にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - 来る(2018)

f:id:chicchi0411:20181211131656j:plain

来る

★★★★☆

 

【あらすじ】

妻と娘とともに幸せな家庭を築いている満点イクメンパパ田原は身の回りで奇々怪々な現象に悩まされており、オカルトライター野崎に相談する。野崎の紹介でキャバ嬢霊媒師マコトの協力を仰ぐが、田原家に取り憑く何かの力はえげつないものであった。果たして田原はこの脅威を撃退し、パパブログの更新を続けられるのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20181211131741p:plain

 

【感想】

恐縮ながら邦画はあまり見ないんですが、何となくアンテナが反応したので見てみました。ふむ…ええやんええやん…としみじみさせる完成度であまり期待してなかっただけに良さを感じました。まず皆様にお伝えしたいのが、「片目が白眼」「片腕」「背中にいかついド刺青が入ってる」「祈祷師」の『柴田理恵』が登場して、その瞬間にテンション爆上がりしました。要素乗せすぎ!普通の人なら軽く積載量オーバーなんですが、そこは柴田理恵、完全に最高でした…これだけでも見てほしい!すごいから…

 

f:id:chicchi0411:20181211131931j:plain

 

「何か」につきまとわれる陰湿なおばけ的恐怖感の描き方が良く、声色を変えて騙して揺さぶってきたかと思えばストレートに血のついた手でガラス戸をバーン!と叩くなど、表現力はなかなか。実際にあんな目に遭ったら怖いし嫌すぎるよな〜!それに加えて人間自身が生み出す胸糞悪い最悪なカルマみたいなもんがおばけ的怖さと二軸になって絡み合う演出は個人的には好みでした。割合でいうと[おばけ恐3:人間嫌5:エンタメ2:柴田理恵5000]て具合かな

 

f:id:chicchi0411:20181211131951j:plain

 

あまり深く言うと興を削いでしまうのですが、終盤いよいよ除霊するぞ!というところの祈祷シーンはめちゃくちゃ凄くて笑ってしまいました。「哭声」に勝るとも劣らないそのインパクトに思わずゴイゴイス〜!と叫びたくなりました。気になったらぜひ、あの柴田理恵の勇姿だけでも確認していただければと思います。いや、妻夫木聡黒木華、岡田くん、小松菜、松たか子、京都弁の奴、イジられ後輩などメインキャストはみんなめちゃくちゃ良かったよ!敬具。あ、スタッフロールの短さも潔くてよかった!

 

【予告】

映画感想 - アクアマン(2018)

f:id:chicchi0411:20181211130446j:plain

アクアマン

★★★★★

 

【あらすじ】

海を汚す地上人に堪忍袋の緒が切れた海底人が侵略を始める!その争いを止められるのは、地上人と海底人の混血であるアーサー、いや、「アクアマン」だっ!

 

f:id:chicchi0411:20181211130531g:plain

 

【感想】

映画を愛し、映画に愛されてるので試写会にお呼ばれしました。いつもありがとう…。で、こちらマーベルに追いつけ追い越せの勢いで、DC映画の快進撃が来てました…ちょっと信じられないぐらい面白かったです。「ジャスティスリーグ」の規模感を10とすると、今作は95億ぐらいにスケールがどでか過ぎて…。人間、余りにもオーバースケールなものを見ると笑ってしまうんですが、見てる間ずっと笑ってました

 

f:id:chicchi0411:20181211130616g:plain

 

混血であるアーサーが海の王として覚醒していく冒険&成長物語を主軸に置きつつ、海を汚す人間たちに警鐘を鳴らす社会派な側面もほんの一瞬だけ見せ、あとはもう長回しを活かしつつあり得ないカメラワークで街を駆け抜けつつ闘う陸上バトル、「ここ地球か!?別の惑星だろ!」と思ってしまうくらいにやばすぎる海中の大戦争と、とにかく濃すぎる2時間20分!片時もダレることなく突き進む展開は今後のDC映画は安泰!と太鼓判を押せる完成度!!ジェームズ・ワン!!やってくれた!お前がナンバー・ワンや!!

