にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - IT(1990)

f:id:chicchi0411:20171016110138j:plain

IT

★★★★☆

 

【あらすじ】

アメリカの田舎町デリーに悪魔ペニーワイズ。そいつに弟を殺されたビル少年は、6人の仲間たちとともにひと夏の冒険の果て、見事ペニーワイズを撃退することに成功する。その後「あいつがまた出たら集まろう」という約束をし、30年。デリーに残っていた仲間の一人マイクは、子どもが殺される不可解な事件を目撃し、「あいつが現れた」と確信する。散り散りになってそれぞれ成功を収めていたビル達は、マイクからの一報を受けて、全てを投げ出してデリーへ戻ってくる。ペニーワイズの悪夢から逃れられるのか…?

 

f:id:chicchi0411:20171016110649g:plain

 

【感想】

1990年のやつ。今年リメイク版が公開されるので、予習を兼ねて鑑賞。ペニーワイズ怖すぎるんですけど〜〜〜〜。公開当時、ピエロ恐怖症になる人が続出したという噂があるほどに、ペニーワイズの圧倒的ビジュアルショック。それに尽きますわな。

 

f:id:chicchi0411:20171016110851g:plain

ウッ

 

f:id:chicchi0411:20171016110918g:plain

墓を掘るな

 

f:id:chicchi0411:20171016111002g:plain

やめてくれ

 

で、上映時間が圧倒的3時間。長い。昨今の映画の2本分。前半はマイクからの電話を受けて仲間たちが集まる決意をし、各人のペニーワイズ恐怖エピソード回想が人数分差し込まれていく構成。キャラクター造形をしっかり深掘りしてそれぞれに感情移入させてくれるのが良かった。しかも各エピソードもかなりしっかりしており、ペニーワイズのインパクトもあって冗長にならずかなりポンポン見れるのも何か不思議だったな。「ランゴリアーズ」の時もそうだったけど、スティーブン・キングのめちゃめちゃ長い映画は、尺の割にスッと入り込んでいけるのが良い。また、「ルーザーズクラブ」と呼ばれていじめられていた弱虫7人が結束していく過程を描いていて、さながらスタンド・バイ・ミーのようなジュブナイル系青春モノとなっており、友情ってええな…と思わせてくれましたね。そして時折差し込まれるペニーワイズ。やばい。

 

f:id:chicchi0411:20171016111857g:plain

 

後半は再び集まった仲間たちがペニーワイズを倒すために奔走するんだけど、終盤の展開はちょっと悪い意味で「うせやろ…?」となってしまったな。あのピエロのままで良かったのに、何故か形態が変わってしまって、何の変哲も無いホラー映画になってしまった。スティーブン・キングの作品は自身のトラウマが盛り込まれているらしく、この形態も幼少ならトラウマになるだろうけど、いや…ピエロでいいでしょ…。ちょいちょいちょい、と思いました。リメイク版はどうなっているのか気になるところですね。とにかくペニーワイズ怖すぎ!以上です

 

【予告】

 

映画感想 - パージ:大統領令(2016)

f:id:chicchi0411:20171010164154j:plain

パージ:大統領令

★★★☆☆

 

【あらすじ】

人々の荒ぶる精神を解放して犯罪を抑制するための「1年に1回、12時間だけ全ての犯罪が許される」というめちゃくちゃな法律「パージ法」が制定されて数年。パージ法の裏の目的として「貧困層や社会的弱者の効率的な抹殺」が明るみになる中、この法により家族を皆殺しにされた過去を持つローン上院議員がパージ法廃止のために大統領選挙に出馬する。しかしパージ賛成派の魔の手がパージの夜に襲いかかる!シークレットサービスのレオはローンを守りながらこの地獄の一夜を過ごすことができるのか?

