読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にっきにっき

映画の感想ばかり書いているスーパーミラクルブログです。あなたのスターをお待ちしております

映画感想 - プリデスティネーション(2014)

f:id:chicchi0411:20141224104939j:plain

プリデスティネーション

★★★★★

 

【あらすじ】

1970年、とあるバーで青年がバーテンダーに自分の数奇な人生を語りだすところから物語は始まる。

・かつて自分が男まさりな女であったこと

・偶然出会った男と恋に落ち、子どもを宿すがその男は消えてしまったこと

・女の子を産んだが、実はもともと両性具有で、出産時に自分の生命に危険がおよび、延命のために強制的に男に性転換させられたこと

・さらにその子どもまで何者かに誘拐されて、もうふんだり蹴ったり

・・・というすごい人生を聞いたバーテンダーは涼しい顔で

「俺は未来から来たタイムトラベラーだからお前のことは全部知ってる。そして今から過去にタイムスリップして、お前に自分の人生を狂わせた張本人に復讐のチャンスをやろう。あとついでに俺の仕事の後継者になって」

とさらにとんでもないことを言い出して、青年は運命の荒波に飲まれていく・・・

 

https://38.media.tumblr.com/d7086bde3ed75ae45e6f092374cefafa/tumblr_ngwef5WnR11s05hv8o2_500.gif

 

【感想】

SF作家ハインラインが1982年に発表したタイムパラドックス短編「輪廻の蛇」を映画化したやつなんだけど、この原作知らずに見て、めっちゃくちゃ衝撃受けました。何じゃこれ~~~~~!!ヤバすぎ~~!!!!青年の語りで映画のほぼ半分使っちゃうんだけど、全部のシーン、全ての発言が伏線になってる~~~~~!!!!!一つのシーンも見逃さずに見て~~!!でもネタバレすると全てが終わるので、何にも言えね~~~!!!言いてえ~~~~~!!!!!そして「輪廻の蛇」で検索かけたら一瞬で全部の結末出てくるけど、まだ知らない人は絶対調べずに見て~~~~!!!!!

 

https://33.media.tumblr.com/d490728096cdaad1dcf5383dff0641e5/tumblr_ngwef5WnR11s05hv8o6_500.gif

タイムマシンは持ち運びができる小さいやつだけど、立て続けに時空を飛び越えるとめちゃくちゃ体力削られたり認知症になったりする 

 

公式サイトで「想像を絶するラスト」「究極のタイムパラドックス小説の映画化」って書いてて、またまた~って思ったけどこれ見てビックリしない奴いたら教えて欲しいぐらい驚いたので是非予備知識無しでご覧ください。マジのヤバさがあるので。いやでもこれほど「ネタバレ=死」な映画も無いから、ほんとに何も言えないわ。予告篇とか公式サイトのストーリー見てもいまいち面白さが伝わらないのは、この「何も言えなさ」に縛られているからなんだよな~。ちょっともったいないけど、でも言わないよりマシだから・・・。

 

タイムトラベルものといえば、説明不要の超金字塔「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、過去に戻って何度もやり直すたびに失敗してしまうストーリーラインと結末の切なさが最高だった「バタフライ・エフェクト」、緻密過ぎる脚本とばらまいた伏線の超絶回収力が最高の「タイム・クライムス」、日本が誇る最高傑作「サマータイムマシン・ブルース」があるけども、これも原作あるとはいえ「輪廻」という意味でまた違った意味でのタイムトラベルを味わうことができるし、「タイムトラベル映画といえば」という話題でこれが思い浮かぶぐらいすごい完成度なんじゃないかな~と思いました。俺だけかなこれ。だったらすいません。でもすごいビックリしたんだよ!

 

https://38.media.tumblr.com/5fb7ada02acae7b98872527f2984ffb4/tumblr_ngwef5WnR11s05hv8o7_500.gif 

 

日本での公開は2月28日だそ~です。あああ、この青年の人生を考えれば考えるほど気持ち悪くなってくる・・・。

 

【予告】