 

f:id:chicchi0411:20181211130644g:plain

 

ちなみに序盤の海の底のシーンをよく見ると、一瞬だけ「死霊館」の人形アナベルが沈んでましたね…目ざといので気づいてしまいました。ジェームズ・ワン流のお遊びも楽しい!序盤から一気に引き込まれて気がついたら2時間経ってる凄まじさ、公開したらすぐに見に行きましょう!あー楽しかった!

 

【予告】

映画感想 - 最悪の選択(2018)

f:id:chicchi0411:20181211125218j:plain

最悪の選択

★★★★☆

 

【あらすじ】

マーカスとヴォーンは田舎町に滞在して森で狩りをしていたが、鹿の向こうに何故かいた子供をうっかり撃ち殺してしまう。最悪1〜。近くにいたその子の父親が悲しみにくれヴォーンの持つ銃を奪って復讐しようとするが、マーカスが父親も射殺。最悪2〜。よし、この死体埋めよう。最悪3〜。そんな感じで最悪8000ぐらいまでいく話

 

f:id:chicchi0411:20181211125438g:plain

 

【感想】

雪だるま式に最悪を膨らませてしまう胸糞もの。「そんな事したら余計大変なことになるぞ!」と思いながらもそっちに向かって突き進まざるを得ない嫌〜〜な雰囲気に全体が包まれた息の詰まるシーンの連続でした。滞在する村も閉鎖的でよそ者にやや当たりが強く、マーカスが別に起こしたトラブルから疑念を持ち始めてどんどん帰りづらくなり、さらなる最悪が積み重なっていく!そして終盤になって邦題タイトルが「これこそが真の最悪の選択ってことかいっ!」と意味が変わってのしかかる展開もお見事でした

 

f:id:chicchi0411:20181211125507g:plain

 

教訓としてはまあフレディ・マーキュリーの父親が口うるさく言っていた「善き考え、善き言動、善き行動をしなさい」いうことに限りますね…おいマーカスとヴォーン!ボヘミアン・ラプソディを1000回見ろ!!!ネタバレ感想ブログを見るとマーカスとヴォーンの関係性からイギリスの社会風刺も見えてくるらしく、確かに〜という印象でした。嫌な気分になりますがオススメです。でも何で人はこんな嫌な映画を作って、見たところで嫌な気分にしかならないのに、人は見てしまうんでしょうねぇ…

 

【予告】

 

【胸糞映画関連】

映画感想 - ギルティ(2018)

f:id:chicchi0411:20181211123931j:plain

ギルティ

★★★★★

 

【あらすじ】

現場から一線を退き、警察の緊急ダイヤルの電話番をしているアスガーの元にとある電話が入った。女性の泣くような声、車の騒音、要領を得ない回答…慎重に質問をすると、どうやら誘拐されて犯人にバレないように電話で助けを求めているらしい。アスガーは電話の「声」と「音」だけを頼りに救出することはできるのか?な話

 

f:id:chicchi0411:20181211124021j:plain

 

【感想】

ラクルパワー(試写会)にて。こちらなんですが率直に言いますと、おっ、おっ、おも、おもろ、おもろすぎる〜!!!!電話交換室のみで舞台の場面転換無し、BGM無し、登場するのはアスガーのみ、被害者・犯人や電話相手は全て声のみ!これだけでめちゃめちゃスリリングかつエモーショナルにストーリーが転がっていくなんて、こんなことありまっか??

 

f:id:chicchi0411:20181211124100j:plain

 

耳だけに全神経を集中させて電話の向こうの想像を膨らませる手法はまさに小説やラジオドラマのようでありながら、そこへ音だけを聞かせる画作り、唯一の登場人物であるアスガーの感情の浮き沈みという映画というフィールドならではの表現がとても巧くハマって、最後まで手に汗握って想像させるこの構成!どの映画にもないすごさがあったように思います。アスガー以外の登場人物の顔や場面なども見た人に委ねられるこの感覚もまさに小説のようでした!すごい!

