを認識すらさせない巧みな構成はさすが過ぎる…面白かったな〜!

映画感想 - 殺人の追憶(2003)

f:id:chicchi0411:20191119154355j:plain

殺人の追憶

★★★★☆

 

【あらすじ】

農村地帯の田舎町で拘束された遺体が見つかる。パク刑事とチョ刑事は迷宮入りしたこの事件の手柄を得るため証拠をでっち上げて犯人を仕立て上げるという捏造工作を図る。やがて唯一の熱血まとも刑事ソにより捜査は進むが、犯人の目星もつけられないまま一人また一人と殺されていく…果たしてこの事件は解決するのだろうか?犯人はいったい誰なのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20191119154440g:plain

 

【感想】

先日試写会で「パラサイト」を見た関係でポン・ジュノづいてきており、彼の過去作品を見てみようという気分になって鑑賞。見たことないと思いつつ序盤からなんかこの用水路を覗き込むシーンにデジャブを感じるな…と思ったら、めちゃくちゃ昔に見たことを思い出してしまいました。オチもその瞬間に記憶から蘇ってきて、人間の脳ってすごいな、と思いました(何の話?)

 

f:id:chicchi0411:20191119154505g:plain

 

さてこちら、実在の事件をモチーフにしてるとはいえ、はっきり言いますと「警察、無能かつずさん過ぎ〜!!」てのが第一印象。これが80年代のリアルなのかな。容疑者や証拠をでっち上げ、ニセの自供を促し、飛び蹴り・逆さ吊りなどの暴行、「犯行現場に毛が落ちてない。つまり犯人は陰毛を剃っている!!」という超次元推理など、とにかく警察側がむちゃくちゃなのも面白いんだけど、そんな感じでバカやりつつも何とか食らいついていく捜査がかなり緊迫感が高まり、それを嘲笑うかのように犯行を積み重ねていく過程もなかなか見応えがありました。そしてこれほどまでにやりきれなく、無に帰す切ない結末もないですね…つら…。でもかなりシリアスなシーンの後ろで妻がリングフィットアドベンチャーをやってる楽しそうな音が流れてたのでプラマイゼロでした

映画感想 - ブライトバーン 恐怖の拡散者(2019)

f:id:chicchi0411:20191119153745j:plain

ブライトバーン 恐怖の拡散者

★★★★★

 

【あらすじ】

田舎町に住むブランドンはどこにでもいる少年…ではなく、ふとした瞬間に自分が鋼の肉体、目から怪光線、空中移動などのスーパーヒーローの超基本スペックを持ち合わせる超人であることに気づく。しかし12歳の少年はその力を悪100%で使ってしまう〜!!な話

 

f:id:chicchi0411:20191119153833g:plain

 

【感想】

ジェームズ・ガンプロデュースのダークヒーローホラー。お、お、おもろい!助けて!!超能力を持っていながら性根が腐ったヒーローを民間人がぶちのめす「ザ・ボーイズ」など、こういう感じで「逆」のヒーローが活躍するの目立ってますね。こちらはめちゃめちゃ強い子どもに大人がなす術なくぶちのめされていくというかなり気持ちのいい仕上がりでしたね…ありがとう…!

 

f:id:chicchi0411:20191119153850g:plain

 

何よりも人体破壊描写にめちゃめちゃ気合い入ってて、耐性無い人は目を背けてしまうレベルでやってくれるのがまず素晴らしい(私は食い入るように見ましたが…)!グロのバリエーションも豊富で飽きさせない!そして思春期の子どもということもあり、異性への興味や親への反発といった誰しも経験する「こじらせ」がストーリーに深く関わってるのも最高でしたね。親や親族がブランドンへの愛情を注ぐほど裏目に出てしまう…なんという悲しいすれ違い…

 

f:id:chicchi0411:20191119153912g:plain

 

田舎町ブライトバーンが舞台で展開としてはコンパクトにまとまった感じではあって、もっと「クロニクル」みたいに街を巻き込んでぐちゃぐちゃにしてくれても良かったかな〜とは思いつつ、その後の展開をいろいろ想像させてくれる終わり方も好みでした。期待して予告など全てシャットダウンして臨んだ甲斐があった面白さだったので、実にオススメです!