 

f:id:chicchi0411:20171010170316g:plain

 

【感想】

前提がめちゃくちゃ過ぎる「パージ」シリーズの第三弾。今回はパージ反対派の上院議員を生かすために二作目で頑張った傭兵レオ(名前が無かったのに今作では与えられた)がまたしても頑張る話。やはりパージの夜を彩る狂った暴徒のビジュアルが余りにもカッコイイのがしびれまくります。

 

f:id:chicchi0411:20171010170841g:plain

電飾まみれの狂った車から出てくる黒人女

 

f:id:chicchi0411:20171010170727g:plain

首吊りの木の前で踊り狂う女

 

f:id:chicchi0411:20171010170811g:plain

様々な仮面…

 

いいですね…このビジュアル。そしてレオ&ローンとともに、とある商店のおやじと行きつけの客たち、さらにパージ反対派の勢力とも合流して危機を脱出してくという流れなんだけど、やっぱりアレですね…。3作目ともなると設定に慣れてしまい、かつ「レオとローンは絶対に殺されないだろうな」というお約束が強まってるせいで、いまいち危機感が薄れてしまうなと思いました。もっともっとピンチになって「ほんまにやばいかも…」ぐらいめちゃくちゃにやってくれると見てる側としてはハラハラするかな〜。あと今回はパージ法を作った極右政党NFFAを根源的な悪の枢軸として描くことに時間を割いてるため、どうしても街中で出てくる悪人達があまり深掘りされなかったような。もうちょっとその辺の細かいところを私は見たい。そう思うと前作と比べると割とアッサリしていたような気はする。まあ狂った夜のビジュアルはかなり鮮烈なのでそこは良かったな。

 

ちなみに、4作目も作るらしい…。もういいけどやっぱり見ちゃう、「ソウ」的な流れになってきた。

 

【予告】

 

 

【関連】

 

映画感想 - 猿の惑星:聖戦記(2017)

f:id:chicchi0411:20170822132957j:plain

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

★★★★☆

 

【あらすじ】

人間を憎んだ猿・コバによって引き起こされた人間と猿同士の戦争は悪化の一途を辿り、今日も各地で戦闘が行われていた。リーダーのシーザーは、「そっちが攻めてこんかったら何もせぇへんから放っといて〜な」という穏健派であったが、ある日猿達の要塞が軍隊に攻め込まれ、シーザーの妻と子が大佐によって殺されてしまう。完全にブチ切れたシーザーは復讐を誓うが、コバと同じ道を辿るわけには…と葛藤する。果たしてこの戦争に終わりは来るのか…。

 

f:id:chicchi0411:20170822133922g:plain

 

【感想】

猿が知恵を持ってそこから人間社会に殴り込みをかける「創世記(ジェネシス)」、猿から裏切り者が出て人間たちとの戦争に発展する「新世紀(ライジング)」ときて、戦争の決着とシーザーの心の葛藤を描いた「聖戦記(グレート・ウォー)」。序盤から山の斜面でド迫力の戦闘シーンに始まり、シーザーの妻子殺害、そして多くの猿が収監されている人間たちのベースに攻め込んで復讐を行う…という流れではあるものの、シーザーの内面の心の動きを非常に綿密に描いているのが印象的でした。ただでさえ「新世紀」で「猿は猿を殺さない」という鉄の掟を破って人間を憎みまくるコバを殺したことで苦悩しまくってたのに、さらに人間に復讐しちゃったら「お前も人間を憎むこっち側やないかい」となってしまうからね。そんな感じでシーザーのズタボロになってる心をさらにめちゃめちゃエグッてくるのが見ててつらぽよだったな〜。コバのように人間を殺すような同類になることは絶対に避けたい、しかし妻子を殺されてこのまま黙っていられるの…?と気が狂いそうになジレンマを乗り越えての復讐劇がどういう結末を迎えるかは、その眼(まなこ)で確かめてくださいませ。

 

f:id:chicchi0411:20170822141613g:plain

 