 

f:id:chicchi0411:20181211124138j:plain

 

全画面PCの「サーチ」や同じようなコンセプトの「オン・ザ・ハイウェイ」など尖った演出の映画は様々あるものの、近年はその「尖り」が「おもしろ」に昇華できてますね。お見事すぎる映画の世界…。2月公開と少し先ですがオススメです。敬具

 

【予告】

映画感想 - 恐怖の報酬(1977)

f:id:chicchi0411:20181203110043j:plain

恐怖の報酬

★★★☆☆

 

【あらすじ】

南米奥地の油井で大火災事故が発生。消火するためにはあえて爆弾をぶつけた衝撃での鎮火しかない!ということで少しの衝撃で爆破するニトログリセリンをどっさり積んで300kmの悪路を突き進むミッションを課せられたのは、犯罪に手を染め祖国を追われて流れ着いた身の上も国籍もバラバラな4人のならず者だった…な話

 

f:id:chicchi0411:20181203110137g:plain

 

【感想】

恐縮ながらこの映画の存在は全く知らずだったんですが、公式サイトに書かれてあった「巨額予算で2年かけて制作するも同時期に公開されたスターウォーズに食われてコケた」「日本では監督に無断で30分カットされた版しか流通されなかった」「40年の時を超えて監督自ら権利関係を何とかして完全版を作った」という不遇さが気になって見てみました

 

f:id:chicchi0411:20181203110225g:plain

 

率直にいうと、余りにも凄すぎて笑っちゃいました。何だねこれは!?ジャケにも描かれているこのグッッッラグラの吊り橋をどでかトラックで渡る場面、もはや今の時代でも誰も撮ろうとは思わないでしょ!今ではすごいアクションもCG加工してるんだろうなって思ってしまいますが、これは正真正銘のマジ撮影ってことを考えるとさ…。ずっと口開いちゃったし、危ういシーンでは後ろから「あっ!」ていう観客の声も聞こえるほど、40年前とは思えないやばすぎるインパクトでした。しかもこのシーンは意外にも中盤に用意されていて、そこをクリアしても様々な関門が待ち受けてるという本物の地獄に放り込まれたような絶望感。撮影時、絶対何人か死んでると思うんだけど…

 

ただ、橋のシーン以外は激烈に退屈でかなり眠たくなるのが正直なところ。クラシカルな映画なのであんまり悪く言いたくはないんですが、こちらの橋のシーンダイジェスト版だけ見れば問題ないかと思います。マジですごいから見て…

 

映画感想 - 隣人は静かに笑う(1998)

f:id:chicchi0411:20181203105223j:plain

隣人は静かに笑う

★★★★★

 

【あらすじ】

大学で教鞭を振るうマイケルは、大怪我をした隣人の息子を偶然通りがかって助けたことでお隣さんラング家との交流が深まる。しかしコミュニケーションを進めるうち、このオリバー・ラングという男は何か怪しい…と疑念を募らせるようになる。辛抱たまらず素性を調べると、やっぱりヤバい奴や!と確信する…!な話

 

f:id:chicchi0411:20181203105312j:plain

 

【感想】

めちゃめちゃめちゃめちゃおもろい!!!20年前の作品で「ネトフリで見るべき映画!」みたいな記事の中で紹介されてて見てみましたが大当たり。「お隣さんやばくね?」という小さな種を撒き、序盤から中盤にかけてそこから芽を出す不安と疑念をじっくり実らせ、終盤で豪快スリリングに畳みかけてきつつ、とんでもない結末で終わらせる完璧な構成はちょっと後に引きそうな恐ろしさがありました。最悪すぎる〜!真偽不明だけど当時はレンタル禁止されていたらしく、その理由も分かるな…というテーマでした

 

f:id:chicchi0411:20181203105341j:plain

 

キャスティングもお見事で、お隣さん役のティム・ロビンスジョーン・キューザック無印良品のカタログでモデルになってそうな典型的な良い夫婦に見せつつ、話が進むごとにその笑顔がめちゃくちゃ恐ろしくなる!特に奥さんが後ろから何の音もなくいきなり現れるところはマジで背筋が凍りました。そんなお隣さんを疑い出すのはジェフ・ブリッジスで、今まで割と豪快なジジイの役ばっかり見てたのでこういう繊細で熱意あふれる演技は新鮮でそこもまた素晴らしかったです。奥さんが元FBI捜査官で殉職してる…というあまり見ない設定もストーリーに密接に関わっており、そこもまた良し

 

f:id:chicchi0411:20181203105358g:plain

 

しかしこの結末、もしや実際にこういうことあったのでは?と思わせるような感じで本当に怖かったな〜。ほぼ何も言ってないですが、未見の方はこのままあんまり予備知識入れずに見てみてもよいかと思います。驚くから!お〜怖!