映画感想 - ペット・セメタリー(1989)

f:id:chicchi0411:20191119153331j:plain

ペット・セメタリー

★★★☆☆

 

【あらすじ】

郊外の一軒家に引っ越した医師ルイスは、家の裏にペット用墓地とその奥に死者を蘇らせる土地があることを知る。ある日ねこちゃんがトラックに轢かれて死んでしまうのだが、件の土地に埋めてみるとねこちゃん生き返った!でも性格が何か違う…。そうこうしてるうちに今度は最愛の息子が轢かれて死ぬ!絶望に打ちひしがれるが、ルイスはもちろん生き返らせようとする…な話

 

f:id:chicchi0411:20191119153420g:plain

 

【感想】

スティーブン・キングの小説の映画化で、ちかぢかリメイク版が公開されるので予習しました。ペット墓地の奥の険しい道を乗り越えたあとの台地に部族の魔法陣があり、そこに死者を埋めると翌日蘇ってくる…というかなりシンプルなストーリーではあるけど、後悔の念や家族への愛、死を受け入れられない様々な感情が混ざり合った果てのルイスの暴走が上手く描かれていて、かなり切なさに満ち溢れてましたね。このルイスの気持ちは誰しも感情移入できる…。残酷な話つくるよなぁ〜

 

f:id:chicchi0411:20191119153437g:plain

 

あと、ルイスが最期を看取って死んだ学生が幽霊となって逐一ルイス家をサポートしたり、長女のエリーが離れた所から第六感でルイスの行動を感じ取ったり、奥さんが家族の死に関して強烈なトラウマを抱えたりなど、キング小説でよく見られる描写も見られてストーリーに深みを出してましたね。あと、終盤に死者の世界から蘇った息子が案の定悪さをするんだけど、生前と同じくかなりかわいくて緊張感があんまり無かったのも好感が持てました。リメイク版ではもう少し年齢が上の長女が死ぬことになるらしいので、蘇りパートはもう少し怖面白くなりそうですね

 

f:id:chicchi0411:20191119153456g:plain

↑生き返った息子。かわいい

 

ラストシーンでかなり切なさに満たされるのに、エンドロールでいきなりラモーンズのゴキゲンなロックナンバーが場違い的に流れるのはさすがにバカヤロって感じですが、リメイク版も楽しみ!

映画感想 - ターミネーター ニュー・フェイト(2019)

f:id:chicchi0411:20191119152948j:plain

ターミネーター ニュー・フェイト

★★★★★

 

【あらすじ】

未来から殺戮兵器ターミネーター「REV-9」がやってきた!目的は、現代に生きる平凡な女性ダニーを殺すこと。何故だ!?!?そんなダニーを守るため、これまた未来からダニーを守る女性グレースもやってくる!そしてターミネーターのいるところに何故かやって来るサラ・コナー!!さらにシュワちゃんまで!!何故だ!!!一体どうなる!?!?な話

 

f:id:chicchi0411:20191119153034g:plain

 

【感想】

ターミネーターシリーズの、「2」の続編とのことです。最近こういう他の続編をいったん無視した正統続編ってパターン多いな。で、大まかなあらすじが「2」と全く同じ!!こんなことあります!?!?ただ、言わずもがなの伝説的最高のシナリオに、現代で実現できうる超絶映像技術の全てを注ぎ込んで1200%グレードアップを果たしたとしたら、それはどうなると思います?もうお分かりですね?それは全てが最高!!!ということ!!!ウワーーー!!!満足度たっけぇ〜!!

 

f:id:chicchi0411:20191119153052g:plain

 

「2」で溶鉱炉に溶けて完全に消えたシュワちゃんをどういう風に続編に「自然に」出すのかというところが疑問ではあったけど、ほうほう…こうきますか……ふむ…、強引…!ではあるんだけど、「2」から20年リアルに経過した状況がサラ・コナーの行動原理に深く絡みついてシュワ&サラがダニー&グレースとともに行動するという流れは、脚本家たちよう考えたな〜〜と感心。現代のクリエイター陣、相当レベルアップしてません?もしくは「2」をリアルタイムで見た世代が20年の時を経て製作側に回ってるから?そうだとしたらこんな素敵なことはありませんね…(知らんけど)

 

f:id:chicchi0411:20191119153111g:plain

 

あとはやはり「強い女性」が近年さらに色濃く前面に押し出されてましたね。もう男だけが女だけがとかいう時代は終わったな。ダニー!グレース!サラ・コナー!三者三様・個性バラバラな強女!そしておまけのシュワ!惚れ惚れしますね…あ〜面白かった!最高!世間の評判は知らん。俺がおもろいと思ったらおもろい!!これが全て!

映画感想 - パラサイト 半地下の家族(2019)

f:id:chicchi0411:20191119152425j:plain

パラサイト 半地下の家族

★★★★★

 

【感想】

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会にて。いつもありがとう…今回はFilmarksにお誘いいただきました。選ばれし者…。で、結論から言うと「超次元アルティメットおもろ映画伝説」と言わざるを得ないほどに最高でした…どういう思考回路の果てにこんなシナリオ思いついたんだ?と叫びたくなる、予想なんか出来る訳がない超展開につぐ超展開!