CGの技術は最早言わずもがなで猿の細かい表情や風になびく毛などはもう実際に猿に演技させてるのではと錯覚するほどのクオリティ。対する人間達のトップである大佐を演じたウディ・ハレルソンも非情なカリスマとして役目を全うしていて最高だったな。対して新キャラのバッドエイプが結構ギャグキャラだったのが気になった…。人によってはいい感じに和ませてくれるかもしれんけど、個人的には今までの二作はかなりガチで重い雰囲気で走り続けてきたのが好きだっただけに、中途半端なお笑い要素いらん〜!とは思ってしまったな。吹替え声優も柳沢慎吾ってところでだいたい言いたいこと分かるかと。

 

f:id:chicchi0411:20170822141732g:plain

 

前二作を見ていることが条件だけど、事前に予習してからこの完結編は見るとよいと思います。シーザー率いる猿達の長い長い旅がようやく終わり、本家「猿の惑星」につながるような目を見張るラストなので…。いまふと思ったけど、ティム・バートンが監督した2001年の「猿の惑星」って、一体何だったんでしょうね。

 

【予告】

 

映画感想 - マッド・タウン(2016)

f:id:chicchi0411:20171005152023j:plain

マッド・タウン

★★☆☆☆

 

【あらすじ】

秩序が崩壊した現代。アメリカでは犯罪者に「バッド・バッチ」という烙印を押し、フェンスの外の無法地帯に放り出すという政策をとっていた。そんなバッド・バッチとして荒野を歩く美女アーレンだったが、無法地帯の集落「ブリッジ」に生息する人食い人種にあえなく捕らえられ、開始5分でいきなり右腕と右足を斬られて食われてしまう。必死の抵抗で逃げ出してまた別の集落「フォートレス」に身を寄せた。

5ヶ月後、義足でのフォートレス生活が慣れてきたある日、廃品置き場でものを漁っていたブリッジ出身の女と出会い、アーレンはそのまま撃ち殺してしまう。彼女には小さい子どもが同伴していたが、さすがに撃てないのでアーレンが連れて帰ることに。一方ブリッジでは自分の子どもが帰ってこないことを心配した巨漢マイアミ・マンがフォートレスへ向かう。一体どうなるのか…?

 

f:id:chicchi0411:20171005153233g:plain

 

【感想】

「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」で全く新しいヴァンパイア像を創り上げたイラン系アメリカ人監督アナ・リリー・アミールポアーの新作。全米劇場公開したけどNETFLIXオリジナルとして配信。前作で凄まじかった超絶的な映像センス+音楽センスの腕前は今作でも飛躍的にパワーアップしており、ベタな言い回しだけどどこを切り取っても画になるという感じの美麗さ。ただストーリーは全然意味が分からないので終始「?」が頭の中に飛び交っていました。結局すべて何やったんやと言わざるを得ない感じ。魅せ方は本当にうまいんだけど、話が追いついてない気がしたな〜う〜ん。片腕のないキービジュアルはかなり意味深なだけに、もっと単純明快にしてほしい。

 

f:id:chicchi0411:20171005154609g:plain

 

あとは、キャストが異常すぎるほどに豪華なのがすごかった。マイアミ・マンが「アクアマン」のジェイソン・モモアだし、フォートレスの全くしゃべらないブリーフ姿のDJが「ローグ・ワン」でキャシアン役(ほぼ主役)のディエゴ・ルナだし、フォートレスを統べるめちゃくちゃ胡散臭いボス(召使いの女中6〜7人を全員孕ませてる狂人)が何故かキアヌ・リーヴスで、さらに劇中一切しゃべらないボロボロのホームレスがジム・キャリーというまったく訳の分からない使い所。どないなってんねん。

 

f:id:chicchi0411:20171005155023g:plain

キアヌ

 

f:id:chicchi0411:20171005155114j:plain

ジム・キャリー

 

超絶的センスであるものの、演出に回ってもらって監督と脚本は別にした方が良くなるのではないかな…と思った。頑張ってほしいです。

 

【予告】

 

 

【関連】

 

映画感想 - イップ・マン 継承(2015)

f:id:chicchi0411:20171003143859j:plain

イップ・マン 継承

★★★★☆

 

【あらすじ】

家族と平和に暮らしていたイップ・マンは、ある日チョウという車夫に出会う。彼も詠春拳の使い手で、いつかは自分の武館を持つという夢を抱いていた。そんなある日、イップ・マンの息子が通う小学校の土地がアコギな地主のせいで再開発という名目での取り壊しを要求される。イップ・マンは不当な行いに黙っておられず、弟子を率いて自警のために奔走する…!