 

【予告】

映画感想 - (r)adius ラディウス(2017)

f:id:chicchi0411:20181203104213j:plain

(r)adius ラディウス

★★★☆☆

 

【あらすじ】

車の横転で記憶を失ったリアム。助けを求めて走ってる車を止めようとしたら運転手が死んだ…。食堂に入っても、全員死んどる…何故…?どうやら事故のあと、「自分の周囲15mに近づくと即死する」という謎の設定がのっかった!何で〜!助けて〜!でも近づかないで〜!と思ったら近づいても死なない女が訪れる…な話

 

f:id:chicchi0411:20181203104301j:plain

 

【感想】

まずこの設定、100点!リアムが即死トリガーの発動理由を見つけるまでの戸惑い、反応がなかなかリアルで、序盤でガッチリ掴んでくれました。その即死の設定に加えて、記憶喪失になったリアムが偶然出会った女性とともに行動して記憶を取り戻していき真相が浮かび上がってくる展開はベタながらも割と良かったかと思います。少々オチは読めてしまいますが…

 

f:id:chicchi0411:20181203104331j:plain

 

設定や導入はかなり熱いんですが、なんとな〜く中盤が少しだるっとなってしまったような。せっかく素晴らしい設定があるんだからもっとパニックに陥って人をバッタバッタと死なせまくってもよかったかな〜とも少し思ったり。とはいえ思い付いたもん勝ちなオリジナリティあふれるアイデアは好感が持てるのでお暇なら是非。この設定がのっかった理由についてはまあ御察しの通りかなり無理があるけど、そもそもがSF(少し不思議)過ぎるので寛大な心で許してあげましょう!

 

【予告】

映画感想 - パンドラ(2015)

f:id:chicchi0411:20181203103220j:plain

パンドラ

★★★★☆

 

【あらすじ】

老朽化の進む原子力発電所が大地震によりメルトダウン!助けて〜!

 

f:id:chicchi0411:20181203103502j:plain

 

【感想】

韓国産、いかつすぎる原発パンデミックスリラー。すごすぎる…このテーマで映画を作ること自体が…。登場人物や舞台設定を最初の30分でスムーズに説明しつつ、そこから一気にパンデミックを起こして全てをぶち壊しまくる展開はも〜少しずつ小休止を入れて心を整理しながらじゃないと耐えられないほどキツく、悲しく、重かった…

 

f:id:chicchi0411:20181203103534j:plain

 

地震メルトダウンを起こしてしまうけど、その裏には老朽化激しい原発を甘い点検で再稼働させてしまうずさんな管理体制、パニックを抑えるという名目で市民はおろか大統領にすら情報を規制してしまう自分本位な政府の連中など、足を引っ張る奴が多すぎてこれこそまさに人災と言わざるを得ないムカつく状況。おい!全員で協力しろ!「オデッセイ(火星に取り残された人を全員で協力して救助する最高の映画)」を100回見ろ!と言いたくなる中で、主人公である原発作業員のジェヒョクの取る行動とは…という展開は片時も目を離せない!

 

f:id:chicchi0411:20181203103547j:plain

 

一人、また一人と被爆して苦しそうなうめき声がやまない救護キャンプの様相や、不確かな情報しか入ってこない中で市民が必死で逃げ惑うシーンはまさに地獄絵図。福島の時も報道されてないだけでこんな状況だったのか…と考えてしまうほどにリアルでえげつなさがあったな〜。え〜ん怖すぎるよ〜。でも韓国ってこういう容赦のない社会派パニック映画作らせたら天下一すぎるとこないですか?完全なるあの北朝鮮のトップが出てくる「鋼鉄の雨」ってやつもかなりヤバかったけど、こちらも負けず劣らずキリキリと胸が締め付けられる話でした。敬具。

 

【予告】

 

韓国映画関連】

映画感想 - ブリグズビー・ベア(2017)

f:id:chicchi0411:20181203102359j:plain

ブリグズビー・ベア

★★★★★

 