 

f:id:chicchi0411:20191119152534g:plain

 

テンポ良くタイトル通りの「パラサイト」が進んでいきながら「この状況ならこういう展開になるのかな〜」という浅はかな予想が余りにも幼稚になってしまう、中盤からの怒涛の畳み掛けがヤバすぎる!それでいて爆笑の台詞回し、二転三転して迫りくる危機、絶対に予想できないツイスト、そして驚天動地・阿鼻叫喚のクライマックス!!全てが規格外で「ポン・ジュノ、あんた最高や…あんた最高やで!!」と伝えたくなるクオリティでした

 

f:id:chicchi0411:20191119152553g:plain

 

そのことを伝えたい…と思ったら、見終わった後の会場にサプライズでポン・ジュノ監督がひょっこり登壇してきてさらに驚きました。なに!?夢!?わしゃ夢でも見とるんか!?いや、本物でした。あんた最高やで(心の中で叫んだ)!そして監督本人から「お願いからネタバレだけはやめてね」と口を酸っぱくして言われたので私はこれくらいしか書けませんが、とにかく「あらすじを読まず、予告も見ず、他のレビューを見ず、無の状態」で見てください…敬具…

映画感想 - ダークタワー(2017)

f:id:chicchi0411:20191119151846j:plain

ダークタワー

★★★☆☆

 

【あらすじ】

NYに住む少年ジェイクは毎夜「黒い塔」「拳銃使い」「黒衣の男」が出てくる夢を見まくって、現実世界にもその夢で見た化け物が潜んでいるという妄想を抱き、親から「こいつやべ〜」と思われていた。しかしふとした瞬間に発見した「ポータル」を通じて別世界へ導かれると、そこで夢に見た拳銃使いに出会う。夢じゃなかった!しかしそこに黒衣の男も現れて…な話

 

f:id:chicchi0411:20191119151928g:plain

 

【感想】

スティーブン・キングの長編小説の映画化で、最近ネトフリに入ったので見た。原作は7部構成のところを90分にギュギュッとまとめてるっぽいですが、原作知らずの自分が見ても「めちゃ端折りまくってるんだろな〜」ってことがわかるくらいの急ぎ足な構成でしたね。夢見がちな少年が夢の内容を絵にして、そこでみた化け物がこの世界にいる…と妄想し、さらに時空を超えた別の世界に転送されて一気にファンタジー色が強くなるという中二病をこじらせ過ぎたストーリーラインと、ガンスリンガー(この名前ですでにカッコイイ)のローランドが放つガンアクションはかなり良かったですが、この世界観はやはり映画で表現するのは無理があったかな…とは思いました

 

f:id:chicchi0411:20191119151947g:plain

 

で、本作はキングの諸作品の集大成らしく、原作では他作品とかなりリンクしてるらしいですね。いま話題のペニーワイズもこの世界と繋がっていて、劇中でもその要素がちょこっとあったのは良かったです(ストーリーに影響ないけど)。とは言え、やはりドラマでじっくり見たい!っという気分になっちゃいましたね。二丁拳銃アクションはこれまたこじらせ中二病マインドが爆発してめちゃめちゃカッコイイけど終盤にかなり勿体ぶってたり、「リベリオン」がめちゃめちゃ好きなのでそっちと比較してしまったり…。マシュー・マコノヒーの悪役はかなりハマってたけどね

映画感想 - キング(2019)

f:id:chicchi0411:20191119151143j:plain

キング

★★★☆☆

 

【あらすじ】

15世紀。イングランド国王ヘンリー4世の息子であるハルは王位継承に興味がなくダラダラ過ごしていた。そんな折、父の容体が急変して死亡。ハルがヘンリー5世として王位を継ぐことになった。方々に戦争をふっかけ国中に混乱を招く父の姿を見ていたハルは、そういうのはもういいんす、とばかりに内政を整理し、近隣国との因縁に決着をつけていく…な話

 

f:id:chicchi0411:20191119151317g:plain

 

【感想】

イケたメンの次世代スーパースターをほしいままにしているシャラ〜メ君が主演の歴史もの。ヘンリー5世の話はかなり痛快で、何度か映画化されてるんだって。まっっったく知らずに見たな。なんなら歴史も興味ないくらいだし。さらに言うと原作はシェイクスピアの戯曲らしい。知らねっ!そういう史実をもとにしているドラマなので、物足りなく思う人はいるかもしれませんね。とにかくシャラメがあまりにもイケメンすぎて他が印象に残らないぐらいです

 

f:id:chicchi0411:20191119151422g:plain

↑ここもすごい

 

剣や弓矢での戦いも、バーフバリみたいな爆裂アクション性はなく「実際のところはこんな感じなんだろなー」という、おしくらまんじゅうでもしてんのかってぐらいギュウギュウに集結してたけど、その中でシャラ〜メが泥にまみれながら敵を地道に倒していく長回しのシーンはなかなかよく頑張ったな…という感じでした。あと、個人的にはあんだけフラフラして王位継承なんかする気もないと言ってたハルが、いざ継承したら人が変わったかのようにあれするこれすると国を動かしてて、そんないきなり変われるもんなのか!?と思ってしまったな。それが王になり得る男の才能というものか…とにかくシャラメのイケメン具合を堪能したい方は是非。俺を100とするとシャラメは98ぐらいまで来てるという計算がはじき出されたぐらいなので…