 

f:id:chicchi0411:20171003145013g:plain

 

【感想】

イップ・マンの三作目…!今回は「不当な地上げを行う奴らとの戦い」「詠春拳の正統後継者として台頭する奴との戦い」「病魔に倒れた妻との絆」を織り交ぜて展開してくれておった。相変わらずイップ・マンは最強過ぎる上にその強さに驕らないカッコ良さを兼ね備えており、3作目も最高潮の格闘を見せてくれましたよね。

 

f:id:chicchi0411:20171003145549g:plain

 

今回の一番最高のバトルは、エレベーターの中で奥さんを守りながら凄腕の刺客と戦うシーン。ここはマジで泣ける!!!!!ここだけでイップ・マンがこれまで歩んできた人生の全てが凝縮されており、何度も巻き戻して見るほど最高でしたよね…。実際二回見た。うっうっ…。いま思い出しても泣けてくるし、カッコイイ…。この家族への愛が今作のテーマでもあった…。

 

f:id:chicchi0411:20171003151247g:plain

 

あと地上げ屋のボスを何故かマイク・タイソンが演じており、ボクシング対詠春拳という夢のようなカードが組まれたんだけど、様々な大人の事情があったんだろうな〜というのが簡単に想像できるほどに消化不良な戦いであった。天下のマイク・タイソンに勝つのはいくら詠春拳といえどメチャクチャな気もするし、正味な話なくてもよかったような。やっぱり地上げ屋とのバトルと、野望に燃えたライバルとの詠春拳を賭けたバトルの二軸があまり噛み合っておらず、少しちぐはぐなストーリー展開になっていたのはあったかもしれない。一作目の必然性の塊のようなバトル&ストーリー構成が本当に見事だったと思わせてくれましたね。とはいえ、とにかく強すぎるイップ・マンの活躍は3作目になっても色褪せることは無し!是非とも御覧ください。

 

f:id:chicchi0411:20171003152046g:plain

 

最後に戦うチョウは、「ドラゴン・マッハ」でラスボスを務めたスーツ姿でめちゃめちゃ最高に強かったマックス・チャンです。どんだけ引っ張りだこ〜

 

【予告】

 

映画感想 - THE BITE 変身する女(2015)

f:id:chicchi0411:20170920174637j:plain

THE BITE 変身する女

★★★☆☆

 

【あらすじ】

結婚が決まっているケイシーは、女友達二人とともにコスタリカで最後の独身旅行を楽しんでいた。マリッジブルーになりつつも現地の若者に聞いた秘境の湖で遊んでいると、水中で何かに噛まれてしまった。帰国後、傷口は化膿して体調が日に日に悪くなっていき、気づいたら風呂の水の中で寝ている時もあった。そこらじゅうの皮膚がさらにただれて、次第にイクラみたいなつぶつぶが体から出てきたりして、とにかくもう人には見せられないほど気持ち悪く変貌してきてしまった。一体なんなの〜!

 

f:id:chicchi0411:20170920175440j:plain

 

【感想】

何の罪もない女がどんどんひどい目にあってしまう系ホラー。「スリーデイズ・ボディ」「スペル」とかを思い出す系列ですね。何かに刺されてしまってろくに治療しないまま、イクラみたいなのを吐き出し、ねっちょねちょの体になり、膿が飛び出すなど、ありとあらゆるキモさを凝縮して描いているのは気の毒で良かった。でも私はかなり冷静だったので、ケイシーどのがひどくなっていく様子を見て、「そりゃそうだろ。病院行けや」と終始思っていましたよね。あと、海外で感染症にかかったら空港でめちゃめちゃ止められて診療されると思うんだけど、その辺も完全スルーしていたのも興味深かった。いくらこのプロットで攻めたいとはいえね…何とかうまくしてほしかった!