【あらすじ】

外の世界を知らないジェームスは毎週届く教育番組「ブリグズビーベア」を生き甲斐にしてたが、実は自分は誘拐犯夫婦に25年も監禁されてて、ブリグズビーも彼のために夫婦が制作していたものだった!警察の突入によりジェームスは保護され本物の家族の元に戻るが、ブリグズビーしか知らないので世間とズレまくる…な話

 

f:id:chicchi0411:20181203102444g:plain

 

【感想】

遅ればせながら見たんですけど、これ良すぎません!?これほどまでに優しさに満ち溢れ、全ての人がジェームスのために何が出来るか、何が幸せかを考えてくれて、戸惑いも葛藤も全て受け入れてやりたいことを尊重してくれる世の中、優しすぎる!!家族も、妹の友達も、刑事さんも、犯人さえも、全員善人!逆アウトレイジかいっ!!清々しすぎる〜!この全員善人は「ラースとその彼女」や「オデッセイ」にも通ずるものがあって、やはり足を引っ張る奴が存在しないのもまた良いよね…

 

f:id:chicchi0411:20181203102537g:plain

 

ジェームスが世界の構造を知ったときにもっと戸惑って精神が崩壊するかと思ったのに余りにもサラッと受け入れて適合する(コミュ力もめちゃめちゃ高い)のはさすがに都合良すぎる…と思ったけど、いや、それこそブリグズビーベアで「新しい環境に飛び込んで行く時の心構え」も教えてくれたからだ!と勝手に確信してます。ジェームスだけのものだったブリグズビーベアがネットにUPしたことで次第に世界中の人に愛されるようになるのも納得ですね。そう考えると制作者で誘拐犯のテッドはとんでもない天才クリエイターだな…あまりその辺の理由は深掘りされてなかったけど、マーク・ハミルが演じてたのでフォースの加護ということにしておきましょう

 

f:id:chicchi0411:20181203102600g:plain

 

どこまでも純粋なジェームスのファッションセンス、80's的な装いで実に味わいがあって真似したくなった。幸いもじゃもじゃな髪質なので、ある程度似合うと思います

 

【予告】

映画感想 - イット・カムズ・アット・ナイト(2017)

f:id:chicchi0411:20181203101816j:plain

イット・カムズ・アット・ナイト

★★★★☆

 

【あらすじ】

夜中に来訪する「それ」に感染して家族を失わないように山奥の一軒家で明かりを消し、ガチガチに施錠し、ガスマスクをつけ、銃を装備して暮らすポール一家のもとに、ウィル一家が助けを求めにやってきた。ポールは受け入れ共同生活を始めるが、鍵をかけた赤い扉が開けられていたことから疑心暗鬼におちいってしまう…な話

 

f:id:chicchi0411:20181203101908g:plain

 

【感想】

家族を守るために終末世界で生きるポールとその息子のトラヴィスの視点のみで展開するスリラー。これはかなり好き嫌いが別れるだろうな〜という感じ。何故なら夜にやってくるであろう感染源となる何かはマジで出てこない、世界がこうなった経緯も、感染方法、具体的な状況が何一つ説明されないから…。この「説明のされなさ」が大胆なのに反比例して緊迫感が92分保たれて、トラウマを与えかねない結末に持ってこれたのはすごいと思う

 

f:id:chicchi0411:20181203101958g:plain

 

そういう説明を全て排除した上で観客が見るのは、死と隣り合わせの極限状態で疑心暗鬼の渦に巻き込まれた人間達の行動、疑念、絶望。これだったら世界観の説明無くても成立できますね。ただ相当な手腕が必要とされますが、緊張感を途切れさせずに描ききってくれたのはかなりお見事だな〜と思いました。主演のジョエル・エドガートンを始め、かなり信頼できる人々の疑念マックスの演技も見ものです。夜にやってくる「それ」は怪物とかではなく、負の感情…(違ったらごめんなさい)

 

f:id:chicchi0411:20181203102029g:plain

 

そんな感じでモンスターのモの字も出てこないのと予告やポスターでかなり煽ってるのでそういうのを期待してると「ジャケ詐欺!」って思う人もいるかもだけど、↑みたいな割と尖った設定であるということを事前に知っておけばかなり楽しめると思います!製作会社のA24は「エクス・マキナ」、先日の「ア・ゴースト・ストーリー」、そして「ヘレディタリー継承」と、最近かなりグイグイ来てますね

 

【予告】