読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

にっき063 - 歯医者日記

日記
歯が痛いというわけでもないのですが、奥歯がちょっと黒ずんでいます。ですが「痛くないから虫歯じゃない」ことと、「あるがままに事象を受け入れよ」「自然のままに」というわたしの人生の基本理念を照らし合わせて、完全ほったらかしにしていました。しかし突如現れた恐ろしい「奥歯チェック部族」による執拗なチェックと、槍を突きたてながらの「歯医者に行け」という脅迫により、渋々歯医者に向かうことになりました。よくよく考えてみると歯医者など親知らずを抜いた3年前以来行っていません。とりあえず必要以上に「まあ特に痛いってわけじゃないんですけどね(笑)まあ特に痛いってわけじゃないんですけどね(笑)」と電話予約の際にアピールしつつ歯医者へ向かいます。

最近出来たであろうその歯医者は外観も内装もキレイで、とても何十人も惨殺されているとは思えませんでした。隠蔽がうまい。そして一番奥の隔離病棟へ連れて行かれて、いざ診察。奥歯を見るために、医者が口に指を引っかけて外側に広げるんですが、この時わたしのくちびるの横っちょは思いっきり裂けておりまして、必然的に医者が奥歯を見れば見るほど裂け目が広がりました。痛い痛い。いや、歯じゃないですよ!歯は全然痛くないんですけどね(笑)!裂け目がね!裂け目が痛いんですよ!歯じゃないですよ!こう言った押し問答を繰り返しているうちに(脳内で)、歯のチェックは終了。

その結果「黒いのは虫歯じゃないので特に気にしなくていいですよ」とのこと。ほらな!虫歯じゃないんだって!知ってる知ってる(笑)。「ただ上奥の歯の側面は両方とも虫歯ですね」知ってる知ってrえー!知らない!知らないよ!「あと全体的に歯周病になってるので、それ治してから虫歯治しましょうね」なんだってー!びっくりして奥歯が抜けました(グッドラッキー!)。その後27歳にして懇切丁寧に歯の磨き方を教えてもらって、本日は退散。まさか虫歯になっていたとは誰が想像したでしょう。そんなデウス・エクス・マキナがあったところで歯医者帰りに板チョコを2枚買ってボリボリと食いました。歯の磨き方は教わったから大丈夫。