 

f:id:chicchi0411:20170920175914j:plain

 

病原菌を持って帰国してくるストーリー部分の無茶がある代わりに、前述の変貌していく様子はかなりキモグロにステ振りしていて良いです。虫みたいにカタカタと音を鳴らしながら首をクイクイ動かしたり、自室が際限なくねっちょねちょのぐっちょぐちょでイクラみたいな変なつぶつぶだらけになっていったり、攻撃性も飛躍的に上がって今まで自分をバカにして裏切ってきた奴をぶっ殺しまくったりする辺りはなかなかスカッとしましたよね。とにかく可哀想すぎるんだけど、まあ体に少しでも異変が起きたらすぐ病院に行こうね、と思わせてくれる良作でした。ちなみにケイシーの体つき、かなり粗末ではある。

 

【予告】

あと予告を分かるとおり、やたらムカツク顔のアジア人女が出てくる 

映画感想 - スイス・アーミー・マン(2016)

f:id:chicchi0411:20170612144626j:plain

スイス・アーミー・マン

★★★★☆

 

【あらすじ】

無人島に漂流したハンクは人生の詰みを感じて首吊り自殺をしようとする。恐怖をかき消して鼻歌を歌い、いざ…という時に、目の前の砂浜に人間が流れ着いているのを発見した。

 

f:id:chicchi0411:20170612144840g:plain

 

生きてるかどうか確認したものの、完全に心臓は止まって息もしてない溺死体だった。ちきしょ〜!と思ったけど、死体からやけに屁が出ている。なに?止まらないどころかどんどん勢いが強くなっていく。どうにもこうにも止まらないんで試しに水面に流してみたところ、屁の推進力で進んでいった。これに乗って脱出できる…?

 

f:id:chicchi0411:20170612145055g:plain

 

脱出だ〜〜!みたいな感じで、謎の万能死体とともに生き延びる話

 

【感想】

海外での公開当時、日本でもめちゃめちゃ話題になった死体のダニエル・ラドクリフが大活躍するバディ・ムービー。屁の推進力で海を突き進むというコロコロコミックでもやらないようなギャグ描写とともにタイトルロゴがバーン!と出る演出が謎のドヤ感がすごくてめちゃめちゃ笑ってしまいました。マニーと名付けた死体は、他にも口から飲める水を出し、ボウガンみたいに矢を飛ばし、丸太を叩き割り、指で火をおこし、チンチンがコンパスになる、まさにスイスアーミーナイフのような万能さを誇り、さらにそこからハンクのスマホの待受画面に設定していた女性を見て「この人、何かを思い出すかも…」と記憶を辿っていく過程が丁寧に描かれてます。死を覆して生を得た死体と、死に最も近い生者との奇妙すぎる友情がこの映画のキモでした。

 

f:id:chicchi0411:20170612151010g:plain

 

ハンクは世間から離れた異世界で出会って自分を助けてくれた死体に徐々に友情を超えて惹かれていくものの、マニーは思い出せるかどうか分からないスマホ画面の女性に惹かれていく…みたいな感じで、中盤からすれ違い的なBL要素が強まっていき、「ダニエル・ラドクリフの万能死体」というアイデア一本で終わらないストーリーもなかなか面白いんだけど、生きるとは、恋とは愛とはといった哲学的な思想を語る描写がやけに多く含まれていって、ちょっとだけだるっとしてしまったのは否めなかったかな。とはいえ「これ腐女子歓喜やな…」と思うシーンも多々含まれているので、腐女子の皆さんにおかれましては早めのご鑑賞をお願いしたいところです。

 

https://68.media.tumblr.com/01684ddaeb4366df4a310df7c4d5c6f3/tumblr_ohsm9sYSuy1s7xfipo7_400.gif

 

死体と旅を続けるヘタレな負け犬ハンクを演じたポール・ダノも、またナヨナヨした感じで腐女子に人気が出そうな感じなんだよな。 幸あれ。しかし尖った映画だったな…。

 

【予告】

映画感想 - ダンケルク(2017)

f:id:chicchi0411:20170918112027j:plain

ダンケルク

★★★★★

 

【あらすじ】

第二次世界大戦ダンケルク海岸に追い込まれた連合軍40万人が、チャーチル首相の指揮のもと、史上最大の撤退作戦を敢行する。陸で助けを待つトミー二等兵、船で救助に向かう民間船、空で敵を迎え撃つファリアの3つの視点が交錯する。

 

f:id:chicchi0411:20170918112439g:plain

 

【感想】

戦争怖い、それだけ

 

f:id:chicchi0411:20170918112536g:plain

 

f:id:chicchi0411:20170918112600g:plain

 

余りにも怖すぎて、ちびったおしっこが即乾くほどです。1時間40分一息つく暇が一切なく畳み掛ける緊迫感で、見たあとはも〜ヘトヘト。血どころか、敵キャラも一切出ないのにこんなに敵の攻撃が恐ろしいと思うことある!?登場人物の背景も極限まで削ぎ落とすことで本当に概念的な戦争を描いているのがものすごく印象的ではあったな。すごすぎ。

 

f:id:chicchi0411:20170918112847g:plain

 

ただ限界以上にセリフや状況説明をカットしているので、「ダンケルクの戦い」あたりのwikipediaは事前に読んでおいたほうがいいかなと思いました。日本人にとってはあんまり馴染み深いわけではないからね。それでもめちゃめちゃ緊張するけど…。MX4Dで見ると海に飛び込むたびに顔に水がかかってメガネが曇るので、神経質な方はそこだけお気をつけください。敬具

 

【予告】

映画感想 - サウスバウンド(2015)

f:id:chicchi0411:20170905102207j:plain

サウスバウンド

★★★★☆

 

【あらすじ】

辺鄙な田舎町を舞台にした、5つの奇妙な話

 

f:id:chicchi0411:20170905102509g:plain

 

【感想】

5話構成のオムニバスホラー。「V/H/Sシンドローム」の制作陣がけっこう関わってるだけあってホラー描写はなかなかだけど、全体的には結構謎が残る展開なのでストーリーが完全解明しないと気が狂う人はやめといた方がよいかも。また、場所、登場人物などが次の話に引き続き出たりしていたもののそこまで密接に関係は無く、むしろ単体としてそれぞれのストーリーを見るのが正しい楽しみ方かな。でもこの薄っすらつながっている感じと、この海外版のポスター(一番上の画像)がめちゃめちゃクリエイティビティにあふれてて良いんだよな〜。以下、各エピソードのあらすじ

 

■The Way Out

f:id:chicchi0411:20170905102835g:plain

血まみれの男二人が荒野を車で走っていたが、走れども走れども、途中に寄ったガソリンスタンドを起点にして、無限にループしてしまう…。なんで〜!ていう話。不穏な空気と、謎のクリーチャーのビジュアルと存在感が最高だし、人の殺し方もなかなか残忍。監督は「V/H/Sシンドローム」の第4話「10/31/98」を監督したラジオ・サイレンス。

 

Siren

f:id:chicchi0411:20170905104134g:plain

荒野を旅するガールズバンド3人組だったが、車がパンクして動けなくなり、携帯もつながらないのでどうしたもんかとしているところに通りがかりの老夫婦の車が。無理を言って何とか乗せてもらったが、めちゃめちゃきもい肉の塊を食事で出され、キリスト教ではないめちゃめちゃ怪しげな食前のお祈りをし、めちゃめちゃきもい顔の双子とともに食卓を囲んで、3人顔が引きつるのであった…一体どうなる?な話。真ん中のセイディ役の人、「キッズ・リベンジ」に出てたファビアン・テリースさん(かわいい)で、このエピソードは良かった。左のハンナ・マークスさんもNETFLIXの「私立探偵ダーク・ジェントリー」に出てたし。

 

■The Accident

f:id:chicchi0411:20170905104633g:plain

色々あってきもい老夫婦の家から逃げ出してきたセイディは、道で助けを求めようとするものの、脇見運転をしていた車に思いっきりぶっ飛ばされてしまった。ぶつけた男ルーカスは焦りながらも彼女を病院に連れていくが、何故か無人。電話で救命救急センターの女と会話を続けて来てもらおうとするも、「遠いし緊急だから、今から電話で伝えるし自分で処置しろ」とメチャクチャなことを言う。果たしてセイディの命は助かるのか…?ファビアン・テリーヌさんがひどい目にあうエピソード。薄ら寒い雰囲気と、突然窮地に追い込まれた男の焦燥感がかなり面白かったです。

 

Jailbreak

f:id:chicchi0411:20170905105730g:plain

ルーカスと電話で話していた女がバーに入ると、突然銃を持った男が乱入してきた。「妹を探してる」とのこと。果たして妹は見つかるのか…?この話だけあんまり覚えてないな。

 

■The Way In

f:id:chicchi0411:20170905112011g:plain

とある家族が外食を済ませて田舎町の別荘に戻るが、3人の暴漢に突然襲われる。一体目的は何なのか?ラストの話だけあって派手なクリーチャー演出が非常に素晴らしく、さらに第1話にループしていく構成なかなか良かった。第4話の記憶がほとんど無いだけあって、割とこの展開はテンションあがったな。

 

全体を通してとにかく不条理で不都合なことばかり起こる、その雰囲気がかなり良かったな。謎の儀式、きもい双子、無人の大病院、まばたきするタトゥー、ラジオから聞こえてくる謎の放送、無限ループ。くれぐれも深く考えず、各エピソード単体で見ましょう!

 

【予告】

 

【オムニバス】

POVオムニバスの走り

 

良い

 

最後に三部作の良エピソードで打線組みました

映画感想 - デスノート(2017)

f:id:chicchi0411:20170828190017j:plain

デスノート

★★★☆☆

 

【あらすじ】

高校生のライトは、ある日一冊のノートを拾う。なんでも名前を書くと死ぬ「デスノート」らしい。そのノートについていた死神リュークを手なづけながら恋人ミアとともに悪人を粛清する「キラ」となるのだが、探偵のLが黙っちゃいない。一体どうなる?

 

f:id:chicchi0411:20170828190210g:plain

 

【感想】

誰もが知ってる漫画デスノートの、NETFLIXオリジナル単品映画。1時間40分で知略の限りを尽くした死闘が最大の魅力である原作を忠実に再現するのは絶対に無理なので原作厨が叩きまくってますが、単品映画としてこれでこれで面白いと思います。アダム・ウィンガード監督はよく頑張ったと思うけど!相棒のサイモン・バレットは脚本で参加してないんだろうか。

今作では「ライトは恋人ミアと最初から共闘して悪人を裁く」という点で、ミアがどんどん暴走していくところをライトが比較的に止める立場になっているというライトVSミアの関係性も原作にはない感じで新鮮だった。やはりノートは一人で持ってしかるべきだろ…みたいな。そして「Lが黒人で結構感情的」っていうのがやはりめちゃめちゃな違和感ではあった。黒人なのはまあ問題ないしうまく演じていたと思うんだけど、さすがにLは常に冷静沈着、全てを記憶し推理して追い詰めていく過程が熱かっただけに…そこは…。

 

f:id:chicchi0411:20170828191737g:plain

 

あとワタリが「ワタリ」という名前だけで操られたり(ノートはフルネーム必須じゃなかった?ワタリは本名じゃないだろ)、リュークが観覧車をぶっ壊して殺そうとするなど、死神の立ち位置もややあやふやで、原作はいったん置いといたとしてもこの中にすでにほころびがあったのが気になった。知能偏差値をさげ、エンタメ偏差値を上げた仕上がりはまあ良いと思うけど、その辺の違和感はないようにしてほしかったな!まあそれでもうまいところはうまいので、見てみてもよいかと思います。あと残虐描写がけっこうキツめなのは良い。

 

【予告】